NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
LOOB現地スタッフとして活..
at 2017-09-25 14:37
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:医療サポート( 11 )

アンヘリト君のタタイ、義足を作る
2009年に世界的な義肢メーカーである中村ブレイス様の協力で、アンヘリト君のために竹の義足を製作していただいてからちょうど2年がたちました。今年1月に2本目の義足が完成しましたので、以下、ご報告します。

アンヘリト君は、2011年暮れから足が成長し、義足がきつくなったので、以前のように膝で歩いて学校に通ってました。(LOOBの給食を食べている彼から、12月半ばに痛いと報告があったのですが、LOOBスタッフが多忙ですぐ対応できてませんでした)

そこで、クリスマス&年末年始の学校の休暇に合わせて、2本目の義足を制作することになりました。
今回、竹から義足を制作するのは彼のタタイ(お父さん)です!

技師さんに足の型をとってもっらった後、タタイが修道会が運営する竹工房で竹を選び、製作に入りました。そして2週間ほどで完成し、タタイとスタッフのロイさんがアンヘリトの自宅で最終調整。
アイデアを出して、あれこれ言いながら、仕上げていきました。
d0146933_16331593.jpg


はい、左が完成した新しい義足です!前回と比べるとかなり大きくなってます。重そう?
「すぐ慣れるよ」とアンヘリトやタタイは言ってました。
d0146933_163415.jpg

4年前と比べると背も高くなったでしょ? タタイも自分の技量で息子が歩けて感無量☆
d0146933_16474076.jpg


その数日後、JICAの福祉関連プロジェクトのフィリピン人スタッフの方から連絡がありました。
JICAでは、イロイロ州内で自治体のバリアフリー普及を進めるプロジェクトを実施中とのこと。
その担当者ユニスさんが、LOOBの竹の義足の情報を聞きつけ、他地域でも実践できるかも知れない、ということで基礎調査にきてくれました。
このように広がっていくのは嬉しいですね。
LOOBとしても、JICAや青年海外協力隊の方々とネットワークを作り、義足が使える子どもを発掘できればと思っています。

インタビューに答えるアンヘリート君。
d0146933_16401093.jpg


LOOB「アンヘリート夢の義足基金」:
技術さえあればフィリピンのどこの地域でも実現可能です。
http://www.loobinc.com/med01.html
[PR]

by loobinc | 2012-04-20 16:10 | 医療サポート
アンヘリト君、NHKに出演!
12月12日に、LOOBのサポートを受けているアンヘリト君が出演したNHKの「地球ミッション」が放映されました!
皆さんは、ご覧になりましたか?

実は現地ではNHK-BSが入らないので、LOOB関係者の誰一人として、まだ放送内容を見てないんです。
番組ディレクターにお願いして、DVDを送ってもらっているところです!
届いたら、アンヘリト一家を招いて上映会をしようと思っています。

LOOBメンバーも楽しみにしてくれたようで、何人かから、「見たよ~」とメールがありました030.gif
番組を見た私の母からは、「友達に笑われても良いから一人で歩きたいと言ってたのと、最後浜辺を歩く姿がとっても良かった。前の義足より、竹のほうが軽いためか、とても軽やかに歩いていて感動しました。前のは1年くらいしか使えなかったけど、あの過程があって今回に繋がったとわけだから、無駄ではなかったですね」とメールがありました。

思い返せば、アンヘリト君に義足に贈ろうという話になったのは2008年暮れ。
ちょうど、私の母がフィリピンに遊びに来てLOOBの活動に参加し、少しでもアンヘリトの行動範囲が広くなれば、ということで義足を探すことになり、日本の12人の有志の方からの募金で義足を贈りました。

その後、1年ちょっとで膝部分がきつくなり使えなくなったのですが。
2009年秋くらいに、今度はLOOBメンバーで鳥取大の医学生が中村ブレイスさんに連絡してくれ、ちょうど竹の義足の構想を練っていた中村ブレイスの社長さんがアンヘリト君に会いに来ることになり、その様子を取材したいとの連絡が5月頃にLOOBに入りました。

私たちLOOBスタッフは正直驚き、戸惑いました。
アンヘリト君はしっかりした子ですが、静かでシャイな性格だったからです。
それにメディアの取材を入れる場合は、対象者のプライバシーが搾取されて終わりということもあるので、現地の私たちも心を配って対処しないといけないと思いました。

実際、撮影が始まると、中村社長や取材陣の人柄の良さもあってか、カメラを向けられていくうちに、アンヘリトの表情はどんどん輝いてきました。
態度も堂々として、しっかりとした口調で自分の考えを言葉にするようになりました。
私たちの心配はどうやら無用だったようです。
大人からの注目を集めることで、アンヘリトは、カメラの前で良い意味での自信をつけていきました。
そして、結果としてまた義足が使えるようになり、さらに成長しても竹でリニューアル可能!
アンヘリト本人はもちろん、両親や兄弟もとても感謝してくれました。

「義足作りに革命が起きた」

フィリピン・イロイロ市の障害者協会でも義足を作っていますが、輸入されたパーツを使うのが主流で、これだと両足で40,000~50,000円もします。
低所得者の家庭ではなかなか手が出ないのです。
しかし、義足の技術で世界の先端を走ってきた中村社長は、敢えて、視点を変えてみました。
「現地にある素材と昔からある技術で、義足を作れるのでは?」

多くの途上国では、(風土や考え方といった文化的なものは別にして)国の政策や法律、企業活動の動向から、ファッションや生活雑貨にいたるまで、たくさんのことが先進国から流れてきて、先進国が辿ってきたそれらの経緯を途上国は疑うことなく追随していく風潮がありますが、この番組で取り上げられた中村社長のアイデアは、そういった流れに一石を投じるものではなかったでしょうか。
まさに灯台下暗しとはこのことですね。


最後に、アンヘリト君の最近の様子。。。
この番組で、竹の義足ができてから、アンヘリトは毎日これを使って学校に行っています。
そして、LOOBが行っている給食を、毎日食べに来ます。
仲良しのお友達がたくさんいて、学校生活をエンジョイしているようです。
写真は今年最後の給食の様子。
ボランティアのカヨちゃんに「僕んちのクリスマス会にぜひ来てよ」と口説いていました!
d0146933_18465110.jpg

[PR]

by loobinc | 2010-12-15 17:27 | 医療サポート
NHK BS「地球ミッション」撮影
どうも。 スタッフの敬太です。

つい昨日、1週間にも及ぶ、NHK BS 「地球ミッション」の撮影が終了しました!

そもそもなぜ、NHKの撮影があったかというと、

ロオブが以前から支援している、アンヘリト君と、

以前ロオブのキャンプに参加してくれたキャンパーの方と、

島根県、石見銀山の近くにある義肢装具とメディカルアートの開発、販売をする世界的に有名な

「中村ブレイス株式会社」さんとの、

3者のご縁があり、その関係でNHKさんが番組に取り上げるそうです。

放送は12月の予定。また詳しく日程が決まったらお知らせします!


写真は、レストランでの記念写真!
左から、撮影コーディネーターの渡辺さん、のりかさん、幸恵さん、中村社長、僕です。
f0210568_13314479.jpg


こちらは、撮影の様子!
f0210568_14111084.jpg

[PR]

by loobinc | 2010-07-08 16:26 | 医療サポート
アンヘリト→ジュースパック→パーティー前
今日は朝からアンヘリト君と再度病院へ
二度目の調節を終えた義足を受け取りに行って来ました!

前回に義足が少しきつく痛みを訴えていましたが、
今回は少し歩く練習をしても痛くない!って本人が言ってました。

その後にリハビリの話をして、計6セッション(1セッション一時間程度)のリハビリを行うという話になりました。
もう少し話を詰めて、おそらく来週には第一回目のリハビリが行われるかと思います。

今日もアンヘリトはにこやかで元気そうでしたっ♪

そして午後はジュースパック回収をするために
ティグバアン高校(マンモス校)とナムコン小学校(ちっちゃめ)へ…

どちらも朝一キャンペーンを行った場所で、僕の名前まで覚えてくれてました♪
たった一回行っただけなのに。きっと僕のあの最高に決まったあいさつのおかげでしょう。笑

高校ではクリスマスパーティーが行われていて、
音楽ガンガンかかってたり、教室でなんかしてたり楽しそうでしたっ。
そして、手違いがあったものの201枚のジュースパックいただきました。
小学校はほとんど人おらんくて、ジュースパックも少しでした。。

そいで後はクリスマス用と思われるアヒルと七面鳥を買って帰り、
帰りの車ん中でアヒルは暴れます。
七面鳥はうんこします。

ようするにまだ生きてます。しかもでかいです。
LOOBハウスで後二日は生きるはずです。
20日のLOOBボランティア大クリスマスパーティーでいただきます!

また、食べることとはどういうことかを目の当たりにして、おいしく感謝の意を込め
いただきま~すっ♪
[PR]

by loobinc | 2008-12-17 21:28 | 医療サポート
アンヘリト君と病院へ
今日は朝からLOOBの医療サポートを受けているアンヘリト君と病院にいってきました。
もちろん彼のお母さん、Betch、カズさんと。
アンヘリト君の義足のサイズ調整が目的です。

アンヘリト君も成長して大きくなったようで、義足がきつくなり、最近は義足なしで学校に行っています。
また、義足をつけていないのでリハビリのほうも止まってしまっています。

ただ、今日病院に行ったことで、義足の一部を新しくすることになり、その新しい義足がアンヘリト君に届けば、またリハビリを再開することができます!

とりあえず今は新しい義足の完成を待たなければなりません。

アンヘリト君は病院の人に診てもらっているときは少し不安そうな顔つきをしてたけど、たまに話しかければ答えてくれるし、笑顔も見ることができたのでよかったです!

また、僕自身もアンヘリト君の経過が気になるので、今後経過がわかればこうして日記に書きとめていこう思います!
[PR]

by loobinc | 2008-12-03 14:32 | 医療サポート
Angelito君、その6(最終回、抜糸)
アンヘリト君は6月2日に予定通り退院。
今日はアンヘリト君を病院に連れて行くため、朝からカラフナンに迎えに行きました。
そう、今日はアンヘリト君の抜糸の日です!!

8時に家を出て9時前には病院に着きました。予約は9時。
結局2時間待ちました(笑)
まさにフィリピンターイム。

抜糸自体は10分程で終了。
それにしてもアンヘリト君の痛がりようと言ったら・・・
「アグイ~!アグイ~~!」って泣き叫ぶアンヘリト君。(アグイ=痛い)
俺は隣に座ってホールドしながら励ましてたんですが、ホント痛そうで・・・。

でも帰る頃にはアンヘリト君も泣き止んで笑顔に。
カラフナンまで見送ってお別れしました。
d0146933_1835790.jpg


- - - - - - - - - - - - - 
傷が完全に治ったら義足での歩行訓練になります。
日本から頂いた募金は100%アンヘリト君のために使用しました。
(会計報告はLOOBのHPに掲載します)

これ以降の出費はない予定ですので、このブログでの報告も終わりにさせていただきます!
皆さん、つたない文章を読んでくれてありがとうございました。
[PR]

by loobinc | 2008-06-11 22:36 | 医療サポート
Angelito君、その5(入院)
両足の義足は無事に完成。
次は足がうまく義足に収まるよう、突起した部分を切除することになりました。

5月28日から入院検査がスタートし、手術は5月30日。
私たちスタッフ/ボランティアも他に活動があるので、なかなかお見舞いには行けませんでしたが、手術の夜に病院に行くことができました。

この病院は州立病院なので、本当に簡素な設備しかありません。
患者の待合室もないし、トイレも不衛生です。

フィリピンでは完全な医薬分業なので、薬はもちろん、消毒液やコットン、注射器、グローブといったものも、付き添い人が病院の近くにある薬局で購入しなくちゃいけません!
看護師はいるけど、患者の身の回りのことは全て付き添い人が行います。

でも付き添い人用のベッドはなく、ナナイは椅子で寝ていると行ってました。
私たちがお見舞いに行ったとき、ナナイがとてもやつれていたのでアンヘリト君のことよりも心配してしまいました。

で、アンヘリト君は、この通り。
もっのすごく暇そうにしていました。笑
d0146933_1833877.jpg


この病室は整形外科の患者さんでいっぱいでした。
病室は薄暗くて、テレビもないし。
オープンな作りなので、排気ガスの外気が入ってくる。

患者さん達は何をするでもなく、時間が過ぎ去るのをただただ待っている
といったな感じで、満室なのに「し~ん」とちょっと不気味。
うわ~っこんな空気を吸うだけで、ちょっと気がめいってしまいます。

アンヘリト君が退屈そうなので、この後に絵本を差し入れました。
退院は6月2日の予定です。。。!
[PR]

by loobinc | 2008-05-29 18:02 | 医療サポート
Angelito君、その4(左足も完成!)
先週まで30度以上の非常に暑い日が続いていましたが、今週は雲や雨の時が多く、もう雨季に入ったのかな?という感じです。

今日もアンヘリト君は病院にいきました。

左足の骨は弓なりになっているので、義足の固定部分がきつく痛みがあったのですが、何度かの調整を終え、ついに完成です!

d0146933_024099.jpg


リハビリセンターでちょっとだけ歩行練習。
エアコンのきいた室内でも汗びっしょりです。

d0146933_0341172.jpg


次は、主治医に行って、左足の指の整形手術が必要かどうか、判断を仰ぐ予定。
それと同時に、両足の義足を家に持ち帰ってちょっとずつ練習を始めます。

アンヘリト君の家は高床式バンブーハウス。
義足でどれくらい生活できるのか、ちょっとずつ検証していきます。
[PR]

by loobinc | 2008-04-28 18:19 | 医療サポート
Angelito君、その3(右足完成!)
義足の完成は木曜日と言われてたのに、「できたからもう一度きて」という連絡が入り、今日はアンヘリト君と病院に行ってきました。

フィリピンでは珍しく、サクサクと仕事を進めてくれる医療関係者に感激!

さて、初めて義足をつけて立ち上がるアンヘリト君。
立っているのが大変そうです。まだ筋肉が薄いし、初めて経験する動きだもんね。

d0146933_058183.jpg


その後、左足のひざの型をとって、今日は終わり。
両方完成したらいよいよ歩く練習です!
[PR]

by loobinc | 2008-04-15 18:53 | 医療サポート
Angelito君、その2(ついに義足が!)
2日後の4月10日(木)。

2回目の診察は、ウェストビサヤ大学のリハビリセンターでした。
主治ドクターと技師/PTさんが協議した結果・・
左足に若干の整形手術が必要ですが、義足の使用が可能だそうです!

で、気になるお値段は?というと
2本の義足で20,000ペソほどとなり、予算に収まりそうです!
(手術費用は別途なり)

義足はネットで調べる限り、30万円から100万円するという情報だったので
正直、大丈夫かなぁ~ととても心配していたのですが、値段を聞いたとき
アンヘリト君のお母さんも、「予算内で間に合うわね!」と喜んでました。

d0146933_22254574.jpg

とりあえず手術は後回しで、右足の義足だけ先に作ります。
歩く筋肉をつけるため、少しでも早くトレーニングに入ったほうがいいとのこと。
早速、義足と本物の足をつなぐ部分を石膏(ギプス)で成型しました。

d0146933_2230168.jpg

それから、義足に取り付ける「9歳男児用の靴」を買いにデパートへ。
車の中で、お母さんとアンヘリト君が「生まれて初めての靴だね!」とはしゃいでました。
生まれて初めての靴は、国旗のアップリケがついた茶色い紐靴となりました。

これから、歩行練習をしたり、筋肉を付けたり決して楽ではないと思いますが、これだけ喜んでくれているのだから、この親子なら善意の募金を無駄にしたりしない!
そう確信しました。
喜んでもらえるって本当に幸せですね。

義足の出来上がりは来週の木曜日。
また報告します。
[PR]

by loobinc | 2008-04-10 03:18 | 医療サポート