NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
防災リーダー養成:トビタテ奨学生によるプロジェクト
文部科学省トビタテ!留学JAPANの奨学生としてLOOBに来ていた櫻井翔太君(麗澤大学)が任期を終えて帰国しました。
翔太君は、「防災とディザスターツーリズム」をテーマにして「フィリピンでの災害対応リーダー養成プロジェクト」を実施していました。約11ヵ月にわたる彼のプロジェクトをご紹介します!

この童顔マッチョが翔太君です↓☆☆☆
d0146933_15495758.jpg
いわき市出身の彼は、日本での防災活動をフィリピンで伝えるべくこのプロジェクトを始動しました。
まず来比から数か月はLOOBの通常の活動と並行して、調査活動を実施。
エリアの選定に関してすったもんだもありましたが、最終的に以前LOOBが台風の緊急支援を行ったコンセプション町を選びました。

ただ、LOOBとしては、活動地とキーパーソンを紹介するだけ。
あとは翔太君が月に2回、毎週3時間かけてコンセプション町に通い、独自の災害対応についてのワークショップを実施していきました。
d0146933_16235365.jpg

自身で人脈を広げ、公立高校で災害対応に興味のある子達21人を集めてきたばかりか、さらに噂を聞きつけた隣の高校のチャーリー先生がボランティアで参加してくれました。
最初の頃、まだ英語でのコミュニケーションもままならなかった彼が、よくここまでセッティングできたと思います。
努力もありますが、なにかこう、引き寄せ運の強さを感じます。

そして、通常のLOOBの活動を通して、英語力やコーディネーション力をどんどん伸ばしていき、災害対応に必要なワークショップを実施していきました。

d0146933_16090256.jpg
(ワークショップのテーマは以下の通り)
〇自助&公助の考え方 
〇ファーストエイド 
〇家庭での減災方法 
〇救援活動の決断と多様性 
〇被災者とのコミュニケーションの取り方とストレスマネジメント 
〇二次被害の防ぎ方
などなど。

そして2017年7月末には、この21人の中から選ばれた3人の高校生をレイテ島タクロバン市まで連れて行きました。
このプロジェクトの集大成を拝見するために、私も在日18年で初の東部ビサヤへ!

(*タクロバン市は2013年は11月に巨大台風に襲われ、高潮などで約6,000人の方々が命を失った場所です。
同じ台風の被災地であるパナイ島のコンセプション町は、農業被害、家屋被害が壊滅的な被害にあいました)

3人の生徒、翔太、私、そしてチャーリー先生の6名でタクロバン市まではフェリーとバスを乗り継いてなんと27時間の旅!到着して、まずは美しいサマール~レイテを繋ぐ橋で記念撮影。
d0146933_15485906.jpg
それでは翔太に今回のツアーの目的を説明してもらいましょう。


「今回のツアーの目的は、ディザスターツーリズムが人に与えらえる災害の危機感と、そこから自分ごととして他人に伝えらえる、より防災に力を入れる機会になってほしいと思って実施しました!」

d0146933_15493639.jpg

ツアーの内容もシンプルに構成されています。

①NGOによる住居(恒久復興住宅)の訪問
d0146933_16095368.jpg
②町役場の防災&災害対応の取り組み
d0146933_16100506.jpg
③被災経験のある高校生との意見交換会
d0146933_16093904.jpg
④集団墓地、慰霊碑の訪問
d0146933_16104540.jpg

このツアーで私自身も、当事者の言葉に触れ、感動しました。
それぞれに共通しているのは、「誰かがやってくれる、ではなく、自分がやる」、という姿勢が見れたことです。
(これは防災に限らず、積もりまくるフィリピンの社会問題を解決するのに一番大切な態度で、私がスタッフにも参加者にもLOOBキッズにもいつも問いかけている姿勢です。)

●タクロバン市防災局職員の言葉。
「良いリーダーになるには、まず自分の考えだけじゃなく、組織のいろいろな意見を吸収することだ。そして強いチームを作り、自分もタフになることで災害が起きたときに助けが必要な人を救うことができる」

●タクロバンの高校生から。
「災害意識を上げていくには、バランガイや学校レベルでの啓蒙活動が大切なんだ。誰がそれをやるのかって?それは自分たちだよ。さらに多くの人達を啓蒙していくためにトレーニングを定期的に受けたり、チラシやポスターで普段から人々の意識を高めていくことも大切だよね」

●ツアー参加のコンセプション町の高校生A
「防災局の職員の話を聞いてヨランダの後、行政がNGOと協力してトレーニングを実施したんだけど、バランガイのスタッフがなかなか本気で取り組んでくれないことがあったんだって。行政やNGOがお金と時間と知識をつぎ込んで計画しているのに、バランガイのスタッフの態度によって知識が住民に行きわたらなくなるのは、とても残念なことだと思う」

●ツアー参加のコンセプション町の高校生B
「タクロバンの高校生と初めて出会ったけど、自分の被災経験をすぐにストレートに共有してくれて嬉しかった。私たちも同じヨランダの台風被害を受けたけど、タクロバンは人への被害も大きかったし、私たちの地域の被害とは比較にならなかったわ。被災経験を教訓に変える力、さらにそれを他人に伝えようとする力に感銘を受けた。私も恥ずかしがりやを卒業して、コンセプションに帰ったら家族や友達にこのツアーの経験を全部共有しようと思う」

●ツアー参加のコンセプション町の高校生C
「防災の職員から学んだことは災害の時に、災害対応に関わる人はまずSelf-help、他人に頼らず自分のことは自分で助けれないといけないということ。あと高校生から学んだことは、どんな辛い状況でも希望を捨てない心を持って、周りの人と協力すること。同じ台風でも被災の状況はやはり全然違った。自分の家も倒壊して当時はかなり落ち込んだけど、ここに比べれば被害は少なく、命があることで自分にできることがある、という希望に繋がった」

●素晴らしき翔太のサポーターとなったチャーリー先生から
「自分はミンダナオ島で育って内紛も見てきたので、純粋に人々の命を助けたいという想いがある。地元の防災や赤十字にもボランティアで積極的に参加してきた。翔太が実施したワークショップから自分もたくさんのことを学んだよ。また翔太が自分を必要としてたらいつでもオレを呼んでくれ。今回タクロバンにまで一緒に来れて本当に感謝している」

●最後は、このプロジェクトを完遂した翔太から!
「1月から実施してきて、彼らの口から出てくる言葉が少しずつ変わってきた、その変化が見れたのが成長している過程が見れた。
自分のやってきたことが意味のあること、その人にとってためになっている感覚があり純粋に嬉しい。
今回ツアーに参加してもらった3人が、残りのメンバーや周囲にどのように影響を与えていけるかというのが楽しみです」
d0146933_16225084.jpg


若者の防災リーダーを育てたい!という彼の情熱が、どんどん地域の人々を巻き込んいきました。
コンセプションも、タクロバンも、大災害の悲しみからようやく抜け出しつつあり、被災経験が個人やコミュニティの教訓となってきている。特に私が出会ったタクロバン市の防災職員、学生、住民、ひとりひとりの言葉に悲しみに反して、防災に向けてのみなぎる自信と覚悟、のようなものが感じられました。

災害はいつ起こってもおかしくないもの。
東北のボランティアバスを利用したときも思いましたが、被災現場に残る記憶に触れることで、次に来たる災害に立ち向かう準備となるディザスターツーリズムがもっとフィリピンで普及すればよいなと思いました。

翔太、本当にお疲れ様でした。
LOOB代表:幸恵より

【LOOBで活動してみたい方へ】
自分を他者のために生かすことを考える、無二の経験を↓↓↓
LOOBインターン&スタッフ募集!



[PR]

by loobinc | 2017-08-25 17:53 | 現地スタッフ活動記
<< 英語研修&ソーシャルアクション... 英語研修&ソーシャルアクション... >>