NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ&募集!
Sawing project..
at 2017-10-21 22:19
LOOB現地スタッフとして活..
at 2017-09-25 14:37
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゴミスイッチ ~わたしと世界をつないだひとつのバッグの物語~
フェアトレードのパートナーであるハロハロプロダクツさん。
代表の土居さんは、もともと2008年にワークキャンプに参加された方です。
このとき、ジュースパック製品の存在を知った彼女は、この製品に一目ぼれ016.gif
帰国して団体を立ち上げ、今では、LOOBからだけでなく、
フィリピン全国の4団体のジュースパック製品を扱うに至りました。

そして、フェアトレード普及や世界に目を向けるイベントも精力的にやってらっしゃいます。
今回、フィリピンのジュースパック雑貨をテーマに
現代朗読劇「ゴミスイッチ!ーわたしと世界をつないだ一つのバッグの物語ー」を製作されました。

ハロハロプロダクツとしてこの3年間、フィリピン4島の貧困地域の人々ともに雑貨製作支援をしてきて見えて来たことの報告や課題を提示してくれます。

もちろん、LOOB/ULCAが作ったバッグ達も登場するそうです!
皆さん、ぜひぜひ、行ってみてくださいね~~。

**************転送転載歓迎***********
ゴミスイッチ
~わたしと世界をつないだひとつのバッグの物語~

ゴミ=宝物 ・・・なんで?!
「ぼく、ゴミから生まれたんだ。きみが世界に目を向けてくれるように。」
今、日本中のみなさんに届けたいあなたと世界のつながりが見える、
こころがほんわかあったまる人と人、人と物がつむぐ世界の物語。

【特別アフタートーク】
物語に出てきたフィリピンってどんな国?!
クイズを交えながら、出演者と来場者で考える楽しくてタメになるトークショー。

【出演】河原田巧也…ミュージカル「テニスの王子様」で活躍。
          日本人の父と、フィリピンとスペインのハーフの母を持つ。 
    冨手麻妙 安里勇哉 渡辺龍太郎 鈴木貴子

【日時】2011年12月17日(土)
 13:00 / 16:00 / 19:00 
 ※開場は開演の30分前。
 
【会場】ザ☆キッチンNAKANO TEL:03-5385-8138
   東京都中野区弥生町5-20-1弥生町ユニオンビル6F
 (アクセス)東京メトロ丸ノ内線(方南町行)「中野富士見町」より徒歩約5分。
  改札を出て、右に真っ直ぐ。「寿橋信号」を右折し、中野通りを真っ直ぐ。
  京王バス渋63・宿45「中野駅」「小田急線代々木八幡駅」「幡ヶ谷駅」
  京王バス中71・宿33「永福町駅」→いずれも『富士高校』下車、徒歩1分。

【チケット】予約一般2,500円 当日2,800円
     ※学生2,000円 中学生以下無料

【申込】こちらからカンタン予約!
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/79943b3f174662
  ※予約受付中!すべて当日精算。 ※全席自由。

【WEB】http://bit.ly/s0FJGv

【お問合せ/主催】
NPOハロハロプロダクツ  www.halohaloproducts.com
東京都中野区中央2-2-23 202
TEL/FAX:03-6312-7043 
MAIL:info@halohaloproducts.com
(お急ぎの場合)090-6922-4032

【主催者よりメッセージ】
こどもでもわかるフェアトレードの物語が作りたい。
世界にも日本にも広がる貧しさが私達の生活と隣り合っていることは明白です。
NPOハロハロプロダクツとして約3年間フィリピンのゴミ捨場で生活する人々と
共に生きるための雑貨作りに取組んで見えて来た事、それは末端の生産現場に関わる人々の
労働環境や人権問題が無視され続けている現状です。
日本の消費は世界の生産現場に支えらているにも関わらず「価格」や「見た目」を判断基準に
そこに関わる「人」や「環境」の問題を考える想像力を剥奪された状態にあり、
国内の労働・人権問題も格差社会の広がりとしてすぐ隣にまで迫っています。
この物語の上演と出演者と来場者がともに考えるトークショーによって、
フィリピンの文化や歴史について理解を深めるとともに、日本の消費と世界の貧しさのつながり
を今、こどもからお年寄りまでみなさんに知っていただきたいと思っています。
また、NPOハロハロプロダクツの貧困地域との取組みの現状や情報を発表し、
同じ地球に生きる市民として目指す社会のあり方を来場者とともに考え、
当団体の次の活動への指針ともしたいと思います。

********転送転載ここまで*************

写真は、最近LOOBで一番人気の、コーヒー柄、コーヒーメイト柄です。
d0146933_14512076.jpg

[PR]

by loobinc | 2011-11-24 14:58 | フェアトレード&ライブリフッド
<< ☆バランスよく食べましょう☆ 現地ボランティアスタッフ募集中! >>