NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
先住民族に裁縫の技術を伝授し..
at 2017-10-21 22:19
LOOB現地スタッフとして活..
at 2017-09-25 14:37
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
SCN ギマラス島ワークキャンプ
こんばんは、ボラスタのたるやんです(´∀`*)

学生サークルSCN(Save Children Network)のワークキャンプが、8月25日から9月5日までの12日間行われました。

 初日にマニラ空港へロイさんとお迎えへ行きました。同じ便の搭乗者が出てきているのにも関わらず、待っても待ってもSCNメンバーが出てこない・・・と思ったらビデオに映る日本人の団体を発見。本来ならば中に入ることはできないのですが、二人の警官に挟まれて空港の出口まで迎えに行かせてもらうことができました。ロイさんと一安心(´ε`;)
 夕ご飯のシニガンは食べ慣れたあたしでもとても酸っぱく感じ、SCNのみんなはほとんど食べれませんでした・・・いきなりフィリピン料理に不安を抱かせてしまったみたいです(・・;)




 2日目はイロイロへと向かい、他のスタッフと合流。ダンプサイトの中を歩いたあと、ウェストピッカーとして働いている方のお家を訪ねました。今までサークルで途上国について学んできて、聞きたいことはたくさんあるはずなのに、いざ目の前にするとなかなか言葉がでてこず、一生懸命考えながら話を聞いているキャンパーの様子が印象的でした。
そのあとのシェアの時間では、貧困ってなんだろう、自分達には何ができるのだろう、とたくさんの感想が出ました。ネットや映像ではないリアルを目にすることでしか分からないものを感じ、同時に新しい何かモヤモヤとするものがそれぞれの心の中に生まれたのだろうなと思いました。



 次の日から1日半、UPで英語研修を受けました。主にチームビルディングをテーマにして行われ、和やかな雰囲気で行われました。
 
 

 4日目の昼食からフィリピン人キャンパーと合流です☆
今回は半分以上のフィリピン人キャンパーが初参加ということもあり、日本人キャンパーが来るまで、そわそわしながら待っていました(^_^)
 
d0146933_21151068.jpg




午後は自己紹介のあと、Amazing race!! 
グループごとにヒントを手がかりにイロイロ市の観光名所を周りました。今回フィリピン人キャンパーはガイド役となり、ジプニーの乗り方を始め、名所の案内をしてもらいました♪ 各チェックポイントでは、お互いのことを知りチームの仲を深めるゲームと、お互いの文化を紹介し合う活動を行い、短い時間の間にキャンパー同士の距離が一気に近くなりました(o^^o)♪

d0146933_2117515.jpg



5日目はいよいよギマラス島へ!
 村を一周したあと、午後はさっそくワークに取り掛かりました。今回のワークは、3月のギマラス島ワークキャンプで作った桟橋をさらに長くしていきます。

d0146933_21191032.jpg



慣れない作業でしたが、テクニカルスタッフのタタイやフィリピン人キャンパーと一緒に作業を進め、毎日少しずつ桟橋が伸びていきました!





次の日も1日ワークを行い、7日目は朝から地元の高校でSchool Activity★
グループごとに教室へ分かれ、日本の文化紹介を行いました。Ice Breakerとして用意した福笑いは子供たちに大ウケで、各教室から笑い声が聞こえてきました。

d0146933_21211191.jpg



ステージに移動してからのそれぞれのプレゼンテーションではチェリーとベストフレンドを歌い、高校から女の子達がSexyなダンスを披露してくれました(^^
ロイさんの軽快なMCに乗せられて、キャンパーがアンコールでもう一度やることになりました。チェリーの歌にダンスも加え子どもたちをどんどんステージに乗せていくSCNキャンパーのパフォーマンスに、ステージから逃げる子ども達の悲鳴(?)と笑い声で賑やかでした♪ このあとも子ども達との交流を楽しみ、満足そうにベースへと帰りました。
 




 この日の夜9時頃、ゆらゆらするなぁと思ったら地震で、1分くらいゆっくりとした横揺れが続きました。立っていたら気づかないくらいだったのであんなに大きな地震だったとは思いませんでした。次の日に日本から安否の確認をする電話が相次ぎ、日本人キャンパー・スタッフがそれぞれ日本の家族へ無事を伝える電話を入れました。
 
マングローブ植林を行う予定でしたが、地震直後に海辺で活動することは避けようといことで、マングローブについてのオリエンテーションだけ行いました。キャンパーはとても残念そうでしたが、どうしても体験したい人、またフィリピンに来てください!!




後半へつづく・・・
[PR]

by loobinc | 2012-09-11 21:26 | ワークキャンプ&ツアー
<< SCNギマラス島ワークキャンプ... ALPHAキャンプ!イベント編 >>