NGO、LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
お知らせ&募集!
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
ASAKO 3/5 「自分自..
at 2017-05-28 16:55
ASAKO 2/5 「驚いた..
at 2017-05-27 13:28
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『学校に行きたい!プロジェクト』サポート会員募集!
5月に入ったら普通は雨が降るところ、今年はラニーニャ現象でぜんっぜん降りません042.gif
LOOBハウスにある2つの井戸も、ついに干乾びてしまいました!

うちは、(フィリピン人にもびっくりされるんだけど)、上水道が通ってないのですよ[m:56]
そんなに田舎に住んでいるわけじゃないんだけどね。

さらにここ数週間は、毎日2回以上の停電。もちろん予告なし。
停電になったら、扇風機のない室内は暑すぎて、皆、外に非難~~071.gif
いつ復活するか分からない電気の神様をひたすら待ち、
くだらないことを話したり、活動について会議したり、そんな毎日を過ごしています。

さて、そんな暑いフィリピンから教育サポート会員募集のお知らせです!
が、その前に今日、嬉しいことが。
LOOBのクッキングスタッフであるイキン&ジョナさんの長女アリアが、マンドリアオ小学校に授業登録に行きました!

もう2年くらい、イキンさん夫婦はLOOBハウスに住み、アリア1人だけおばあちゃんちから通学してました。
(下の妹と弟は、両親と一緒)
給食でイキンさんが2年間はLOOBにいることになったので、アリアも呼び寄せました。
これで家族5人が一緒に暮らせると思うと、私も嬉しいです。

「右から2番目がアリアです。LOOBの正式な住民となりました。宜しく。」
f0210568_20445572.jpg


今、小・高校は来月14日の新学期に向けて、Enrollment(就業届け)を受け付けています。
フィリピンでは1年単位で毎年届け出ないといけないのですね。

アリアは無事登録を済ませたけど、今の時点で親の収入が見込めない子ども達は、この時点で就学届けに踏み切ることができません。
年ごとに兄弟の中で代わりばんこに進級させるというご家庭も多いです。
(今年は兄に働いてもらって、弟を学校に行かせる。来年はその逆、とか)

教育は子どもにとって基本的な権利なのに、フィリピンの就学年齢の児童のうち、ビサヤ地域では、4人に1人が学校に行けないという状況です。

子ども達に最低限の教育の機会を確保してあげたい!!
LOOBでも年始からサポート会員を募集してますが、今年はまだまだ不足してます。
少しでも興味を持ってくれたら、ぜひこちらからお問い合わせ下さいm( )m↓
http://www.loobinc.com/edu01.html
[PR]

by loobinc | 2010-05-24 16:10 | 教育サポート
アースディ神戸のご報告☆
5月22日~23日はLOOB JAPAN大阪メンバーで、アースデイ神戸に出展しました!
f0210568_21262839.jpg

永遠のピーターパンD氏からの報告をまとめると:

・日曜は雨風でだいぶやられたそうです!
・会場の場所的に来場者数はそこまでじゃなかったそうです!
・でも、みんなばり頑張ってくれたそうです
・ミニバッグとかペンケースAとか安めの商品はよー売れたそうです!
・そして、めーっちゃ楽しかったそうです!
・さらに、2日間の売上げもそこそこ良かったようです!(^0^)/☆パチパチ

関わってくれた方々、ありがとうございましたーー!
この写真めっさ可愛いです。ワクトン氏?
お疲れ様でした!!
(o^∀^o)ノ
[PR]

by loobinc | 2010-05-23 16:09 | LOOB JAPAN
ワークキャンプ&スタディツアー2010夏・参加者募集!
今年の夏でワークキャンプ&スタディツアーも40回を迎えます。
LOOBの理念を包括的に体現できるプログラム。
現地に根ざしたNGOだからこそできるプログラムにこだわって、これからもがんばります。
f0210568_21463160.jpg


~~越えてみない?『本当の国境』~~
一つの大きな家族のようなコミュニティに入り、フィリピン人の方々と一緒に汗を流し、ご飯を食べ、語り、歌い、泣き、笑う。本当の意味で『国境』を越えてみませんか?
http://www.loobinc.com/wc01.html

【第39回・日韓比ワークキャンプ】
2010年7月24日(土)~8月1日(日)--8泊9日
参加費→8万円
16歳以上 日本人10名、(フィリピン人10名+韓国人10名)

【第40回イロイロ市ワークキャンプ】
2010年 8月6日(金)~8月17日(火)--11泊12日
現地集合 9万円 (+国際航空券4-5万円)
16歳以上 約10~15名

【第41回イロイロスタディツアー募集中】
2010年 8月13日(金)~8月17日(火)--4泊5日
現地集合 4万5,000円 (国際航空券はフィリピン航空をご利用下さい)
18歳以上 約10~15名

≪どんな経験してるの?≫
過去のプログラム内容や参加者の声はこちらからご覧いただけます。


≪もっと詳しく知りたい!≫
詳しい案内書を無料で郵送します。
ホームページからご請求ください。
[PR]

by loobinc | 2010-05-22 16:08 | ワークキャンプ&ツアー
ギマラス島マンゴーでアイスケーキ作り
先日のギマラス島ワークキャンプ(2010年4月29日~5月5日)でマンゴー狩りがあり、私たち参加者とスタッフ20人は南部ヌエババレンシア州のラニペ(Lanipe)という農家でマンゴー狩りを体験しました。
f0210568_1204980.jpg

ワークキャンプの報告はこちら↓
http:///www.loobinc.com/WORKCAMP/38wc/rep.html

折りしも、日本の某大手コンビニがギマラス島マンゴーで新製品の開発を模索している(!)ということで、マンゴーについても農家のEdwinさんからいろいろ勉強した私たち。コンビニにギマラス島マンゴー製品が並ぶかどうかはまだ不明ですが、個人農家さんの収入増やエコツーリズムへの道として、LOOBでもなにか貢献できたらいいなと思っています。

さて、今回はマンゴー特集!ということで、「マンゴーの栽培」と「マンゴーの簡単アイスケーキ」を紹介します。

「マンゴーの栽培」
(正確性については100%保証できません。もし情報が間違っていたらご教授下さい!)

≪マンゴー農家の運営形態≫
・マンゴー農園は外資系農園による運営ではなく、個人農家がそれぞれ運営し、農協に加盟している。
・多くの農家は、小規模地主からマンゴーの木をレンタルする形態で栽培している。
・現在は日本へ輸出している同島マンゴー生産者はいないとのこと。
≪栽培と収穫≫
・マンゴーの主な収穫期は4~5月だが、スプレー(化学誘発剤)のかけ具合により1年中収穫が可能。
・マンゴーの木1本から得られる収穫量は、木のサイズにより500~1トン。
・ただし、1本のマンゴーの木からは1年に1回しか収穫できない。
・現在は、化学誘発剤を使用しているが、昔は特定の木を炊いて、その煙によって実をならせていた。
・この誘発剤の成分は日本の検疫で禁止されている成分は使っていないとのこと。
・最初のスプレーから、10日目、17~18日目、22~23日目、37日目、40日目にもスプレーする。
・最初のスプレーから、55日目に新聞紙で実をひとつずつ包む。
・最初のスプレーから、110日に収穫。つまり3ヶ月後に収穫可能となる。

こんな風に農家さんが手塩にかけて育てたマンゴー。
農園で私たちが収穫させてもらった時は1キロ40ペソでした。
イロイロ市のマーケットでは、これが60~70ペソ(SMなどでは80~90ペソ)となります。

「マンゴー・アイスケーキの作り方」
フィリピンではMango Floatといいます。30分でできて子ども達にも大人気!
私もパーティの時はこれをよく作ります。
今回一緒に作ってくれたのはぜんちゃん、Alliah、Joyjoy、Nicoleです。

≪材料:≫
・マンゴー1キロ~1.5キロ(だいたい4~6つ)
(マンゴーがなければバナナ、パイン、りんごなどで代用してもおいしいらしい)
・グラハムクラッカー2パック
・オールパーパスクリーム4つ
・コンデンスミルク1つ(甘さ調節)
f0210568_11462522.jpg


1.オールパーパスクリームにマンゴーの実を入れ、フォークで黄色くなるまでまぜます。
ゴロンとしたマンゴーを残してもおいしいです。
f0210568_11463958.jpg

この時、甘党フィリピン人はコンデンスミルクを1缶くらい入れちゃいます!
でも自然の甘みを楽しみたい方は、コンデンスを入れずにマンゴーを増やしてもいいかも。
f0210568_11465279.jpg

2.バットに1のクリームとグラハムクラッカーを交互に重ねて入れます。
f0210568_1147449.jpg

3.あれ、もう完成してしました!!
今回は一番上に砕いたグラハムクラッカーを入れましたが、最後が砕かないクラッカーで終わっても、クリームで終わっても、マンゴーを置いてみてもいいです。
f0210568_11471764.jpg

4.冷凍庫で4時間以上冷やして終わり!
停電が多いフィリピンでは冷凍時間も計算が必要です(笑)
f0210568_1148919.jpg


ところで、日本でグラハムクラッカーは購入できるみたいだけど、オールパーパスクリームはあるのでしょうか?
これなんですが↓↓↓なければ他に何で代用できるのか不明です><

というわけで、日本の方には無責任なレシピを公開してしまいました!
フィリピンの方はぜひ作ってみて下さいね。
[PR]

by loobinc | 2010-05-08 16:05 | ワークキャンプ&ツアー