NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
キッズキャンプ2017 ~世界の人々のためのJICA基金2017年度採択事業~


5月の14~16日に森のキッズキャンプを行いました。

このキャンプはイロイロ市の貧困地域の子ども達を招待して毎年実施している野外活動です。
もともと、都市部のゴミ投棄場の近くに住んでいる子ども達にフィリピンが誇る大自然を体験してほしいという想いから2008年に始まり、今回でなんと13回目を迎えます146.png

d0146933_17032960.jpg
今回はカラフナン村からジュニアリーダー10名と、同じくカラフナン村、そしてナバイス村ラニット村の3地域から30名の子ども達、計40名が参加しました。

*ジュニアリーダーとはカラフナンという地域で教育支援を受けている高校生(13~18歳)で、コミュニティを牽引していくリーダーの子ども達

*ラニット村は、イロイロ市の先住民の再定住区がある地域。このキッズキャンプは、成人への生計支援と子どもへの教育支援という二本立てのプログラムの一環として世界の人々のためのJICA基金で支援されています。


今回の開催地は去年と同じ、レオン町のBucariという山の上にあるキャンプ場でした178.png
子ども達にとって、こんなに標高の高いところに行くことは滅多にありません。

フィリピンでは珍しい松の木が生えており、常夏らしからぬとても涼しく過ごしやすい気候の中で行われました


1日目
LOOBのシェアハウスでリーダー研修としてジュニアリーダーだけ集まり、幾つかのチームビルディングのアクティビティやテントの組み立て方、彼ら自身のリーダーシップスタイルを見つけるアクティビティなどを行いました。


d0146933_16592069.jpg

このキャンプでは、指示やお知らせを出すのはジュニアリーダー達166.png彼らは既にLOOBの活動に何年も参加している子ども達なので、受け身ではなく自身が主体的になり、年下の子ども達を引っ張っていく段階に入っているからです。
その立場を理解したのか、彼らから出る意見や考えが段々良い方向に変わったり、指示を出す練習をしていたり、いつも以上に真剣にメモを取っていたりと自分で誇れるリーダーになれるように努力している姿が見えました174.png
d0146933_16531572.jpg
最初はリーダーシップを持ってキャンプに臨む意識もないところからのスタートでしたが、チームビルディングやジュニアリーダー間の対話を通して、自分たちがリーダーなんだという自覚も持てるようになっていきました。

2日目
朝早くから続々とリーダー以外の小さい子ども達もシェアハウスに集まり、いよいよキッズキャンプのスタート!一同、ジプニーに乗ってBucariに向け出発しました。

d0146933_17144066.jpg


Bucariに到着してから早速、チームに分かれテントの組み立てを行いました。

d0146933_17175429.jpg
もちろん、グループ内のアクティビティの指示はジュニアリーダーから出され、小さい子ども達はそれに従い、動いていました。
前に立つときのジュニアリーダー達が頼もしく見えました106.png
d0146933_17245338.jpg

その後、それぞれのチームに同じ食材が提供され、子ども達は何を作るか相談し、自ら役割分担をして料理を作っていました。
彼らはガスなどは使わず、石を拾って組み立てコンロを作り、落ち葉に火をつけその上で料理をします!!

子ども達の”生きる力”を見せられ、私たち日本人が教わることがたくさんありました。

d0146933_17324953.jpg
d0146933_17315356.jpg

無事、料理も完成し
みんなでいただきます!

d0146933_18002276.jpg

お互いに作った料理をシェアしている様子も見えて、とても良い雰囲気でした111.png

その良い雰囲気のまま山へのハイキングをしました。それほど頂上まで登り終えるまでに時間がかかる山ではなかったのですが、結構急な山だったので音を上げそうになる子ども達も。。。

でもお互いに声を掛け合い、助け合いながら登っていました。

d0146933_17450096.jpg

頂上についてからは目の前に広がる景色はまさに絶景!

疲れもとんでいき、みんなでジャンプショットを撮ってみたり、座って話していたり。。

コミュニティを超えた繋がりがLOOBを通して出来ていることが実感できました110.png110.png

d0146933_17432381.jpg

帰ってからは少し休んでから、夕食を作り始めたのですが....
そこで、突然の大雨に!!145.png145.png
その大雨の中でも傘をさしながら、鍋を守り料理をしていました150.png
スタッフも一緒に傘をさしながら料理をしました。その時の夕食はとて美味しく温かく感じました113.png

大雨のため、その後に予定していたキャンプファイヤーは残念ながら中止になってしまいましたが、みんなで協力した夕食作りは、ある意味思い出に残る場面となりました。


3日目
最終日は、朝早くからまた協力して朝食を作りました。
朝食後は、このキャンプのハイライトでもある、山の麓にある滝までのトレッキングです。

前日よりも長い、約2時間ほどの山道を歩きました。

d0146933_18085252.jpg


とても暑い中のハイキングでしたが、最後まで諦めずよく歩いたなと感心しました172.png

d0146933_17503424.jpg
その後はハイキングの末に着いた川でワーワー、キャッキャッいいながら大自然を体全体で楽しみました103.png


d0146933_17535039.jpg
今回のキッズキャンプではジュニアリーダーはもちろん、その他の子ども達、私たちスタッフも
それぞれの強みを最大限生かしたキャンプになりました。
特にジュニアリーダーはチームを引っ張っていこうと尽力している姿や、
恥ずかしがりながらもしっかりと年下の子達をリードしていく姿がありました106.png

今回のキッズキャンプは彼ら自身1人1人が
変化しようと努力していました。
別の地域の子ども達と寝食を共にすることで
自分の殻を打ち破り、新しい自分にも出会えたと思います。
このキャンプでの経験が彼らのこれからの自信に繋がっていくとと信じています!



169.png このような子ども達の教育支援活動をフィリピン現地で体験やってみたい!169.png
という方は、ぜひ現地インターン&ボランティアスタッフに挑戦してみませんか?
 ↓ ↓ ↓ ↓
現地インターン&ボランティアスタッフ募集中!



[PR]

by loobinc | 2017-06-15 17:56 | 教育サポート
<< TAICHI 1/5 「LOO... ASAKO 5/5 「LOOB... >>