NGO、LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ&募集!
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
ASAKO 3/5 「自分自..
at 2017-05-28 16:55
ASAKO 2/5 「驚いた..
at 2017-05-27 13:28
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バブルスの紹介
ぜんちゃんです。
LOOBのホームページにスタッフ紹介のページがあるの、ご存知ですか?

私LOOBに来ることが決まったおととしの秋から、実際に去年の2月に現地に来るまで、
夜な夜なLOOBのホームページを見て

「こんなところで活動するんか~☆」
「こんな人がおるんや!」
「こんなことしてるんや~~!!」
と,夢をふくらませておりました。懐かしいです◎

2ヶ月前くらいに、スタッフ紹介のページのためにいつも週末アクティビティに来てくれるLOOBの頼れるボランティア・バブルスにホームページに載せる自己紹介文を書いてもらいました。

でも実は・・・バブルスが書いてくれて自己紹介、
長すぎてホームページのスタッフ紹介のところには載せれない。w

でも、LOOBでの経験は、バブルスの目にこんな風に映ってるんだなぁ・・・と、読んでてうれしくなりました。
この場を借りてバブルスの自己紹介文を載せたいと思います。

まじめで、気ぃ使いで、優しくて、めっちゃかわいいバブルス。
アクティビティの時も、キャンプ中も、困ってたらすぐに気づいて助けてくれる頼れる子です。
小柄で、細くて、高校生みたい。いつもドナルドみたいな口をして笑ってます。
バブルスは、照れたときや、びっくりしたときや、やめてくれー!って時「ぎゃー!」って言うんですが、
私はその反応が大好きです。

去年の2月、私がはじめて参加したLOOBのワークキャンプで、スタッフだったバブルス。
週末アクティビティで頼りになるバブルス。
f0210568_11433091.jpg


そんなバブルスをみなさんに紹介します☆

***************
Hello everyone!
私はクリスティーン・ジョイ・トラファルガーといいます。 でも、友だちからはバブルスって呼ばれてます。
フィリピンのイロイロのティグバウアン市のナムコンに住んでいて、LOOBでのボランティアを楽しんでいます!

昔、私の家族はワークキャンプ中にキャンパーが泊まる、ホストファミリーのひとつでした。私は、家に泊まりに来たキャンパーたちと、すぐになかよくなって、だんだん「私も彼らみたいになりたい、LOOBのワークキャンプでキャンパーになって、私も私にできる形で地域の改善を助けたり、ホームステイをしてみたい!」と思うようになったの。

それから、大学が終るまで待って、卒業してすぐにLOOBのボランティアになりました。私はLOOBの週末英語アクティビティのボランティアとして参加することから始めて、たくさんのフィリピン人ボランティアと日本人ボランティアに会って、みんなとすぐに仲良くなれたし、アクティビティで子どもたちと過ごす時間も楽しみました。

2008年の8月。ランブナオにあるナティビタッドというバランガイで開催されたワークキャンプに、私は初めてキャンパーとして参加しました。はじめて行く場所だったからはじめは緊張してこわかったの。
でも、ホームステイ先が同じだった日本人キャンパーとは、ほんとのシスターみたいに仲良くなれて、ステイ先の家族のみんなとも打ち解けて、緊張していた気持ちなんかすぐに忘れて、キャンプを楽しめるようになったわ。ランブナオでのワークはナティビタッド小学校の教室の建設でした。キャンプを通して、私はたくさんの人と出会って、とっても楽しかった。

それから私はキャンプがあるたびに1年以上キャンプに参加し続けて、今年で私にとって8回目のキャンプ。キャンプがあるたびに、私たちはいろんな場所に行って、いろんなボランティアワークを経験しました。学校の教室を建てたり、何千本ものマングローブを植えたり、生活用水を得るのが困難な状況にある学校の敷地内に井戸を掘ったり、水道パイプを地中に埋め込むための道を掘ったりしました。

ワークキャンプを通して、私はいろんな人たちに出会い、たくさんの大切な仲間ができました。特に同期のフィリピン人ボランティアや日本人の友だちと過ごした思い出は、心の底にずっと大切にある宝物です。LOOBで出会ったフィリピン人ボランティアや日本人の友だちから、私は多くを学びました。日本の文化にもすごく興味を持つようになりました。

LOOBボランティアとしての日々を通して、私はたくさ友だちができたし、自分に自信も持てるようになったと思うの。必要なときには物事に柔軟に対応できるようにもなったと思う。感じたことを表現したり、アイディアを出し合ったり、いろんな性格の人たちとコミュニケーションをとって通じ合い、友情を築くことも学びました。

ボランティアとして、時にはスタッフとして、私はLOOBでの活動をほんとに楽しんでいます。 私は、自分にできるやり方で、他の人々やコミュニティを助ける機会をくれたLOOBに感謝しています。私の人生を充実感であふれ、意味のあるものにしてくれて、ありがとう!

これからも、ワークキャンプに参加するチャンスがあったら参加して、コミュニティの助けになれたらなぁと思います。

みんなも、一緒にボランティアを楽しみましょう!

**************

フィリピン人ボランティアあってのLOOB。
フィリピン人ボランティアとしてLOOBで過ごした時間がバブルスの目にどんな風に映っているのか少し知れた気がして、うれしい自己紹介でした。

日本人ボランティアにとってだけでなくて、フィリピン人ボランティアにとってもLOOBでの時間が有意義なものになってるんやなぁと実感して、いろんなことを思い出して、LOOBってええところやなぁーと、なぜかこのタイミングでしみじみしている、正月の私でした。
f0210568_1143375.jpg

[PR]

by loobinc | 2010-01-30 10:22 | その他の活動
ボラスタさんの一日
こんにちは。
ボラスタのKOBAです072.gif

ボラスタのぜんちゃん、いっちゃーが日本に帰国し、
LOOBハウスには日本人ボランティアスタッフがたまなと私の二人に・・・さみしいよぉ・・・。

ということで心機一転!?!?

今日は、ボラスタさんの一日を紹介したいと思います!!
と言ってもボラスタさんによって、やることはさまざまですので・・・。

今回は1月29日のKOBAバージョンでお届けします。


7:00    起床。にわとりの鳴き声で目が覚めることも・・・。
       起床と共に、朝のジョギング!!
         
8:00   朝ごはん

9:00   お風呂

10:00  学校給食の準備
       10時から11時までの間は意外とのんびりすごしています。
       LOOBハウスは朝に弱いのです。笑

11:30  学校へ出発!!!
       到着後、すぐに学校給食が始まります。
       手をあらったり、出席確認もしますよ。

12:30  LOOBハウス到着!!
       お昼ごはん(学校給食後のご飯はおいしい!!!)

14:00  ココナッツ製品に必要なパーツを購入しに出かけます。
       ジプニーに乗ってダウンタウンの方まで向います。

       混んでいたので40分はかかりました。。。

15:00  パーツ購入。
        とその他の必要なものも同時に購入。

16:30  ジプニーを乗り継いでLOOBハウス到着
        なぜか、乗り間違えてしまったので・・・乗り継ぎました。笑

17:00  休憩
       コーヒー飲みながらブレイクタイムです!

18:00  PJKミーティング
       ゆきえさん、たまな、私で日韓比マングローブ植林ワークのミーティング。
       早く始まらないかとワクワクしています072.gif

19:00  夜ご飯
       デザートにバナナキューが!!!たたくさん食べてしまった。。。

20:00  ゆっくりしながらも、日曜日のアクティビティの話し合い。
       題材を決めたり、必要なもの何かないかなぁー?とかいろいろです。
      
21:30 決めている間に、睡魔が!!!
      30分ねばったすえに・・・。
      
22:00 たまなも私も、疲れていたので、就寝。 
      いつもよりも、早く就寝しました。

アクティビティの無い平日は、こんな感じで過ごしていますよ058.gif
KOBAの一日でした。
[PR]

by loobinc | 2010-01-30 10:21 | 週末ボランティア
1月16日 ナムコンアクティビティ
お久しぶりです!いっちゃんです。

今日は潮風の吹く村、ナムコンまで週末アクティビティーに行ってきました!
今日のメインプログラムはリスニング力強化のためのポケモン鑑賞会。
前回のカラフナンアクティビティーでの子ども達のリアクションがとても良かったのでナムコンでもトライしてみることに!さぁ、上手くいくのでしょうか。

機械をセッティングして、いざスタート。まずは普通に鑑賞。
f0210568_1295928.jpg


小学校低学年から高校生までみんな夢中!ポケモンの人気って凄いですね。
「内容に関して質問を出すからしっかり聞いてね!」と言い、2回目開始!
さぁ、上手く聞き取れたかな?

問題の内容は

「アッシュ(主人公)達がこの街を訪れたのは何回目でしょうか?」

「アッシュに話しかけてきたおばあちゃんは何について話していたでしょうか?」

など映像だけ見てるのでは分からない問題。さぁ、分かったかな?

「1だと思う人ー!」
「はーい!」
f0210568_1304331.jpg


おぉ!みんな聞き取れてる!凄いぞ、ナムコンキッズ!

そして次は意味を理解するだけで無く、細かい一語一語が聞けているかをチェック!
「Now Listen」という札を上げている間、キャラクター達はなんと言ったでしょうか。
高校生、小学校中、高学年達はペンと紙を使いメモを取る事が出来ます。

「もう一回!もう一回聞きたい!」
「大丈夫!今のは分かった!」
と子ども達は皆、積極的に参加。凄いぞ!ポケモンパワー!

そのあとはゲーム!
小学生は英単語を「Paradise」「Correct」などの言葉を。
高校生は「No gain,No pain」などのことわざを伝言リレーして、最後の子が紙にそれを書きます。
真剣に書く子ども達。スペルは合ってるかな?



そして答え合わせ!
「この言葉はどういう時に使うの?」
「ここはLじゃなくてR!」などボランティアを解説。

僕の担当したチームはスペルミスが目立ったので「はい!じゃあCorrectのスペルは?」
「C、o、r、r、e、c、t!!」というような感じで進めていきました。

僕とぜんちゃんは今日が帰国前、最後のアクティビティーなのでベッチが一言ずつしゃべる時間をくれました。気が利くベッチくん。

ぜんちゃんはナムコンと関わって約1年、僕は4ヶ月。本当に短かったなぁぁぁぁ!

クリスマスパーティーで同じチームだったArdyに
「帰っちゃうのさびしいね。また会おうね」
と言われちょっとグッと来たことは内緒にしておきます。


そして最後は集合写真!




あとは頼んだぞー、みんなー!

いっちゃんでした!
[PR]

by loobinc | 2010-01-16 10:19 | 週末ボランティア
ラーニングセンター完成!子ども達とミニセレモニー
ぜんちゃんです。
先日、ついに完成したごみ山カラフナンのラーニングセンターで、 初の週末アクティビティでした!

ミニセレモニーでテープカッティング。
f0210568_1244458.jpg


そして、ポケモンのアニメを英語で見て、その後年齢別に伝言ゲームをして、
リスニングと単語のスペルを覚える勉強をしました。

まずアニメをふつうに10分間見ます。 ぉぉー!みんな静かに見ている!
f0210568_12541100.jpg


「2回目は問題出すからしっかり聞くんだよ~!」
そして映像ストップ! 「はい!今なんて言ったでしょう!?」と3択問題を出します。

高学年から高校生は、答えを書き取り、幼稚園から低学年は、答えを叫びます!!
「わかった?もう1回聞きたい人ー?」と聞くと、 1回でわからなかった子は、
「もう1回聞かせて!」と、 必死に手を上げます。嬉しい!

自分の考えた答えが正解したら、みんな「わーーー!!」 「イェーイ!」と大盛り上がり!子どもたち、今までに見たことない顔してました。 カラフナンキッズの心を、がっちりつかんだ手ごたえがありました。

ラーニングセンター。 こんなところでアクティビティができるなんて、夢みたいです。
f0210568_1261148.jpg

だって、 今までアクティビティするの、ほんとに大変だったのです!

机がない、椅子がない、だからと言って地面にも座れない。
トラックがうるさい、ハエが大量にやって来る、ニオイがきつい日はボランティアの体調がわるくなる。。w
屋根がないから太陽の暑さでだれる、子どもがふざけて逃げる。。。w

そんな中でも、机や椅子がいらないアクティビティを考えたり、 いるときは周りのおうちから机や椅子を借りてきたり、ごみ山の状態によっていつもしてるスペースが使えないときには、 ウェストピッカーズの代表ロリリーさんが違うスペースを探して掃除してくれたり。そんな風にいろんな人に助けられながら、 毎回パワフルな子どもたちと、おもろいボランティアと一緒に楽しんでやってきました。

今までのいろんな瞬間を思い返しながら、 床にちゃんと座ってじーっと説明を聞いてる子どもたちの横顔を見て、ぁぁこれから、こんな落ち着いた雰囲気でアクティビティができるんやぁと、カラフナンアクティビティのこれからを想像すると、なんだか形容しがたい感動を覚えました。

ここなら、できることの幅が、ぐっと広がる!

アクティビティがはじまる前も、終った後も、ラーニングセンターではぎゃーぎゃー言いながら子どもたちが遊びまくってました。 ここが、自然に人が集る場所になったらいいな。

フィリピンのNGO LOOB。

お金がいっぱいあって、「建物つくるぞー!」「はい!建てた!」っていうのと違うのは、LOOBもカラフナンの人たちも、お互いのことを知ってるってこと。 だからみんな手伝ってくれるし、子どもたちもいつも来てくれる。
せっかく建てても使われなかったら意味ないもんな。 けど、きっとこのラーニングセンターには、これから大人も子どももいろんな人が来て、使って使ってぼろぼろになるまで活動の場になるんだろうなぁ。

アクティビティおわるとき、ベッチがさいごだからって、 ゼンから一言!の時間をつくってくれました。
もうすぐ来るお別れが悲しくて寂しいのもあるけど、
こんなにたくさんの子どもたちと友だちになれたこと、
カラフナンアクティビティの新たな始まりの一部になれたこと、
それがただただうれしくて、 胸があつくなって、幸せな気持ちが溢れて涙が出ました。

f0210568_127444.jpg

あー楽しかった!!
[PR]

by loobinc | 2010-01-10 10:17 | ラーニングセンター&学童