NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
お知らせ&募集!
先住民族に裁縫の技術を伝授し..
at 2017-10-21 22:19
LOOB現地スタッフとして活..
at 2017-09-25 14:37
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

SHU 2/5 「フィリピンで驚いたこと・ショックだったこと」

こんにちは、SHUSUKEです!早いものでフィリピンに来て1ヶ月が経ちました。環境にも慣れてきて、毎日楽しく充実した日々を過ごしています。

さて、今日は予告通り現地フィリピンで驚いたこと・ショックだったことについてお話をしたいと思います。まず驚いたことについては、物価が安いということ!!例えばミネラルウォーター1ℓは日本円で40円くらいで購入出来ます。ご飯で言えばアドボ!!フィリピンの代表的な家庭料理で、国民食であるアドボにライス、スープをつけて日本円で100円くらいで食べることが出来ます。個人的に私が1番好きなフィリピン料理です(笑)

1488080885472

また、loobの活動ではカラフナン・ナムコン・ナバイスなどの様々な地域に行っています。活動拠点に移動する際などに、ジプニーやトライシクルという乗り物に乗ります。目的地によって料金は若干異なりますが往復日本円で40円くらいで利用することが出来てとても便利です。

1487603163409

続いてショックだったことについてお話します。

私はダンプサイトと呼ばれるゴミ山を実際に見てあまりのゴミの多さと環境の実態にショックを受けました。

私が現在活動しているイロイロ市には、唯一のごみ投棄場となるダンプサイトに、人口50万人が出すごみの90%が運ばれてきます。そして1日に260トンものごみが出ると言われています。日本にいるときは、高く積み上げられたごみの山を見る機会がなかったので、初めて見た時は強い衝撃を受け言葉を失いました。この日はここで生計を立てているウエストピッカーや子ども達の姿を見ることはなかったですが、普段はここで子ども達も両親の仕事を手伝ったり・遊び場としている実態にショックを受けました。

1488093254090

loobでは、そういった状況を改善するため、両親がごみ投棄場で働いている間、小さな子ども達が安全に時間を過ごせるための活動(チャイルドマインディング)を週3回行っています。英語の絵本の読み聞かせや、音楽やダンス、折り紙を使って物を作る楽しさを伝えたりと有意義な時間を過ごせるよう工夫しています。

16707156_10206219363603370_374246039_n

今日紹介したloobの活動は一部にしか過ぎません!

もっとloobが何をしているのか気になったあなた!!

随時質問・ご連絡をお待ちしています!!

次回は、自分自身の変化についてお話したいと思います!乞うご期待を!


[PR]

by loobinc | 2017-02-26 11:59 | 現地スタッフ活動記
SHU 1/5 「LOOBに参加のきっかけ」

みなさんこんにちは!2017年1月からLOOB日本人ボランティアスタッフとして現地フィリピンで活動をしているSHUSUKEです。今回はLOOB日本人スタッフとして参加を決意したきっかけをお話したいと思います。

私は、大学を卒業後、一般企業に就職をして1度転職を経験し3年間社会人として日々仕事に明け暮れる毎日を送っていました。働いていく中で、私は自分の生き方や幸せの在り方について考える時間が増え、このままで自分の人生良いのか?と葛藤を繰り返していました。

そんな日々を過ごす中で、私は仕事の休日を利用しては、趣味である1人旅を通じて国内にあるゲストハウスに足を運び、多国籍、老若男女たくさんの人と交流していろんな価値観や考え方を吸収して自己成長に繋げてきました。

1486980861722

外国人が多く泊まるゲストハウスで過ごす中、英語を話す機会が多くありました。一通り学校で英語を勉強してきたのに英語が話せず通じず、会話に入ることが出来ず悔しい経験をしました。英語力を身に付け会話が出来れば、自分の知らなかった世界を知ることが出来新たな自分の可能性を見つけることが出来ると感じました。この経験から私は、英語の必要さを痛感し英語力を身につけて、今まで行ったことのない海外へ行きたいと強く決意しました。

また、私は子どもが好きで学校教育ボランティアとして子ども達とスポーツや遊びを通じて協調性や体力的な成長などの促進を目指した青少年の教育活動を行っていました。

私は、子どもならではの発想力や多彩なことに疑問を持ち質問を投げかけてくる彼から多くの刺激を受けました。彼らの可能性は限りなく広く、子ども達のために自分が何か夢や良い影響を与える存在になりたいと考えるようになりました。

16683534_10206219346482942_59275142_n

以上のことから私は、青少年教育・国際協力・英語力向上の3つのテーマを軸にして海外でボランティア活動をすることに決めました。

数ある海外ボランティアの中からLOOBを選んだのは、自分の掲げた軸とLOOBの活動内容がマッチしていたことは勿論、最終的には人の魅力でした。私自身、今まで1度も海外に行ったことがなく当初は不安しかありませんでした。

1486983422213.jpg

しかし、実際に現地にいる日本人スタッフやフィリピン人スタッフの方とSkypeを通じて数回に渡りお話を聞くことで安心感が生まれ信頼関係が築かれ、モチベーションを高めることが出来ました。また、日本で事前研修会や経験者の方との交流会が行われ、具体的な活動内容をインプット出来クリアにすることが出来たことで不安を打ち消すことに繋がりました。

この記事を見て自分もチェレンジしたいと思った方!LOOBはあなたを歓迎します!

一緒に現地で活動してみませんか?

次回は現地フィリピンで驚いたこと・ショックだったことについてお話したいと思います。

1486825430855


[PR]

by loobinc | 2017-02-13 12:02 | 現地スタッフ活動記
”ごみ”がポップな商品に JICAの雑誌で紹介して頂きました
JICAの広報誌「Mundi」に世界のフェアトレード製品を紹介するMONO語りというコーナーがあります。
私、小林も昔からよく見ていたコーナーでした。
このほど、2017年2月号にLOOBのジュースパック製品が掲載されました!
わーい、嬉しいなぁ!しかも記念すべき100団体目でした。

プロの方の素敵な写真と文章で紹介して下さって本当感謝です。
★LOOBの記事はこちらから(PDF):
MUNDI 2017年2月号MONO語りの記事

★2月号全体の記事はこちらから:
MUNDI 2017年2月号

★JICA 地球のひろば J's Cafeにも置いてもらってます
https://www.jica.go.jp/hiroba/about/cafe/fair_trade/index.html


また、この記事に使われた素敵な写真の著作権の了承を得ましたので掲載させて頂きます。
写真をダウンロードしてご利用される場合は一度ご連絡下さいませ(info★loobinc.comまで)★を@に換えて下さい。
d0146933_01375539.jpg
d0146933_00013036.jpg
d0146933_23544145.jpg
d0146933_23481120.jpg
d0146933_23445734.jpg

【オンラインショップはこちら】 

廃材から生まれ変わった世界でたった一つの製品たち。

現地の人がごみに新しい命を吹き込んでいます。

たくさんの柄があり事前に写真で選べますので、興味のある方はぜひこちらからお買い求め下さい!

http://loobinc.cart.fc2.com/


[PR]

by loobinc | 2017-02-12 23:33 | フェアトレード&ライブリフッド
フェアトレ生産者インタビュー!
LOOBでは二日に分けて、LOOBのフェアトレード製品の生産者、もしくはこれから生産者になる、フィリピン人の方にインタビューをしてきました!045.gif

今回は、今LOOBで力を入れている、フェアトレードの
ジュースパックプロダクトの生産地拡大のために、ラニットでもジュースパック製品の生産をできないか?ということで、まずは彼らのバックグラウンドを知るために、たくさんの人にインタビューをしてきました!!

d0146933_22491018.jpg
d0146933_22514385.jpg
まず私たちはラニットという場所を訪れました!058.gif LOOBが普段ピアニカクラスをやっている場所もラニットにあります。
しかし、インタビューをした場所は、普段ピアニカクラスをやっている場所とは少し離れていて、そこには
先住民(IP)がたくさん生活しています。先住民は、多くのフィリピン人とは見た目が少し異なっていて、私にとっても彼らを見るのが初めてだったので、かなりいい経験になりました。この村には計100人程度の先住民が生活しており、実際にその中の10人くらいの女性の方にインタビューし、彼らの生活を間近に感じることができました。
彼らは様々なバックグラウンドを抱えていて、中には、街に繰り出し物乞いをすることで生活している人もいました。彼らの受けていた教育はほとんど、小学校でストップしていて、十分な教育を受けている人は少ないようでした。

d0146933_22495858.jpg
こどもたちはいつも私を元気にさせてくれます056.gif056.gif
どんなにいやなことがあっても、この子ども達の顔をみると幸せをもらいます!
ありがとう!!053.gif

インタビュー
をした女性は仕事を持っている人が少なく、LOOBでもこの場所をジュースパックプロダクトの生産地にすることで、彼らに職を与えられるのではないか?と考えています!

次に今日訪れた場所はBuriというところで、4人のペーパービーズ製品(使わなくなった紙をリサイクルして作ったアクセサリー)の生産者にインタビューをしてきました。

d0146933_22584100.jpg
d0146933_22535034.jpg
彼らはペーパービーズを販売することで得られる収入で生計を立てています。私たちの目的は、”もっと多くのアクセサリーを売り、彼らの生活を向上させる!”というものです。そのためにまずはパッケージのデザインから変えたい!!ということで、インタビューを通して、彼らからのメッセージを頂きました。このメッセージをアクセサリー1つ1つのパッケージに入れる予定です。インタビューの間、お母さん(生産者)が涙する場面もあり、幸せとは何かを考えさせられました。
私たちの質問の1つに
”あなたにとって
幸せとは何ですか?”
というものがあり、4人中4人が家族と一緒に暮らせること、子供の成長を見ることだと答えてくれました。私はこんなフィリピンの深い家族愛053.gifがだいすきです!!

d0146933_22554312.jpg

彼らのお父さんはゴミ山でリサイクルできるものを拾いそれを売ることで生計を立てるwaste pickerです。この写真には12歳の女の子が写っていません。お母さん(ペーパービーズ生産者)に聞いたところ、女の子は学校を休んでお父さんの仕事を手伝っているそうです。今日食べる分のご飯がないために12歳の女の子がゴミ山で働かざるを得ない現実、、、彼らのためにわたしたちにできることは何か?を深く考えさせられた1日でした、、、
しかし、私たちにできることは大きな事ではないかもしれません。
あなたがこのフェアトレード商品を手にすることでこのような家庭の支えになることができます。
まずはそこから!!
みなさんもLOOBのフェアトレード商品に出会う機会があれば、ぜひ手に取ってみてくださいね072.gif072.gif058.gif




[PR]

by loobinc | 2017-02-06 23:09 | フェアトレード&ライブリフッド
ドイツから4人の新スタッフがLOOBに参加!


12月にドイツからCynthia, Philip, Nirja, Lisaの4人が新スタッフとしてLOOBに参加しました。
彼らはドイツ政府がサポートしているボランティア派遣プログラム(Weltwarts )から来た若者で、2017年の7月までLOOBでスタッフとして共に活動していく予定です。

d0146933_15004435.jpg
d0146933_15023050.jpg
d0146933_15040333.jpg
d0146933_15070247.jpg


彼らも子ども達が大好きでChild MindingやWeekend Activityなどでも積極的に子ども達に話しかけ、
しっかりと子ども達と良い雰囲気を作りながら、交流をしてアクティビティを進めています。

LOOBは今までフィリピンと日本との協働で進めてきましたが、そこにドイツ人スタッフが入ることで国際色が豊かになるだけでなく、
新しい価値観が入り、活動の幅も広がってきています。

もうすぐドイツ人スタッフが来てから2ヶ月になりますが、これまでにも様々なアクティビティをフィリピン人、日本人、ドイツ人で協力して進めてきました。

最近でいうと年に1度のイロイロの一大イベント
「ディナギャンフェスティバル」がありました。
このお祭りは聖人サント・ニーニョとマレーのパナイ島の到着を祝うお祭りで、先住民とキリスト教の寓話をアレンジした踊りを踊りながら、市内をねり歩きます。

d0146933_15121980.jpg

LOOBもラニット小学校のダンスチームのスポンサーとなって子ども達と一緒に市内を歩きました。
d0146933_15162628.jpg
d0146933_15174139.jpg

私たちは、このお祭りの3日間に渡り、Molo Fesというイベントに参加し、

フィリピン料理、日本料理、ドイツ料理

をみんなで協力して作り、販売しました!
d0146933_14045782.jpg
d0146933_14520879.jpg

ドイツという新しい風が入ってきた今、私たちスタッフも今後、どのようにLOOBが変わっていくのかがとても楽しみです。新生LOOBとしてよりパワーアップした活動にご期待ください!


d0146933_15203093.jpg


日本、フィリピン、ドイツのボランティアやスタッフが一緒に共同生活しているLOOBシェアハウス。
生活面では他国の文化も共有し、アクティビティなどでは協働して活動ができます。みなさんも私たちと共にLOOBを作っていきませんか?

↓ ↓ ↓ ↓

ボランティアスタッフ募集中!










[PR]

by loobinc | 2017-02-02 15:39 | 募集&お知らせ