NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ&募集!
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

戦争と平和について考えるツアー(2016年度)
皆さん、こんにちは&初めまして!LOOBの新スタッフのHikaruです:)
6月から8月いっぱいまでの3ヶ月間、こちらでお世話になりますので宜しくお願いします!

さて、7月に実施したLOOBの活動をご紹介したいと思います。
d0146933_23124414.jpg


今年の1月に天皇陛下がフィリピンを訪れ、日比両国の戦没者の慰霊碑を参拝されて大きなニュースとなりました。71年の時がたっても、太平洋戦争の体験から様々な想いをかかえている人々はたくさんいます。私たちは、その声を次世代に伝えていける最後の世代であるという想いで、今回、パナイ島在住の青年海外協力隊(以下JOCV)の方々と共同で、戦争と平和に関するスタディツアーを実施しました。

日本軍のパナイ島守備隊の副官であった熊井敏美氏や現地の方の証言を集め、何度もの入念な打ち合わせを経て、ついに迎えた初日、30度を軽く超える気温の中たくさんの青年海外協力隊の方々がシェアハウスに足を運んでくださり、勉強会がスタートしました。

LOOBが活動拠点としているイロイロだけでなく、パナイ島のロハス州、アクラン州、アンティケ州など遠方からの参加者も多く、それぞれの活動地域の戦争に関する逸話を発表し合いました。中でも僕の心に突き刺さったのは、日本兵による一般市民の虐殺があったということや、慰安所があったということです。しかし一方では、約50万人もの日本兵が尊い命を犠牲にしており、フィリピン側にとっても日本側にとっても多大な犠牲を払った戦争だったんだなと改めて感じました。

数々の発表を通して新たな発見が数え切れない程ありましたが、僕が紹介した沖縄戦についても他の参加者の方にとって刺激になったと言って頂き、「14歳から徴兵されたということは初耳だった」「沖縄に行った際には是非自分の目で平和の礎を見てみたいと思った」など、たくさんの感想を頂きました。

夕方からは、実際に幼少期に戦争を体験した方にインタビューへ。
d0146933_232323.jpg


山に潜んで生活していたことや戦後の混乱期に体験した様々な苦労などを教えて頂き、参加者全員が真摯に話に耳を傾けていました。その日の夜には「WHAT’S YOUR PEACE?」というテーマで、その日学んだことや自分自身が考える平和の定義についての意見を出し合いました。
d0146933_2328997.jpg


「家族と一緒にご飯をたべること」や「互いの価値観を押しつけない」など、色々な考えが飛び出し、さらに互いの価値観や平和への思いなどを知ることが出来ました。

沢山の犠牲を払った先の大戦ですが、それを語る際に忘れてはいけないのが邦人社会を引き裂いた「残留孤児問題」です。2日目はパナイ日比協会にご協力いただいて、終戦後もフィリピンに残った日本人女性からお話しを伺い、残留孤児の方々が今も直面している問題点などについて教えて頂きました。
この女性は、先の天皇陛下訪比の際の式典にも招かれたそうです。

d0146933_23271246.jpg


その後には、マアシンという邦人(主に母親と子ども達)の集団自決が起こった場所へ移動。高温多湿の山の中に命を落とした方々への慰霊碑が建てられており、皆でろうそくをお供えしたのですが、異国のジャングルの中で自分の子ども達を殺さなければいけなかった母の苦悩はどんなものだったのだろうか、と思うとなんとも悲しい気持ちになりました。
d0146933_23282391.jpg


今回のようなイベントは、改めて平和の大切さを学んだりお互いの知識を共有したりして、過去の出来事を風化させずに戦争の無い平和な世界を作っていく第一歩になるのではないかな、と身をもって感じた貴重な2日間になりました。

今回のスタディツアーは参加者の皆さんと創り上げることができてとても良い内容でした。
皆さんも今一度平和の大切さについて考えてみてみませんか?
[PR]

by loobinc | 2016-07-21 01:23 | その他の活動