NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Angelito君、その5(入院)
両足の義足は無事に完成。
次は足がうまく義足に収まるよう、突起した部分を切除することになりました。

5月28日から入院検査がスタートし、手術は5月30日。
私たちスタッフ/ボランティアも他に活動があるので、なかなかお見舞いには行けませんでしたが、手術の夜に病院に行くことができました。

この病院は州立病院なので、本当に簡素な設備しかありません。
患者の待合室もないし、トイレも不衛生です。

フィリピンでは完全な医薬分業なので、薬はもちろん、消毒液やコットン、注射器、グローブといったものも、付き添い人が病院の近くにある薬局で購入しなくちゃいけません!
看護師はいるけど、患者の身の回りのことは全て付き添い人が行います。

でも付き添い人用のベッドはなく、ナナイは椅子で寝ていると行ってました。
私たちがお見舞いに行ったとき、ナナイがとてもやつれていたのでアンヘリト君のことよりも心配してしまいました。

で、アンヘリト君は、この通り。
もっのすごく暇そうにしていました。笑
d0146933_1833877.jpg


この病室は整形外科の患者さんでいっぱいでした。
病室は薄暗くて、テレビもないし。
オープンな作りなので、排気ガスの外気が入ってくる。

患者さん達は何をするでもなく、時間が過ぎ去るのをただただ待っている
といったな感じで、満室なのに「し~ん」とちょっと不気味。
うわ~っこんな空気を吸うだけで、ちょっと気がめいってしまいます。

アンヘリト君が退屈そうなので、この後に絵本を差し入れました。
退院は6月2日の予定です。。。!
[PR]

by loobinc | 2008-05-29 18:02 | 医療サポート
Capacity Building Camp(裁縫キャンプ)
裁縫プロジェクトを拡充!!
LOOBでは昨年からスモーキーマウンテンがあるカラフナンで、ジュースパック製品の製作&販売協力してます。
今年は「公益信託今井記念海外協力基金」というところから助成金を受け、同事業を拡充することになりました。

裁縫グループである「CSNリサイクラーズ・アソシエーション」では、その名の通り、これまでは「リサイクル」をコンセプトにごみ山から回収したジュースパックの製品しか作ってなかったのですが、客層が限られるので、普通に洋裁ができるようになりたいという声がありました。

そこでLOOBのカウンターパートコミュニティであるナムコン村でTシャツ、シャツ、ズボンの製作を指導することになりました。
カラフナンからは11人参加。教えるのはナムコン村の裁縫を仕事にしているナナイ達6人です。

「Capacity Building Camp(裁縫キャンプ)」
5月21日~27日の日程で、トレーニーのナナイ達は一度も家に帰らない!という意気込みたっぷりの裁縫キャンプです!!

裁縫キャンプ スケジュール
    5月21日(水) 顔合わせ&オリエンテーション
Day1:5月22日(木) ナムコン村到着
               開会式
               オープン・フォーラム(各自、問題点と目標を明確化)
Day2:5月23日(金) 裁縫技術トレーニング
Day3:5月24日(土) 裁縫技術トレーニング
Day4:5月25日(日) チームワーク・ビルディング・アクティビティ
Day5:5月26日(月) 裁縫技術トレーニング
Day6:5月27日(火) 閉会式

1日目はまず、開会式のオープンフォーラム。
(トレーナーと各自の課題について話し合う↓)
d0146933_1552817.jpg

2日目からは裁縫の練習をスタート。
(トレーナーがお手本を見せています↓)
d0146933_14474571.jpg

(夜は歌ったり踊ったり楽しいひと時↓)
d0146933_1593494.jpg


★チームビルディング
Capacity Building Campということで、裁縫技術の向上だけでなく、組合運営に必要なメンバーの信頼関係を向上させるためチームビルディングもしました。
いつもはジョーク飛ばしながら裁縫作業やっているナナイ達ですが、何か問題が起こったときにどう解決していくか?これがポイント。

実施したのは以下の3つ。
1.「生卵をストローにつつんで、地上に落としても割れないように工夫せよ!」
d0146933_14501640.jpg

2.「チーム全員が紐に触れないようにくもの巣を通る。1人でも触れたらやり直し!」
d0146933_216318.jpg

3.「チーム全員が目隠ししてロープで四角形を作る!」
d0146933_14504776.jpg


と、達成不可能率100%な指令がでてきます。
最初にチーム全員で話し合い、実際にやってみる。
話し合いでは上手くいってても実際にやるとなかなか上手くいかない。
そのあと、どうしてうまくいかないか反省会。

同じ目標に向かいながら、複数のアイデアから最良のものを選ぶ。
「意思決定手段と実践の方法」を楽しみながら通して学んでいきます。
自分たちで問題を見つけ、解決していく方法を身に付けていくのです。
2つ目、3つ目とやってくうちに、確かにチームになっていった気がします♪

そうして全日程が終了し、今日がクロージングセレモニー。
ナムコンキッズ、ガールズ、ナナイ達がそれぞれ踊りを披露!!
修了証書を渡して、写真撮影して無事終了です!!

<追記>
報告が遅れましたがCSNは5月から街の中心部にオフィスを構えました。
ナナイ達は、着実に自立に向かっているんですヨ。

ジュースパック製品はこちらからご購入いただけます。
http://www.loobinc.com/fairtrade/main.html
(500円から)
[PR]

by loobinc | 2008-05-27 20:47
Thank you Letter
昨日は学資援助を受けているカラフナンの子供たち30名と、スポンサーに送るお礼の手紙を作成しました。

*今年からスポンサーと子供の関係はプール式支援となりますが、お礼の手紙を書かせることで「外国から支援を受けている」という意識をもってもらい勉強に励んでもらうため、今年も続けています。

さて、お礼の手紙では紙の上半分に手紙を書いて、下半分に絵を描きます。
高学年の子達は問題ないのですが、ほとんどの子が低学年。つまり英語があまりできない!!

なのでマニラペーパーに例文と参考になる絵を書いて黒板に張りました。
それでも、私の名前は○○です。とか、家族は○人です。とかの簡単な文章もなかなか進まない。

僕が見てた子はアルファベットすらしっかり書けませんでした。
本当は書ける年齢なのに。
イロンゴ語がわからないのが悔しい!!

d0146933_21142520.jpg

ボランティアやナナイに教えてもらいながら、少しずつ少しずつ手紙が完成していく。嬉しい!
無事全員終わって、一人ずつ写真を撮って、記念に鉛筆やペンなどの文房具をプレゼントして終わりました☆

この手紙が日本のスポンサーに届きます!
[PR]

by loobinc | 2008-05-22 00:21 | 教育サポート
14th English Activity
先日のLOOBの週末ボランティアが教育省のプログラムから認知されました。
レイモンドさんという小学校の先生がいて、その方の協力です。
彼自身も教育省の子供向けプログラムを担当しています。
熱心な先生です。

17日は教育省のプログラムに招待されました。
正確に言うとプログラムの修了式でしたが、その中でLOOBボランティアも1時間ほど時間をもらったので、折り紙教室をしました!
d0146933_15565370.jpg

ナムコンキャンプでの経験を生かし、簡単な折り紙をやっていたら、簡単すぎる!ということで普通に鶴を教えました。みんなレベル高いなー。

その後はお役所お得意の長い長い挨拶が何人も続き、睡魔が友達のたかやんは起きているのが精一杯でした(笑)

そして子ども達がダンスを披露してくれました!
曲はおなじみケンボットとパパイヤです♪

最後に俺達から鉛筆セットやおもちゃ、ぬいぐるみをプレゼントしました!
d0146933_15551098.jpg

ちなみにこれらのプレゼントは日本から送られてくる物資寄贈で成り立っています。
ちゃんと子供たちに届いているんですよー♪

 ・ ・ ・

そして今日はLOOBの週末アクティビティー。
カラフナン(ゴミ山)までレイモンドさんも見に来てくれました。
(見ていただけではないですが笑)

今日は約60人集まりました。すごい人数です!!
English Activityは6歳以下の子供には難しいので、年齢で2つに分けました。
そしてオレは6歳以下担当。そこはまさに幼稚園(笑)

おとなしい子、走り回る子、すぐ部屋から出て行っちゃう子、叫んでる子、みんなそれぞれ個性があって可愛い♪
ただコントロールするのはめちゃくちゃ大変です・・・。幼稚園の先生って大変だろうなー。

前日のミーティングで子供たちに用意したのは、塗り絵と絵本の読み聞かせ。
d0146933_1559415.jpg

無事それらは終わったんですが、時間が余ったので、歌を歌ったり、アルファベットを教えたり、ゲームして遊んだりしました。

アルファベットの時、「Aの次分かる人~!?」って質問して、「はい!B!!」って言った子に黒板に書かせたらDを書きました(笑)可愛い。。。
d0146933_15543968.jpg


年上の方のアクティビティも終わったようなので、マスフィーディング(栄養食配給)へ!

今日のメニューは、鰯&卵&ニンジンのミックス・サンドイッチとチョコレートライス!
(フィリピン名、度忘れ)チャンプラード?
d0146933_1612793.jpg

チョコレートライスですよ、みなさん!!

見た目は、「うわー、やっちゃたなこれー。」って感じですが、食べてみると意外といける☆
おはぎみたいな感じでしょーか。子供たちにも人気でした。

以上、今週のウィークエンドでした♪
d0146933_1604361.jpg

[PR]

by loobinc | 2008-05-18 23:09 | 英語研修&週末ボランティア
Department of Education
今日は教育省主催のフォーラムに参加してきました。

まぁ色々あって、簡単に言ったらカラフナン(ゴミ山)で行っているLOOBのキッズアクティビティが教育省のお墨付きをもらったわけです!!
d0146933_0215443.jpg

式の最初に、司会者が出席者の名前を呼んで、
呼ばれたら立ち上がって周りから拍手を受けます。

司会者「(フィリピン人の名前)」

   ・
   ・
   ・

司会者「Yukie Loot」

スタッ(ユキさん立ち上がる)

パチパチパチ・・・


司会者「Homma Kahori」

スタッ(本間ちゃん立ち上がる)

パチパチパチ・・・



(やっべー!出席表に名前書いた順番からいって次は俺だ!緊張してきた・・・!)

ドキドキ・・・



司会者「Ami Yamada」


・・・ん?俺は?



あー、多分一個飛ばしちゃったんだなー。
司会者「Goldbark~(ベッチ)」


はーい、またしても来ましたよー。俺の時代
教育省にシカトされるとかどんだけ~

まぁ実際大爆笑ですけど(笑)


その後は組織の説明受けたり、おやつ食べたり。市長さんの話聞いたり。

ちなみに市長さん遅刻しました(笑)フィリピンターイム

そして一人一人にバラを渡され、壇上まで歩いていき、それを活けた。
d0146933_0364163.jpg


最後にでっかい紙に手形スタンプ!!
ペタッと手形を残してきました♪
d0146933_026517.jpg

あと帰りに川の氾濫で水没してる家を見ました。
ここ最近雨が凄いですからね。今も激しく降っています。
中国の地震やミャンマーのサイクロンとかの自然災害を身近に感じました。
こんな時こそ世界が一つとなって協力し合わないと!

TAKA
[PR]

by loobinc | 2008-05-14 20:59 | その他イベント
Volunteer Staff
今日は新しいボランティアスタッフ(ボラスタ)AMIさんをイロイロ空港に迎えに行って来ました。
しかし、飛行機が遅れて4時間待ちました(笑)

俺は、待つのは別に苦にはならないのでそれは問題ないのですが(ぼーっとしたり考え事したりできるから笑)、自分の帰る時の事が少し心配になりました。

国内線の遅れで国際線に乗り遅れるとかシャレにならん!!
1日前にマニラに行っといた方がいいのかな。

って今からこんなこと心配してもどうにもならない!
もっと「今」を楽しまなくちゃ!!

俺がフィリピンに来てから3ヶ月半経ちました。
どんな事に参加したのか振り返ってみると、

・カラフナン(ゴミ山)でのイングリッシュアクティビティと栄養食配給
・ナムコン村でイングリッシュアクティビティ
(1週間交代でほぼ毎週)
・ESTプレキャンプ
・ギマラスキャンプ(マングローブ植林)
・パナイキャンプ(小学校建設)
・スタディツアー(都市貧困学習)
・山口県青年会議所来訪
・フリーマーケット
・フェアトレード
・学資援助
・アンヘリト君に義足プレゼント
・報告書作成
・ニュースレター作成
・SURVEY
・etc...

色々な経験させてもらってますね!
役に立ってるかどうか別にして(笑)

あ、そうそう。
昨日の空港の帰り、一人の見知らぬ男性がLOOBの車に一緒に乗りました。
飛行機が遅れて夜ももう遅く、Taxiがもうないそうです。
市街地まで送り、降りたときに男性がお金を渡そうとしたけど、Johnさんはかたくなに断りました。
あげる!いらない!の一悶着がとても笑えました(笑)
二人とも笑っていました。俺も何か幸せな気持ちになりました♪

TAKA
[PR]

by loobinc | 2008-05-13 11:42
Philippine Time
今日の朝はアンヘリト君の診察で病院へ。


待ち合わせは病院前に9時。しかし20分過ぎても来ない。
そこで、病院で待つ組と、迎えに行く組に分かれ、俺は迎えに行きました。

カラフナンに着き、ベッチが走って呼びに行きました。

ん~なかなかこないな~。

お!来た!っと思ったら、今日はなぜかナナイではなくタタイ(お父さん)でした。

そして二人を連れて病院へ戻るとなんとそこにはナナイが!!

え!?なんで!?

状況がつかめない俺。


どうやらナナイ、今日病院に行くことをすっかり忘れてたみたいです(笑

なんで病院にいたかというと、病院の近くの学校に子供達の進学手続きをしに来てて、偶然病院の前を通ったそうです。
そこを偶然、病院で待っている組が発見して追いかけたと言う訳です(笑
すごい偶然ですよね!

でもその時すでに10時。先生との約束の9時に1時間遅れてるよ~って思ったら先生も1時間遅刻してきました(笑

まさにフィリピンタイム!!(笑

そういうやここにはバスとか電車とか、時間通りに動くものがないしね。あっても遅れてきそうだけど(笑


あ、アンヘリト君のお兄ちゃん、ラファエルが経済的事情からか高校に進学せずに仕事を手伝うと言っていたんですが、親戚の援助のおかげで高校に行ける事になったみたいです!!
おめでとー!

ちなみに高校といっても日本の中学生の年齢ですからね。13~16歳まで。12歳で働く決意をしていたって凄いですよね。


あとタタイが仕事中、釘を踏んでしまって足に刺さったみたいです。

そりゃ痛い!!

歩くのもつらそうなのに、ゴミ拾いの仕事できるのかな?
心配です。
[PR]

by loobinc | 2008-05-12 13:52
LOVE LETTER
今日はカラフナン(ゴミ山)でアクティビティ。

カラフナンに着いたら女の子からラブレターを貰っちゃいました♪

----------------------------

タカへ
こんにちわ、タカ!
日本に帰ってもこの手紙を大事にしてね。
だって、この手紙で私を思い出すことができるでしょ。

----------------------------


6歳の子からです(笑
文法ちょっと間違ったりしてて可愛い!
この子いっつも帰るときにほっぺにキスしてくれるんです。
可愛い~。



先週、学資援助の面接のときに告知していただけあって、今日は60人近くの子供達が集まりました。

いつもはマスフィーディング(栄養食配給)で40人分作っても余る位なのに、今日は足りませんでした。

ちなみに今日のメニューはフィリピンのあまーいスープ(ココナッツ系?)とチーズ入りのホットサンドイッチ。

このフィリピンの甘いスープ、日本人が一口食べればスピードワゴン井戸田もびっくりの「あまーーーい!!」が炸裂するのは間違い無しなのですが、子供達には大好評でした(笑


明日はベッチの誕生日!
12時になったらみんなでケーキを食べる予定♪
YUKIさんとKAZUがレアチーズケーキを作ったんです!
あと、3時間。楽しみ~。

TAKA
[PR]

by loobinc | 2008-05-10 22:21
English Activity in ナムコン
先日、ナムコンでEnglish Activityを行いました。

その日は偶然俺の誕生日だったんですが、人生最高の誕生日を過ごすことができました!
すれ違う人たちみんながHappy birthday, Taka!って言ってくれて、
話したことない人や、初めて見る人までお祝いしてくれました。
アクティビティの時には子供達がたくさん集まってくれて、
みんなでハッピーバースデーの歌を歌ってくれました。
YUKIさんも子供達のためにお菓子やケーキを買ってきてくれて、
みんなで簡単なパーティーを開くことができました。
d0146933_19385690.jpg

ケーキのろうそくの火を消すのなんて小学校とか保育園の時以来です。
ギマラス島からタタイとブラザーも来てくれたし、
ナムコンのナナイからはプレゼントと「To my son, Taka」ってメッセージまで。
それにLOOBファミリーみんなからのメッセージカード。

感謝してもしきれない程の人の温かさに触れました。
これからどうやって恩返ししていこうか。
とりあえず、この幸せな気持ちを皆さんにもおすそ分けです☆
TAKA
[PR]

by loobinc | 2008-05-09 03:12 | 英語研修&週末ボランティア
Education is the best weapon against poverty.
と英語でタイトルを打ってみました。
今日は、教育サポート・プログラムについて書きます。
このプログラムは、今年から学資援助とアクティビティの2本柱です。

・Educational Assistance
「学資援助」は、月々最低限の学費を支給することで、保護者と児童に「毎日学校に行くこと」の大切さを認識してもらうことを目的としてます。
交通費やプロジェクト費が出せないがために児童がドロップアウトすることがないように。。。また学校で勉強をがんばればスポンサーが付く(=両親の金銭負担を減らせる)ので、子供達の勉強に対するインセンティブとなってます。

・Kids English Activity
「子供英語アクティビティ」は、学資援助の対象となっている子供だけでなく、学校へ行ってないOut of School Childrenも一緒に参加する非公式教育(Informal Education)です。毎回30名程度の子供達が集まり、週末の2時間に英語のゲームや歌などを通じて楽しみながら学びます。たくさんの子供がこのアクティビティを楽しみにしてくれるよう、毎回ボランティアさんが一生懸命、面白い内容を考えてます。

先日の土日に学資援助を受ける子供たちのスクリーニング(面談)を行いました。

教育サポート会員になって頂いた方には心より感謝します。
少しでもここの子供達の笑顔が皆さんに届きますように。。。


<ナムコン村>

日本人のホームステイを受け入れている世帯から11名。
子供達がきちんと受け答えできるかを見ます。
10歳以上のコが多く、昨年から継続なので面接も慣れたものです。

What's your favorite subject?
What's your daily chores?
What's your future ambition?
くらいの質問にはだいたい答えられていました。

2年間、週末の英語アクティビティをして知った顔ということもあり、外国人である私たちと臆することなく英語で意思表示できる!
もちろん学校でも英語を勉強しているわけだから当たり前なのかも知れませんが。
子供の成長を確かめることができました。

(写真スポンサーがいる子供だけと言っても皆写真に入ってきます!)
d0146933_1642265.jpg


   -----   -----   -----   -----

<カラフナン>

まずディレクターのJOHNから学資援助や週末Kids Activityの意義について説明。
d0146933_16411730.jpg


そして、昨年からの継続10名と、今年からの新規20名の子供たちの面談をスタート。
英語アクティビティに(まだ)参加していないコも多く、7~8歳ということもあり、お母さんたちに付き添われてちょっと緊張気味です。

質問は
What's your name?
What's your mother's name?
くらいはなんとか答えられるコが多かったです。

そして兄弟も含めた家族構成も聞き、これは保護者が答えました。
ただ、英語のなまりが強い人の、a, i, eは、私には一つにしか聞こえません!
しかも、子供が10人、15人もいる世帯がある!
「子供多いから自分で書くわ!」って苦笑しながら、結局、母親本人が記入。
d0146933_16381937.jpg


カラフナンの奨学生はみな、保護者がウェストピッカー。
子供たちも毎日ごみ集めしているコ、必要なときだけ手伝っているコ、両親の方針でごみ集めはしていないコ、など多様です。
学校には1年生の時から行っているコもいるし、兄弟と1年ずつ交替で進学するコもいます。

どんな環境で育っているにせよ、子供が親の経済状況に気兼ねや不安を抱えることなく、のびのびと学校に通ってほしいものです。

この教育サポート・プログラムは、教育省の「Adopt A School Program」として認証されました。
できることからできる範囲で、という活動が地域住民や学校に評価されたのです。
たくさんの日本人ボランティア、フィリピン人ボランティアの情熱のおかげです!

これからも、「一方的な支援でなく、現地の人と共に学び成長する」をモットーに地域に溶け込んだ交流と支援活動を実施していきます。
みなさん、応援よろしくおねがいしますm( )m
[PR]

by loobinc | 2008-05-04 21:34