NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
先住民族に裁縫の技術を伝授し..
at 2017-10-21 22:19
LOOB現地スタッフとして活..
at 2017-09-25 14:37
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
英語研修&ソーシャルアクション 中高生の声 ①
こんにちは。現在、12歳から26歳までの8名が英語研修&ソーシャルアクションに参加してます!
9泊10日のプログラム、ちょうど今日が5泊目の中間地点
ということで12~18歳の4名の中高生ジュニアメンバーに感想をききました!
普通の会話ではなくインタビュー形式にすることで、4人もしっかりとした言葉で回答してくれました。

【 質問内容 】

①渡航前のフィリピンはどのようなイメージでしたか?
②ESAPに期待してたことはなんですか?
③実際フィリピン人と触れ合った感想はどうですか?
④びっくり体験を教えて下さい。
⑤楽しかった体験を教えて下さい。
⑥困った体験を教えて下さい。
⑦毎日心掛けていることを教えて下さい。
⑧最終日のプレゼンのテーマは何にする予定ですか?

まずは最年少、たけ君(12歳)

①暑そう、治安があまり良くなさそう
②英語の勉強とホームステイができる
③クリスチャン8割で親切で優しい人が多く、店員さんとかも対応が良い
④お湯シャワーがない(汗)
⑤先生とはマンツーマンだから焦らず話せる。会話が通じる感覚があって授業が楽しい!
⑥でも会話が通じないときは困る
⑦自分から笑いかけるだけでもコミュニケーションを取ろうと心がけてます
⑧まだ考え中です

次は兄弟で参加、がく君(15歳)

①発展途上、若者が多い、人がサツバツとしてそう
②英語の勉強が自分のためになりそう
③親切で笑顔が絶えない
④飲食店にでさえ、虫が出る!日本ではありえない
⑤学童や小学校で英語を介さず子ども達と意思疎通ができたこと
⑥昨日初ホームステイで蚊帳に蚊が入ってきた!
⑦出された宿題以上のことをすることを心がけてます
⑧日本とフィリピンの学校の違い


d0146933_16043973.jpg

次は元気女子、ともちゃん(16歳)


①貧困問題がある
②ボランティアが楽しみ
③親切で笑顔が絶えない。言葉を交わさずとも微笑んでくれたり、とても気さく
④子どもの多さ、家で犬や鶏を飼っている、井戸水を自分で汲んで多目的に使っているところ!
⑤昨日ホームステイのシスターらと女子会(恋話)をしたこと
⑥トイレの流し方
⑦聞かれたことには全力で答えることを心がけてます
⑧フィリピン料理について

最後は、兄のしん君(17歳)

①自然が多く未開地的な雰囲気
②英語だけじゃなく、現地の人との交流が多そう
③人のエネルギーがあふれている。都会、田舎、仕事をしている人、学校に行っている人、多様な人々の生き方を感じている
④屋内が寒い!エアコン設定温度が16度
⑤生活面は不便でも人間が手をかけなければいけないことが多く、面白い
⑥日本にあってフィリピンにない環境(水回り、ネットなど)
⑦毎日、体調管理には気を付けてます
⑧フィリピンの家族について

d0146933_16035193.jpg

Day1 (土) 夜イロイロに到着

Day2(日) 午前:オリエンテーション 午後:ショッピング

Day3(月) 午前:英語の勉強 午後:ごみ山訪問、学童
  学童ではフィリピンの遊び(Pinaka)をしたり、だるまさんがころんだをしたり大大盛り上がり!!

Day4(火) 午前:英語の勉強 午後:小学校訪問、ホームステイ開始
  小学校では2つの教室に入って、英語で折り紙を紹介しました

Day5(水) 午前:英語の勉強 午後:ホームステイで自由時間
  午後はゆっくりホームステイ先でくつろぎの時間

初日は緊張しまくりで言葉少なかった4人ですが、昨日からホームステイが始まり、日本にはない井戸や蚊帳を使った生活に挑戦中です。
ESAPでは、現地のお兄さん、お姉さんであるボランティアが一緒にホームステイや通学に付き添ってくれます。
なので、彼らと一緒にフィリピンの生活を体験する中で、必然的に言葉を習得していってるようです。

オリエンテーションの中でも協調しましたが、若いうちは特に、英語という言葉にとらわれず、文化や言語を超えて、人間同士の優しさや驚きや、いろんなものを共有して、国境を越えた絆を感じてほしいと思ってます!

私たちスタッフも最後まで体調管理して、参加者のケアを尽くします。

英語研修&ソーシャルアクションの募集ページはこちら

以上、ESAPの中間報告でした!
[PR]

by loobinc | 2017-08-23 19:08 | 英語研修&週末ボランティア
<< LOOB現地スタッフとして活動... SCN ワークキャンプ >>