NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

支援Vol.1 「防水シート等を届けました」11/20
【11月20日: フィリピン台風被災地 LOOBパナイ島支援報告Vol.1 】

19日までに83名から25万円の義援金が集まりました。
このうち18万5,000円(80,000ペソ)で下記の物資を購入し、バロタックビエホおよびコンセプションにお届けました。

* rice 10 sacks(米10袋)- Php17,000.00
* tarpaulin 10 rolls (防水ブルーシート10ロール)- PhP60,000.00
* common Nails(釘等の建材)- Php4,000.00
* generator (発電機の貸出し)
* tarpaulin 3 rolls (防水ブルーシート3ロール)- PhP18,900.00 (12月10日お届け分)

d0146933_17145017.jpg

どの地域からも倒れた木をチェンソーで切る音や、家屋を修理するトンテンカンテンという音が聞こえてきました。

まず、ワークキャンプを実施していたバロタックビエホ町Nueva Sevillaというバランガイに米500キロを配給しました(バランガイからの500キロと合わせて約200世帯に配布されます)。
私達が数年かけて植えたマングローブはまだ根を張っておらず90%が流されてしまってました。。(涙)


さらに1時間北上し、コンセプション町役場に壊れた家の修復材となる防水テントと釘を寄贈しました(約50世帯分に配られます)。この町だけで倒壊家屋は7,000軒に登ります。
d0146933_17562812.jpg

ここで町長と役所の方、農業従事者、漁業従事者の方にインタビューしました。農家のAさんは防水シートをもらいに役場まで出てきたけど本日の配布はなしということでチケットはもらえなかったと言ってました。NGOが直接被害者に配布する方法もありますが、今回は、内外の支援団体を一括している町の地方社会福祉開発局(PSWDO)を通しました。チケット配布などで重複を避けるシステムは施行されていました。

必要な支援内容は手段はこれからも変化すると思うので、ニーズをしっかり把握して活動しなくてはいけません。また「食」と「住」の問題が落ち着いたら今度は長期的な「仕事」の建て直しが必要です。長い、長い道のりです。


カレンダー募金&義援金はこちらからお願いしますm( )m。

[PR]

by loobinc | 2013-11-21 17:21 | その他の活動
LOOBの支援計画について11/15
【11月15日最新情報】
(フィリピン国家災害対策本部 11月15日朝6時発表)
今回の台風30号によるフィリピン全土での被害は死者2,360人、負傷者3,853人、行方不明者77人。被災者約907万人(196万世帯)が被災して、家屋の被害は25万件を超えています。避難所にはいまだ約148万人(31万世帯)が避難生活を送っています。
イロイロ州全体の死者は133人(11月12日時点)で最新情報を確認中。
http://www.ndrrmc.gov.ph/

【パナイ島東北部の被害状況】
11月14日スタッフがパナイ島東北部の被災地を訪問し、ニーズ調査を実施しました。その結果、6,000家屋のうち4,000家屋、また多くの学校施設に被害が出ているコンセプション町を支援地域とすることに決定しました。

同町は人口4万人弱の半農半漁の海沿いの町。町役場の職員や町民からの話しによると、1週間たった今も海から遺体があがってくるので漁民は漁をストップし、またコメも収穫前に台風になぎ倒されて、現金収入がほとんど見込めないそうです。市場では被災を免れた村から入ってくるわずかな野菜と養殖地で採れた魚のみがあるのみ。町長さんは「圧倒的にコメの供給量が足りない」ということを訴えていました。

多くの被災者は保険や貯金というものがなく、畑や海という自然界の恵から得ていた毎日の収入が絶たれた状態にあります。多くの家屋がまだ半倒壊状態で、家屋や施設の修復も待たれています。

【支援内容】
LOOBでは、現地の行政と連携し、以下の支援活動を行う予定です。
(頂いた支援金のうち約5~10%を被災地へ燃料代などの管理費とします。既に10名以上のスタッフ&ボランティアはイロイロ市におりますので人件費や国際線チケットなどの事務管理費に当てることはありません)

1.短期支援(12月~1月末まで)
I. 食糧支援、物資仕分け作業
II.家屋修繕(修復用建材:一世帯当たり2,000ペソ)
III.漁業組合と一緒に船を作る(一台当たり5,000ペソ)
IV.農業関係者への支援(アセスメント中)

2.中期支援(来年3月まで)
I.ワークキャンプを通じた被災地の学校施設の修復(一棟当たり150,000ペソ)
II.必要な物資の配布



短期~中期の支援のため、まだまだ募金を継続しています。
たくさんの方のご協力が必要です。どうぞ宜しくお願いします。


カレンダー募金&義援金はこちらからお願いしますm( )m。

[PR]

by loobinc | 2013-11-15 16:39 | 募集&お知らせ
フィリピン各地で活動している日系NGOの寄付先です
フィリピン西部ビサヤ地方イロイロ州東北部にあるコンセプション町への支援を実施しております。
LOOBカレンダーの発売に合わせて、1口500円からの募金を受け付け中です。
http://www.loobinc.com/form_calendar.html

また活動状況はLOOBのFacebookで更新していきます。
https://www.facebook.com/pages/NGO-LOOB-Official/289830787698314

【11月14日最新情報】
今回の台風30号によるフィリピン全土での被害は死者2,357人、負傷者3,853人、行方不明者77人。被災者約800万人(173万世帯)が被災して、家屋 の 被害は23万件を超えています。避難所にはいまだ約53万人が避難生活を送っています。(フィリピン国家災害対策本部 11月14日6時発表)なお、イロイロ州全体の死者は133人超。
http://www.ndrrmc.gov.ph/

【フィリピン各地で活動している日系NGOの寄付先です】

LOOBスタッフの直接の知り合いがいたり、信頼できるところを随時アップデートします。
これらの日系NGOへの支援は、

1.日本語で詳細が分かる
2.日本国内に振り込める
3.現地に細いネットワークを持っているので募金の使われ方が明確
ーーーなところがメリットです。

赤十字やユニセフなど大きな機関は緊急支援のプロですので、小さな団体ではできないことをダイナミックにやってます。が、現地に精通して小回りのきく団体を応援したい方は以下をご参照下さい。

それぞれの被災地で、団体の強みを活かした活動ができますように!
そして混乱する被災地の方々にとって安心感と希望を与えるような活動となりますように!

★LOOB
http://www.loobinc.com/form_calendar.html
(パナイ島北東部の被災地への物資支援と家屋・小学校修繕のための募金活動)

★ICAN
http://www.ican.or.jp/disasters2013.html
(最も被害が大きかったレイテ島タクロバンを中心とした被災地で水・食糧・テント等の救援物資の配布)

★水牛家族
http://suigyukazoku.web.fc2.com/
(最も被害が大きかったレイテ島への募金活動)

★SALT
http://www.saltpayatas.com/archives/1160
(最も被害が大きかったレイテ島オルモック周辺、ボホール島を中心に物資支援と募金活動)

★ACTION
https://www.facebook.com/pages/NPO法人Action/194170463931845
(現地提携団体を通じて西サマール州での物資支援と募金活動)

★ハロハロプロダクツ
https://www.facebook.com/npohalohalo
(現地提携団体を通じてセブ市の隣タリサイ市の被災者への募金活動)

★セブンスピリット
http://noguchi-blog.hatenablog.com/entry/2013/11/13/194905
(セブ市北部メデリアン市の被災者への募金活動)

★AMDA
http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=302
(1ヶ月前に地震被害もあったボホール島マリボホック地区内で医療活動)

★イカオアコ
http://negros.blog48.fc2.com/
(ネグロス島北部で長期的な視点での地域復興支援を予定)

★ACCESS
http://www.page.sannet.ne.jp/acce/typhoon2013.html
(最終的な支援地域やNGOは、団体ページにて告知予定)

★ジャパンハート
http://www.japanheart.org/topics/topics_details_322.html
(パナイ島北部ロハス市周辺での医療支援)

☆日比NGOネットワーク(JPN)
http://jphilnet.org/news/20131111_295.php
(現地19団体を通しての幅広い支援)

☆国際協力NGOセンター(JANIC)
http://www.janic.org/bokin/fundnews/post_267.php
(被災地で救援活動を行っているJANIC正会員のNGO15団体に配分される)

☆(株)トランステック・バリックバヤン
https://www.facebook.com/balikbayanbox.jp?fref=ts
(日本国内の新木場まで元払いで送ってくれれば現地までは無料で送ってくださるとのこと)

★チャリティライブ
①11月24日(日)14時~@名古屋市港区役所ホール◎参加費1000円
②12月8日(日)17時~@無国籍料理イハワン@参加費3000円(フィリピン料理食べ放題付)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=417932925002218&set=gm.361719290641042&type=1&theatre
[PR]

by loobinc | 2013-11-15 00:53 | 募集&お知らせ
パナイ島被災地で初期調査を行いました11/14 
今日はイロイロ市でもっとも台風被害を受けた北部のバロタックビエホ町とコンセプション町に行ってきました!普段生活しているLOOBハウスを出発して1時間半ほどすると、道路脇の木々がなぎ倒されているのが車の中から見えました。さらに北上すればするほどその数は多くなり、台風の悲惨さを見せつけられました。

約3時間で目的地に到着。木の根がむきだしになって倒れていたり、多くの家の屋根が吹き飛ばされていました。台風が去ってもうすぐ1週間。その間にも壊れた家は少しずつ修理が進んでいるそうです。報道されているような治安の悪化もこの辺ではなし。電気の復旧はまだまだで早くても12月。灯りのないまま年を越す可能性も多いにあるそうです。

いくつかのコミュニティの方とお話をさせていただき、町長さんやバランガイキャプテンともお会いできました。今一番必要なものはなんなのか、どれくらいの家屋が被害を受けたのか、いろいろ聞けました。驚いたことにみなさん笑顔で台風被害について教えてくれました。日本では災害時に被災者の前で笑うというのは不謹慎だの相応しくないだの言われるけど、フィリピンではこういう時こそみんなで笑う!ナナイの「うちなんて家が全壊したのよ!」って笑いながら話す姿はすごく力強いなぁと思いました。

もちろん笑顔の裏には悲しみや苦しみがあるわけで。日本とは違って保険制度もなければ貯蓄もない。海沿いの町に住む彼らは漁業で生計を立ててきたけれど、今回の台風で多くの船は破壊されてしまったそう。日本や世界中で報道されているもっとも被害を受けたタクロバン以外にも同じような被害を受けた地域はたくさんあります。その今まであまり注目を浴びなかった被災地域に焦点を当てて、少しでも多くの人にこの現状を知ってもらいたいです。

LOOBハウスに戻ってきてから、さっそくミーティングを行いました。今日見た光景がずしんと胸に響いて、対照的に明るかった人々の笑顔が頭に浮かんで。結果的にあんまり自分の考えをまとめられなくて。でも他のスタッフの意見を聞きながら少しずつこの台風被災地支援の方向性が見えてきました。昨日に引き続き支援物資の仕分けに継続的に参加したり、特定のコミュニティにしぼって直接的に支援したりする。もちろん各コミュニティのニーズにあった支援をする。ライブリフッドの必要性。短期間でできるとこと、長期間かけてできること。私たちにできることをこつこつと。カレンダーの広報活動はもちろん、現地の声を直接聞いてみんなに伝えるのも私にできることの1つかなと思いました。

最後に!カレンダーと義援金もいろんな方からご協力いただいているそうで。買って下さったみなさま、本当にありがとうございます!責任を持って直接、被災地に赴き義援金又は支援物資を手渡しします。

d0146933_16345153.jpg

[PR]

by loobinc | 2013-11-14 16:32 | 募集&お知らせ
10月のイロイロ☆

みなさん、こんにちは!
Mayです056.gif

日本は11月にはいり、だいぶ寒くなったらしいですね!LOOBハウスでは先日ハロウィンからクリスマスにデコレーション替えをしました!
その様子がこちら↓↓↓
d0146933_23353179.jpg
d0146933_23352126.jpg



さて、10月はイベントやアクティビティが目白押しでした072.gif
Stand Up Take Actionに参加したこと、チャイルドマインディングが週5日になったこと、そしてコミュニティ開発のワークショップを行ったことはすでに他のスタッフが報告済みなのでそれ以外のイロイロをじゃじゃーんと紹介しちゃいます070.gif


まずはこちら♡
ミラソル小学校にてフィーディング開始!!
ミラソル小学校では以前から栄養不良の子ども40人を対象に毎日フィーディングを行っていました。しかし年を追うごとに支給されるお金は少なくなるばかり。そこで週に1回LOOBが負担することでその1日分のお金を他の曜日に使うことができ、より栄養の高いご飯を子どもたちに食べてもらえるのです!もちろん食育もかかさず行っています049.gif
d0146933_23364631.jpg

また同校で行われたNational Unionのイベントにもたまたま参加させていただきました!いろんな国の伝統衣装を身に着けた子どもたちが踊ったり歌ったり。とても可愛かったです〜003.gif
d0146933_2337151.jpg


つづいて・・・。
LOOBハウスの隣にはバランガイホールがあり、そこでEid ul-Adhaというお祭りがありました!これはイスラム教徒のお祭りらしく、普段町中では見かけない伝統衣装を身にまとったムスリムの方がたくさん!子どもたちがとてもかわいらしかったです。(裾に血が付いてけど・・・!)
d0146933_23373234.jpg

なぜ血が付いているのか。
実はこのお祭りでは生け贄の儀式として14匹もの牛が屠殺されました。
d0146933_23375120.jpg

LOOBスタッフもすぐ近くで見学させていただきました。フィリピンに来てからフレンドシップナイトを中心にこのような日本では決して見ることのなかった光景を見る機会が多いです。地面には鮮血が広がり目を離すことができませんでした。普段何気なく口にしている食べ物は命であるということ。「いただきます」と「ごちそうさまでした」に込める思いが強くなった気がします。
この牛は分けていただくことができたので、後日おいしくいただきました001.gif

そしてそして・・・。
とある日。私たちはナバイス小学校のBlessingというものに参加しました。この学校は今年9月に行われたISAPさんとのコラボキャンプで活動地になった場所でした。
d0146933_23404918.jpg

はい、実はみんなで建てたキャンティーンの使用が始まるのです024.gif
d0146933_2344533.jpg

この日は神父さん、先生方、子どもたちとその保護者の方々が集まりみんなでお祈りをしました。ついに使用が始まるとあってみんなどこかわくわくした様子でした!

さらには・・・。
毎週土曜日に行っている週末アクティビティ。カラフナンではハロウィンパーティを行いました!みんなそれぞれ好きなようにマスクをつくり、それを着け踊りを披露しました。普段とは違ったアクティビティに子どもたちは大喜び♡
d0146933_23412355.jpg


またLOOBハウスではファンドレイジングとしてパーティをしました!
d0146933_23414672.jpg

過去のボランティアから新しいボランティアまで約20人が集まりお祝いをしました!コンテストもあり、優勝者には賞金がでるということでみんな気合いはいりまくり!
d0146933_234308.jpg

そして仮装大賞を受賞したのはこちらのポール(真ん中)。
d0146933_2342457.jpg

一番の笑いと悲鳴をさらっていきました037.gif

ちなみにフィリピンのハロウィンでは親戚一同でお墓に行くのが一般的らしいです。そこで一晩過ごすのも一般的らしく、近所のお墓ではたくさんの家族がお花とお供え物を持ってお墓の敷地内にテントをはっていました!それだけでなく、お墓の近くには出店がたくさんあり、一瞬何かのお祭りかと間違えてしまうほど賑わっていました005.gif

活動以外には・・・
パナイ島の隣、ネグロス島に行ってきました!!
というのもバコロドで行われるこちらに参加するため!!
d0146933_23434070.jpg

Masskara Festival★
1980年代、砂糖産業の不振を吹き飛ばす為に始まったこのお祭り。トレードマークはこちらの笑顔の仮面!!
d0146933_23443889.jpg
しかし夜はあいにくの雨で、一番盛り上がるはずのエレクトリックパレードも見れず・・・。翌日は観光したり買い物したり。さらには移動遊園地(?)を発見したのでみんなで楽しみました060.gif
d0146933_23462611.jpg
LOOBスタッフみんなで旅行できたのはとても嬉しかったです!!
d0146933_23463917.jpg


そしてものすごく私事ですが、母と姉がはるばる東京からやってきました!
今までこんなに長い間離れていることはありませんでした。こっちに来てからはたま〜にメールで会話をするくらい。声すら半年以上聞いていませんでした。普段生活している中で寂しく思うことは全くと言っていいほどなかったですが、空港で会ったときは思わず会いたかった〜!!と心の中で叫びました。家族の支えほど心強いものはないですよね。元気と笑顔をたくさんもらったので、このまま来年の帰国まで突っ走って頑張ります058.gif
ちなみに母と姉が来ている間にみんなで訪れたレストランで偶然有名バンドのギタリストの方とお会いしました!大人数でおしかけても嫌な顔1つせず、笑顔で一緒に写真まで撮ってくださいました!
d0146933_23484261.jpg


最後にボランティアスタッフについて056.gif
今年の4月と6月から一緒に活動していたゆうかさんとだいちゃんが10月、帰国しました!ついこの間出会ったかと思ったらあっという間に帰国・・・007.gifでも振り返ってみればいろいろな思い出があったなーと思います。お互いに辛かったり大変だったりする時期はあったけど2人のおかげで乗り越えてきた部分が多く、またESAPの参加者が帰国してもキャンパーが帰国してもなんだかんだ彼ら2人はいつも一緒だったので今は寂しさいっぱいです。

しかし去って行くばかりではありません!
ESAPに3週間参加していたゆうすけが晴れてボラスタになりました!
d0146933_23492914.jpg

いまLOOBハウスで一番明るく元気なのは間違いなく彼です。笑 エネルギーいっぱいのゆうすけの活躍をみんな楽しみにしています003.gif

私もフィリピンにきて7ヶ月。今いるボラスタの中で最も古株です。一番年下なのに。笑 このあいだ来たお客さん(年上)にはボスって呼ばれました。周りからはそう見られているのかと思うとなんだか衝撃でした009.gifさらにみんなは年末年始には帰国してしまうので、結局私が残される。ちょっと切なさを感じている今日この頃です。

10月のイロイロな様子を紹介させていただきました!
11月もよりいっそう楽しく盛りだくさんな活動ができるようスタッフ一同頑張ります072.gif
締めはLOOBハウスのアイドルたち〜016.gif
d0146933_011879.jpg

[PR]

by loobinc | 2013-11-04 00:01 | イロイロ生活