人気ブログランキング | 話題のタグを見る

NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
外部リンク
記事ランキング
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
セント・ドミニク孤児院
カズです。
Asilo de Moloでのクリスマスイベントが終わり 、なかなか登場しないセントドミニク(女の子の孤児院)の18人の子どもたちにギフトを届けるべく、わたしたちは施設に向かいました。

後でわかったことですが、
マジシャン協会の方々はその日の朝までイベントのことを知らせておらず
先方は先方で自分たちのイベントがあり
そんないきなり朝言われても対処できなかったわけででした…。

どーりで! 笑

孤児院に着くと調度イベントが終わりにさしかかっているところで
終わってから中にはいるとピンクや白や赤のかわいいスカートをはいた女の子たちが
かわいい笑顔で迎えてくれました。

プレゼントを渡して笑顔いっぱいの写真を撮ったら
今度は彼女たちがパフォーマンスをしてくれました。
セント・ドミニク孤児院_d0146933_340864.jpg


クリスマスなのでイエス誕生のお話を歌い演じてくれました。

その際、歌の合間に2人の女の子が自分の名前と年齢と施設にきた経緯、
自分の思いなどを私たちの前で語り出しました。
一瞬、どきっとしました。

でも、両親と暮らせない哀しみを嘆くのではなく、その状況にあっても
「自分に与えられた恵みを本当に感謝している」という言葉を聞いて
すごいなあと思ってしまいました。

私は家族と一緒に過ごして育ってきたから
彼女たちがどんな気持ちなのか想像することしかできないし
想像だけじゃ本当のところはわからない。

その境遇の子たちが不幸か幸せかということも
私が決めることじゃない、って
今まで考えられなかったし、あえて考えなかったつもりでした。

でも正直に言うと
あの言葉を聞いて、わたしは単純に
すごいというか強いというか
そんな風に思ってしまいました。

宗教や教えも関係しているとは思うけど、
どんな状況でもそんな風に今あるものに感謝できるところが。

そしてそういうことを人に伝えるって、
心がごちゃごちゃしたままだとできないように思います。

ただ、
フィリピン人ボランティアのベッチやクリスチャンやマキちゃんは
自分の境遇を他人に伝えるのは、
自分自信を哀れむようになる可能性があるからよくないという意見でした。

人に不幸を訴えて哀れみを乞うなんてとんでもない。

言葉にすること自体は、精神面のケアでむしろ大事なプロセスの一部かもしれないけど
それを部外者である私たちに向かって言わせる必要はない、と。

確かに。
彼らを通じてその点に気づけてよかったし
人生に前向きでいようとする姿勢に改めて感心してしまいました。

日本人の感覚だけだと見落としていたかもしれません。

話は戻りますが、帰る前に子どもたちと一緒にジャンピング写真を何枚も撮りました。
飛んで写るのはひさしぶりだしみんなもすごく楽しそうな笑顔でした。

一緒に飛んだり跳ねたり、それだけでぐっと距離が縮まって
ほんのちょっとでも
そんな風に楽しい時間を共有できてうれしかったです☆
セント・ドミニク孤児院_d0146933_3403874.jpg


by loobinc | 2008-12-15 01:20 | その他イベント
<< アンヘリト→ジュースパック→パ... マジシャンと、Xmasコラボイベント >>