NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ&募集!
英語研修&ソーシャルアクショ..
at 2017-08-23 19:08
SCN ワークキャンプ
at 2017-08-12 19:59
演劇を力に ~イロイロでの挑戦~
at 2017-07-18 22:21
TAICHI 4/5 「私に..
at 2017-06-28 21:30
TAICHI 3/5 「自分..
at 2017-06-27 19:00
TAICHI 2/5 「フィ..
at 2017-06-23 18:00
TAICHI 1/5 「LO..
at 2017-06-21 20:59
キッズキャンプ2017 ~世..
at 2017-06-15 17:56
ASAKO 5/5 「LOO..
at 2017-06-02 17:41
ASAKO 4/5 「私に影..
at 2017-06-01 13:16
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ASAKO 3/5 「自分自身の変化について」
こんにちは、ASAKOです!

今回はフィリピンに来ての自分自身の変化についてお話したいと思います174.png

まずは私がここに来る前に一番気になっていた英語力について!
私は最初の3週間英語研修&ソーシャルアクションに参加し、今はインターンをしています。たった2か月の滞在で私の英語力は見違えるほどアップしました!…なんてことはありません。英語を学習している人ならだれでも感じることだと思いますが、英語力は急激には伸びません。

しかし、これだけは言えます。英語でコミュニケーションをとることへのこわさ・不安は薄くなりました。英語力が上がったからだけではありません。もちろん、英語を常に使う環境下にあることで、今まで知識としてだけ入っていた単語、文法が使える力に変わってきているのは自分でも感じます。でもなによりも、いくら私の英語がつたなくても聞いてくれる人がいる、何よりも伝えたい、そう思える友達が仲間がここにはいるから。だから伝わらなかったらこわい、間違うのが嫌だ、そんな気持ちよりも先にもっと話したい、という気持ちが沸きあがってそれが原動力になっています。また、きっとそう思えたからこそ、この英語での生活もめいいっぱい楽しむことができているのだと思います。
d0146933_17194259.jpg


そして、一番変わったなと感じるのは、私は「わたし」と思えたこと。これは私の中では本当に大きな変化であったと思います。

フィリピンに行ったら私は真っ黒になって、きっと陽気になって、考えすぎる性格も変わるのかな、変えたいな、いや変わらなくちゃ。そんな風に思っていたけれど、考えすぎる性格は変わらなくて、フィリピンの友達の陽気さに憧れつつもやっぱり私はこのままで、いじられキャラもどこに行っても変わらなくて。肌の色だけは少し黒くなったけれど、やっぱり私はわたし、そう気づきました。
フィリピンに来たから日本と同じ自分ではいけない、そう焦っていた私に教えてあげたい、大丈夫だよって。やっぱり今でも変われたらいいなって、あぁなれたらいいなって思うことはあるけれど、そんな私もふくめて「わたし」。こんな私でもいいんだよって言ってくれる友達がいて、必要としてくれる人がいて、考えすぎる性格だって時には役に立ったりして。

フィリピンに行って現地の言葉が話せなくて、「あぁフィリピン人だったらよかったのに」そう思った時も、でも日本人の私だからこそ伝えられることがある、そう気づけたら私にできることが見えてきます。
「みんなちがってみんないい」そんな小さいころから言われていた言葉を改めて実感しました。
d0146933_17222221.jpg
ここでの経験一つ一つがまた、「わたし」をつくっていくんだな。そう思うとなんだかわくわくして、ちょっとこんな自分もわるくないな、なんて102.png
d0146933_17251173.jpg

ぜひ、あなたも一緒に自分にわくわくしてみませんか?177.png

ただ今LOOBでは英語研修&ソーシャルアクションの参加者を募集中173.png173.png



[PR]

by loobinc | 2017-05-28 16:55 | 現地スタッフ活動記
ASAKO 2/5 「驚いたこと上位3位!」
みなさんこんにちは、ASAKOです102.png

第二回目の今回は、フィリピンで驚いたこと・ショックだったことについてお話します!

フィリピンでの生活は、驚きと発見の毎日!その中でも特に、私が驚いた3つをご紹介します!

第3位 ごみ問題

フィリピンに来て2日目のこと。ジプニー(日本でいうバスのようなもの)の運転手さんが窓からをごみをポイっ。これは私にとってはとても衝撃的でした。こんな風にものを捨てることが普通になってしまっている、どこに行ってもごみが落ちている、と聞いたときはショックでした。最近は学校でもごみを捨てないように等の教育が行われているそうですが、身近な大人がごみを捨てていたら、ごみが落ちていることが当たり前になっていたら、難しい。私は今何もできないと思いながらも、ごみに囲まれて楽しそうに遊ぶ子ども達を見ていたら思わずどうにかしたいと思いました。

また、以前行ったダンプサイトツアーでは現実を目の当たりにしました。テレビ・新聞でしか知らなくて、どこか遠い問題だと感じていたものが目の前に突き付けられたとき、これは実際に起こっていることなんだと感じました。何も知らないまま終わらなくてよかった、そう思いました。フィリピンのいいところ、きれいなところはもちろん知りたい、でも私はただ観光をしに来たわけではないから。こういった問題を知ってこそもっとフィリピンのこと、ここで生活している人のことを知ることができるのだと感じました。
d0146933_13500447.jpg

第2位 フィリピンキッズ

ここに来てから、フィリピンキッズには驚かされてばかりです。特に私は、学童、キッズキャンプ等、子どもと関わる活動をしているので、子ども達の力をひしひしと感じます。日本にいたとき、この年齢でできることはこれくらいかな、そんなことを考えていたけれどフィリピンの子どもはいつもそれを超えてきます。キッズキャンプのこと、子ども達は張り切ってフィリピン料理を作る!とのこと。でも私は作り方がわからずあたふた、それでも子どもたちは「あさこは食べるだけでいいよ、私たち自分でできるから!」とにっこり。なんてたくましいんでしょう、フィリピンに来て一番おいしいご飯をいただきました。
d0146933_14244036.jpg
土砂降りの中、子ども達をどう誘導しようと悩む私をしり目に子どもたちは「あさこ大丈夫?」「私たちシャワー浴びてくるね!」と一言。みんなで支え合って、考えて、行動できる子ども達。何と言うのが正しいのか分からないけれど、日本の子どもたちは常に守られていて、守られていることが当たり前になっていて…。もちろんそれも時には必要で大切だけれど、フィリピンの子ども達を見ていると、子どもの可能性ってやっぱりすごいな、無限大だな、そう改めて思わされるのです。
d0146933_14375986.jpg


第1位 スローライフ

フィリピンに来て一番感じること。ここはいつだってスローライフ、時間がゆっくりと流れている。来たばかりのころ、何をするでもなくぼーっと過ごす時間に「今は何をする時間なのかな?」と思ったこともありました。レジの長い長い列とそれでも焦る様子のない店員さんを見て、日本だったらこの半分の時間で終わるのにと思ったり、時間にルーズな友達を見て焦ったり。でもそれで文句を言ったり、イライラしたりしている人はいなくて、結局何がいいんだろうと考えたりもします。もちろん日本の時間を守る、時間を大切にする、そう言った感覚は絶対に忘れてはいけなくて、私も大切にしたいことです。でもなぜだかときどき時間に動かされている気がすることがあります。私が今感じているスローライフはきっと、ここの人たちの心の余裕に支えられているのだろうと感じる今日この頃です。

時には時間に身を任せてみるのもいいかも、スナックとコーラを片手に空を見ながら話をする、そんな時間も無駄ではないそう感じられたのはきっとここだから。
このここでの衝撃はきっと、私の人生を変えるかも、プラスになるかも、ちょっと大げさかもしれないけどそんなことを感じています。
d0146933_14242604.jpg
最後まで読んでくださってありがとうございます!

感じることは人それぞれ、きっと新しい発見があなたを待ってます177.png

ただ今英語研修&ソーシャルアクション(ESAP)の参加者を大募集中!
気になったあなたはぜひチェック173.png





[PR]

by loobinc | 2017-05-27 13:28 | 現地スタッフ活動記
ASAKO 1/5 「LOOBに参加したきっかけ」
みなさんこんにちは、ASAKOです102.png

私は初め英語研修&ソーシャルアクションに参加し、その後ここLOOBでインターンをしています。第一回目の今回は、私がLOOBに参加したきっかけをお話したいと思います!

まず初めにきっかけをお話するにあたって欠かせない「トビタテ!留学JAPAN」について少し!
私はこのプログラムの6期生としてLOOBに来ました。このプログラムは、学生対象の官民共同留学促進キャンペーンです。

詳しく知りたい方はこちら165.pngトビタテ!留学JAPAN HP

このプログラムの特徴は、留学のテーマ、国、期間、活動内容を自分で自由に設定できることです。私のテーマは「日本の子ども達が自分を好きになれる教育」を見つけること!私は大学で教育を学んでおり、本来ならば大学4年生になる今年1年を留学のため休学するという決断をしました。

d0146933_21153352.jpg

振り返れば、「自分をもっと好きになりたい」そんな私の幼いころからの願いが、きっとすべての始まりでした。「自分をもっと好きになれたら幸せなんじゃないかな、かけがえのない私、かけがえのないあなた、そんな風に一人一人を認められたらもっと素敵な社会になるんじゃないかな。」そんな思いと日本の子どもたちの自己肯定感の低さという現実がシンクロしたとき、自分が大嫌いだった私だからこそ見つけられる答えがあるのではないかと思いました。

d0146933_22185275.jpg


どこに行ったら、何をしたら、私が知りたい答えが見つけられるのだろう、そう悩んでいた時、一人のフィリピンの男の子に出会いました。「日本の子ども達って幸せなの?」そう問いかけてきた彼に、私はなにも言うことができませんでした。日本はたしかに物質的に豊かで、教育水準も高い、じゃあなにが足りないんだろう。日本の常識、今までの私にとらわれない幸せの形がそこにあるのなら、彼らが感じているのなら、行きたいと思いました。それが私の探している答えの土台になると思ったから、そして純粋に知りたいと思ったから。

そしてそんな彼らと、世界中の人と、コミュニケーションをとるのに欠かせないのが英語です。私の疑問の答えを見つけたい、英語も勉強したい、ここまで読んでお分かりいただけたと思いますが、そんな私の願いのすべてを叶える場所を見つけるのは容易ではなく、長い時間を費やしました。

そしてやっと、やっと、たどりついたのがここLOOBです!

d0146933_21473237.jpg

長くなってしまいましたが、これが私がLOOBに参加したきっかけです!

最後まで読んでくださってありがとうございます!次回は、フィリピンで驚いたこと、ショックだったことについてお話したいと思います174.png

LOOBに興味がわいた!もっと知りたい!という方はぜひこちらをチェック↓
英語研修&ソーシャルアクション(ESAP)の参加者大募集中173.png




[PR]

by loobinc | 2017-05-22 10:27 | 現地スタッフ活動記
2017年度の教育サポーター募集中!

皆さん、こんにちは!日本に帰省中のユキエです。

北国は今日、全国最高気温30度を記録しております。


さて、フィリピンも夏休み真っ盛りで、来月から始まる新学期に向けてLOOBでも準備をスタートしました。

今日のブログでは、教育サポートって実際どんな活動なのか?を知って頂ければと思います。


2017年度の教育サポーター募集中!
179.png教育サポート会員振込先179.png

http://www.loobinc.com/loobjapan.html


昨年度は、全部で74名の子ども達を応援しました。

内訳は、5地域にわたり、小学生23名、高校生48名、大学生3名です。


どんな地域の子ども達かというと、漁村のタラバハン村とナムコン村、ごみ山のカラフナン村とナバイス村、この4つはもう10年ほどの繋がりがあります。

これに加えて、昨年からは先住民コミュニティのラニット村での活動もスタートしました166.png

d0146933_16592216.jpg
d0146933_16563217.jpg


【ラニット村ってどんなとこ?】


新しい支援地域であるこの村は、市内でも最貧困レベルにある先住民の家族(25世帯)を数年前から受け入れて、新しくコミュニティを創生している最中です。再定住区地なので、政府によって土地があてがわれてますが、家族を支えるほどの職はありません。


LOOBはドロップアウト児を支援する教育省(DepED)の就学プログラムAlternative Learning System(ALS)の一環として、この村のリーダーと共に、生計支援と教育支援を行うことになりました。

(この活動は、2017年度の「JICA世界の人々のための基金」から助成を受けることも決まりました!)


実は、私たちは昨年夏以降、この村を頻繁に訪問し、信頼関係を築いてきました。

私たちの活動モットーは「一方的な支援でなく、現地の人と共に学び成長する」です。

支援を与えるだけでは長続きしないことを経験から良く知っています。

LOOBのスタッフやボランティアたちがGive and Take, Teach and Learnという土台をコミュニティで作れて、初めて支援が有効に使われます。


この村で、今年はまず、10名の子ども達の支援をスタートします。
d0146933_16461601.jpg


【教育サポートとはどんな活動?】


さて、教育サポートというのは日本のサポーターから頂いた15,000円を現地の子ども達の教育に使う活動です。
支援活動を行っているのは5つの地域に及ぶので、それぞれ土地の特徴がありますが、選ぶのは「学業の継続が困難な、かつポテンシャルの高い子ども達」。そしてコミュニティの大人の向上心が高いというのも選考ポイントです。

教育サポートの1年間のプロセスはこうです↓177.png

●6月:子どもを学校に行かせたいと願う大人に、教育の重要性をしっかり理解してもらいます。
●8月:日本のサポーター会員の方にお礼と自分の近況をお手紙に書きます。

●年2回の金銭的な援助

●LOOBの日本人や外国から来た有志のボランティアのお兄さん&お姉さんが企画する週末アクティビティに参加

(実践的な英語力、表現力、社会性、ライフスキルを身に付け、スタッフ側の定期モニタリングの役割も果たす)

●12月:日本のサポーター会員の方にクリスマスカードまたは動画メッセージを送る
●3月:1年間の成績表をLOOBに提出
●5月:夏休みに無人島キッズキャンプに無料参加!

今年のキッズキャンプは来週5月13日〜15日!ということで、今まさにスタッフが準備中です!
というわけでいかがだったでしょうか?

皆さまから頂いた15,000円は、1年間を通じて、子ども達の能力引き上げのために有効活用されてます。

今年も80名近くの子ども達を支援するため、引き続き、教育サポート会員を募集中です。

昨年からクレジットカード決済も導入いたしましたので、ぜひ1年間のサポート会費(15,000円)でご協力頂ければと思います!


2017年度の教育サポーター募集中!
179.png教育サポート会員振込先179.png

http://www.loobinc.com/loobjapan.html


d0146933_16481397.jpg



【カレンダー募金結果報告】

この教育サポート事業は、日本のスポンサーの協力のほか、カレンダー募金にも支えられてます。
 

昨年暮れに皆さんにご協力頂きましたカレンダー募金プロジェクトは、総勢220名の方から450冊(360,000円)の申込みがあり、募金額107,000円と合わせた合計収入が462,500円となりました。製作費&配送費等を引いた248,348円が今年の教育サポート基金となり、6月の新学期から16名を学校に行かせることができます。


制作してくれた方、買ってくれた方、お友達に宣伝してくれた方、発送してくれた方、本当にたくさんの方々の協力があって実現できました。ありがとうございます!



[PR]

by loobinc | 2017-05-04 16:14 | 教育サポート