NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日韓比ワークキャンプ~バロタクビエホという村~
ぜんちゃんです。
PJKキャンプが終りました!


バロタクビエホ。

LOOBの新しいワーク地。


バロタクビエホの魅力は、なんと言っても

『現地の人たち』でした!


あたたかいウェルカムな雰囲気、

活動に協力してくれる姿に、

毎日驚かされました。



外国人がこんなにたくさんこの村に来るのは 初めてのことなので,
村の人たち、特に子どもたちはみんな,興味しんしんです!



バランガイホールがあるバスケットコートに,

LOOBのベースキャンプを作って,そこを本部にしていたのですが,

子どもたちが,めずらしそうに見に来てくれます。



「Hello♪」と声をかけると,すごくうれしそう。




道を歩いてると,


はずかしそうに遠くから見ている子,


近づいてきて,一緒に歩いてくれる子,


声をかけたそうにして,やっぱり照れて笑って走っていく子,


そんな,子どもたちがいっぱい!




朝,井戸で水を浴びていたら,

ちっちゃい男の子が近くに来て,じーっとこっちを見てます。

目が合うと,ケラケラ笑う。
d0146933_10820.jpg



そんなに見つめられても・・・
私水浴びしてるんやけども・・・

と,ちょっとこっちも困るほどです。





昼,植林後のどろどろになったTシャツを洗っていたら,


6年生くらいの女の子が来て,じーっとこっちを見ています。

名前を聞くと,ネネというそうな。

♪バロタクビエホでできたかわいい友だち♪
d0146933_11346.jpg



英語がじょうずなネネ。

お洗濯中,お水を汲むのを手伝ってくれました。




かわいくて優しい子どもたちがいっぱいなバロタクビエホ。
d0146933_121662.jpg





マングローブを植えるときも,

すごくたくさんの村の人たちが手伝ってくれました!



マングローブを結ぶ竹をとんがらせてくれるタタイ。
d0146933_125337.jpg



マングローブを結ぶひもを切ってくれるナナイたち。
d0146933_135858.jpg




マングローブを運んでくれるナナイ。
d0146933_151790.jpg




すごく強力なサポート体制に感動!




ピンクのTシャツのお兄ちゃん。

♪バロタクビエホでできたセクシーな友だち♪
d0146933_154821.jpg




「名前はなに?」と聞くと,



「Im from Asia.」と返ってきます。



「え,だから名前はなに?」と聞くと,



「I am from Asia.」



オカマのお兄ちゃん,すごくセクシーなのです。

「アイムフロム,エーイジア」



まなざしの使い方がセクシー。


「What's your name?」
「I'm from Asia.」


このやりとり×10回。



え~?

出身はどうかんがえてもあなたフィリピンではないか!



アジア出身であるということについては,周知の上ではないか!



あなたがそう言うなら,わたしもfromアジアだ!



と,がんばって言ってみたところで通じないので,

アジアと呼ぶことにしました。



アジアも,外国人に会うのはじめてらしく,興味しんしん。

マングローブを運んでいる途中,



「あの,白いTシャツの女の子の名前はなに?」と聞くので,

キャンパーの名前を教えてあげると,すごくうれしそうに,

「かわいいね♪」とアジア。



「あの,ひじにケガしてる男の人の名前はなに?」と聞くので,

キャンパーの名前を教えてあげると,すごくうれしそうに,

「男前ね♪」とアジア。おもしろい人でした。





♪バロタクビエホでできた男前な友だち、ビンビン♪
(帽子をかぶってる子)
d0146933_171213.jpg



彼も,マングローブを運んでるときに,手伝ってくれました。

彼はあんまり英語わからない。



ので,

イロンゴを教えてもらいました♪


彼によると,

マングローブをむすぶ棒のことを,パルパルと言うらしいです。

『結ぶ』は,ヒグットと言うらしいです。


「パルパル!ヒグッサ マングローブ!」

と,ふたりで言いながら,
ずーっと竹の棒(パルパル)を運んでました。

マングローブ植林のとき以外も,
学校の帰りや,暇なときは,いつもベースに来て,
「パルパル!」と言ってくるので,
私も「パルパル!」と返して,いっしょに笑ったりしてました。



キャンプの最終日。
帰りのバスで, パルパル少年ビンビンが,窓の外に来て,

バスを見上げてくれたとき,
なんだかその目に吸い込まれそうな気持ちになりました。

またね!とか
ありがとう!とか
言いたかったのに,なんだか言葉が出なくて,私も見つめてると,

ひとこと大きな声で,



「パルパル!」

と彼が言うので,



「パルパル!」

と大きな声で言うと,



パルパル少年は,右手を上げてにこっと笑ってくれました。
また会いたいなぁ。

ひと夏の恋でした。
[PR]

by loobinc | 2009-07-30 21:49 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ5日目(7月30日)~Farewell~
えるです!

今日はBarotac Viejoから帰る日です…。

わたしは27日からホームステイをさせてもらっています。
LOOBに来て初めての連泊ホームステイ。
今回来たファミリーには小さい子もいなくて、長男も二女も学校で遠くに行っていて、
ナナイ・ネマと、バランガイキャプテンのタタイ・テディ、長女のマヤェッテ(イロイロ市で働いているのにわざわざ来てくれたのです!)、甥っ子姪っ子マイケルとエンジェル。
みんな17歳以上で、歳も近いです(わたし的には近いつもりです(笑)!)。

一緒にステイしたホストシスターは、韓国人のホンとフィリピン人のジョイ。
色が白くて可愛くてちょっとシャイなホンと、明るくて親切で笑顔の素敵なジョイ。

「小さい子がいないの寂しいなぁ」なんて来る前には思っていたけれど、今ではこのファミリーの一員になれて本当に幸せだと思います。
d0146933_1619445.jpg


とにかく温かいこの家族。
ナナイの喋り方は、心に沁み込む感じで、一緒にいるととても安心できました。
わたしがジョイに習ったヒリガイノンを話す度、家族みんなが笑うので
「えーなんで笑うのーーー(>△<)」
と言ったら
「あなたが来てとても幸せだからよ!」
と言ってくれる家族。

昨日の晩は最後の晩だったので、ちょっぴりお酒を飲みながら、ダンスタイム!
「スクールアクティビティのステージ発表、えるのダンス面白かったよ!もう1回やって!」とやたら持ち上げられました(笑)。
でも面白いダンスって…(笑)↓↓

シャイなホンも誘いまくって一緒に踊ってもらいます。
マイケルのダンスをみんなでマネして、めっちゃ笑って、もう一度盆踊り教えて、
めちゃくちゃ楽しい夜でした。

このおうちには子犬が二匹いるのだけれど、
その名前が「Sometimes」と「Baho」になりました。
d0146933_15525747.jpg

「sometimes」はわたしの口癖というか、フィリピン人スタッフのダダの口癖をわたしがマネしまくってるうちにわたしの口癖になってしまったものです。
ホームステイでも「眠い?」って聞かれるたびに
本当は眠いけど、まだ寝たくないから
「sometimes」と答えていました(笑)。

いつの間にかホストファミリーもその口癖をマネして、子犬の名前にまでなったのです!
恐るべし!ダダの口癖!

「Baho」はヒリガイノンで「臭い」っていう意味だけれど、これも多分わたしがいつもお風呂入る前に「Baho si ako!(わたし臭い!!)」と言っていたからだと思います。

結構かなりかわいそう名前だけれど、自分から来てると思うと嬉しいなぁ(笑)。

そして最後の朝。
d0146933_1554896.jpg

いつもよりちょっと豪華な朝食。魚のグリルはタタイが作ってくれたそう。
全部全部めちゃくちゃおいしい、ナナイとタタイの作ってくれたご飯。
今日の集合時間は9時なので(いつもは8時だった)ちょっとゆっくりできる朝。
写真撮ってお話して、帰るっていう実感が全然沸かないままベースに戻ります。

みんなでマングローブ植林地へ行ってターンオーバーセレモニーを行いました。
d0146933_15581962.jpg

3日間で植えたマングローブは約7000本でした!
わたしにとってマングローブ植林は2回目ですが、前回は海の中に浸かって、マングローブを差し込んでいくだけという感じでしたが、今回はどろまみれだし、もっとハードワークで、もっと体系化されていて、とても楽しかった!やりがいがありました!泥にまみれるのもまた楽しいのです☆
何よりも村の人たちがたくさんたくさん手伝ってくれて、その仕事の早さに驚かされるばかりでした。
地元の子どもも手伝ってくれたので、ちょこちょこ話せたのが嬉しかったなぁ。
d0146933_1655113.jpg

魚やカニがたくさん住みますように…。

ランチはベースで全てのホストファミリーを招待してみんなで食べました。
そして再びダンスを披露。
今回は韓国のダンス(ワールドカップソングだけ)も日本のダンス(OZMAだけ)も3カ国すべてのメンバーでノリノリに踊りました!
そして、最後の言葉交換の時間。
みんなで輪になって、このキャンプに参加しての思いを一人一人言っていきます。
思わず涙するメンバーやホストファミリーもいました。
d0146933_16885.jpg


最後にはそれぞれのホストファミリーに分かれて最後の時間を過ごしました。
「あなたたちの植えてくれたマングローブは、わたしたちが責任持って育てていくからね」
「いつまでも家族だからね」
と涙するナナイを見て、本当に帰りたくなくて、本当にありがとうの気持ちでいっぱいにあって、いっぱい抱き合いました。
わたしたちの家族だけでなく、全てのホストファミリーが抱き合って別れを惜しんでいました。
d0146933_169828.jpg


3日という短い時間でも家族になれるんだなと思いました。
気がつけばキャンパーはみんな友達でした。
「絶対また来たい」と思いました。
フィリピン人の、Barotac Viejoの人々のホスピタリティに触れて、自分もちょっと優しくなれた気がします。
月並みな言葉ですが…。

みんなで空港に戻って、みんなが「2回目の日韓比いつあるの?」「また来たい!」と言ってるのを聞いて、またみんなでBarotac に行くことができたらと思いました。
d0146933_16132472.jpg


今こうしてLOOBに来て、ホームステイさせてもらう機会もあって、色んな人と知り合う機会もあって、自分の大切な場所や大切な友達がどんどん増えて行っていて、とても幸せな反面、大切なものや人を大切にし続けるにはどうしたらいいんだろうと考えます。
また絶対来たいと思う場所、また絶対会いたいと思う人、でも自分の人生の中で、それら全てを叶えるのって難しいかもしれない。
それでもずっと忘れたくないなぁ、ずっと繋がっていたいなぁ・・・。
だったら自分は何をしたらいいんだろう、何ができるんだろう。

LOOBから帰る日が近づいてきて、自分の未来を改めて見つめ直している今日この頃です。
[PR]

by loobinc | 2009-07-30 15:10 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ4日目(7月29日)~オープンフォーラム~

えるです。

小学校訪問の興奮冷めやらぬ夕方のアクティビティは「オープンフォーラム」です☆

これは、日本人、韓国人、フィリピン人に分かれ、それぞれ他の国に質問したいことをするというもの。
必ずそれぞれの国に1つ質問をしなくてはいけません。
まず、紙を2枚もらい、それぞれに違う国への質問を書いて、フィリピンへの質問はフィリピンの紙に、日本への質問は日本の紙に、韓国への質問は韓国の紙に貼ります。

貼られた質問を見て、その答えを同じ国のみんなで考えました。
その後、前に出て質問内容とその答えをみんなの前で発表しました。

日本への質問にはこんなものがありました。

「日本で有名な場所は?」
「日本人の好きな食べ物は?」
「日本で有名なアニメは?」
「日本の英雄といえば?」

などから

「フィリピン人のことどう思う?フィリピン人のどこが好き?」
「韓国人キャンパーのことどう思う?」
「この生活環境にも関わらず、フィリピンで暮らしていける?」

他の国に関するものや

「日本を好きですか?」
「日本人はかつてフィリピンを占領し、乱暴だというイメージがあったけれど、今でも本当に乱暴ですか。」

など、日本人同士で意見が様々になるような質問まで色々でした。

d0146933_20362819.jpg


1番多かったのは
「日本人ってなんでいつも笑っているの?怒った顔を見たことがない。感情が読めない。」
というもの。
韓国人からもフィリピン人からもありました。

日本にいて日本人がいつも笑っているとは思わないけれど、やっぱり他の国からはそういうイメージが強いのだなぁと思いました。

わたしの個人的な意見としては、
「日本人は英語に自信がないので、外国人とコミュニケーションをとるとき、とりあえず笑顔でごまかそうとしている。」
という理由が大きいんじゃないかなぁと思います。

それだけでなく、感情を表に出し過ぎない、個人の感情より和を重んじる、ことが日本の美徳であるのも事実です。
「行間を読む」というけれど、日本人は本音と建前を使い分けるので、空気を読んで和を保つ癖が他の国よりも強くついているのかもしれません。

ただ、やっぱり日本に暮らしていれば、見え方は違って、怒るときはもちろん怒るし、わたしたちがこのキャンプに参加してフィリピン人や韓国人の怒った顔を見たことがないのと、変わらないとも思います。

「日本人はかつてフィリピンを占領し、乱暴だというイメージがあったけれど、今でも本当に乱暴ですか。」という質問でも、みんなで考えたけれど、
今現在の日本人が乱暴か乱暴でないかは、国民性としては「乱暴ではない」といえると思うけれど、やっぱり乱暴な人だっていて、でもそれは、いい人もいれば悪い人もいるという、世界各国で共通のことだと考えました。

このキャンプに参加して、それぞれの国の国民性が見えると同時に、やっぱり、個人個人の性格はみんな違って、それはどこの国でも共通のことで、どこからが国民性というイメージになってるのか不思議になりました。

ちなみに
「フィリピン人どう思う?」の日本人側の答えは
明るい、陽気、親しみやすい、親切・・・など。

「韓国人キャンパーどう思う?」の日本人側の答えは
愛国心が強い、勤勉、賢い…などでした。

日本人で「日本人どう思う?」と質問した人がいないので、はっきりしたことはわりませんが、
質問の紙から察するに「いつも笑っていて、完璧主義」と思われているみたいです…。

また、「日本人はどうして、村の人に積極的に話しかけられるの?」という質問もありました。
確かに日本人は韓国人に比べ、地元の人に自分からからみにいっています。
日本人キャンパーにとっては、村の人との交流もワークキャンプのうちで、「今この時話さなかったらもったいない!話せる時間はチャンス!」と思っている人がほとんどでした。
また、今回マングローブを植えていますが、そのマングローブを守って行ってくれるのは他でもない村の人たちだから、その人たちとの時間をシェアして繋がりを大切にしたいからです。

あまり、自分自身が村の人と喋っていることに関して理由を考えたことはなかったのですが、
こうして改めて質問されることで、日本人キャンパー自身もキャンプの意義をもう一度確認できたと思います。

d0146933_20332046.jpg

フィリピン人への質問で、印象に残っているのは
「フィリピン人はどうしてみんな優しいの?」
というものと
「フィリピン人でいい人と悪い人のパーセンテージはどれくらい?」
です。

後者の答えは、いい人70パーセント、悪い人30パーセントくらい、だそう(笑)。
日本はどれくらい悪い人かなぁ…。

前者の質問はわたしがしたのですが、
フィリピン人は小さい頃から親に人に優しくすることを1番に言い聞かされるよう。
「時間を守りなさい」とか
「勉強頑張りなさい」とかではなく
「人に優しく」これ1本。
自分に子どもできたらフィリピン流子育てしたいです。

韓国への質問で印象に残っているのは、
「自分の国を好きですか?」
というもの。

これ日本人からの質問だったのですが、基本日本語も喋れちゃう韓国人、
「当たり前でしょー!」
と日本語で一喝(笑)

この愛国心、日本にはないですね…。
日本人への「日本は好きですか?」という質問のキャンパーの答えは…
「うん、好きだよー」
「まぁ好きか嫌いかって言われたら好きだよね」
程度。
「嫌い」って答える人もいました。

そして、何より日本の知識が薄い日本人…(特にわたし)

あぁ日本人として日本についてもっと興味を持たなくては…
と感じたオープンフォーラムでした…。
[PR]

by loobinc | 2009-07-29 20:37 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ4日目(7月29日)~マングローブ植樹+小学校訪問~
えるです。

日韓比ワークキャンプもパナイ島に来て4日目を迎えました!

今日も午前はマングローブ植林です!
昨日の頑張りにあやかって今日も出だしは順調です。
ロイさんの合図に合わせて、着々と植えていきます。
マングローブやそれを支える竹が間に合わなくなってくるほどの速さでした☆

最初に植えていたエリアいっぱいにマングローブを植えることができたので次のエリアに移動です。
…が、ここのエリアの土はとても固くて大変でした!!
スコップ担当の男性陣の汗が光ります☆
d0146933_18113357.jpg

みんなが頑張っているところにスタッフのゆうこちゃんが昨日の韓国おもち(ソンピョン)と日本おもちを揚げたものを差し入れに来てくれました!
みんな手が汚れているのでゆうこちゃんが口に入れてくれました。
「揚げた方がおいいしい」とみんな言っていました(笑)。

そして、ワーク時間も終了し、今日はみなさまが寄贈してくださった服をBarotac Viejoのみんなに寄贈しました!
本当はホストファミリーに寄贈する予定でしたが、本当にたくさんの村の人たちがワークを手伝って下さったので、村の人みんなに感謝の気持ちをこめてお渡ししました!
d0146933_181347.jpg


午後はBarotac Viejoにある小学校に訪問し、授業をしてきました。
これは小学校の授業時間を1時間もらって、日本人からと韓国人から、それぞれの国の文化について授業をさせてもらうというもの。
日本人は最初にみんなで話し合ってからグループに分かれ何をするかグループごとに決めたのですが、奇跡的にみんな「七夕紹介」を選んでました★
一昨日、昨日と2日間の準備を経て迎えた今日です!

わたしのグループは6年生クラスを訪問しました。
みんな笑顔で迎えてくれます!
司会のたいすけさん&ランもがんばっています☆
バナナソングで踊りながらアイスブレーキングも順調♪
お尻をふる動きが恥ずかしいけど楽しいみたいです(^_^)
d0146933_18214943.jpg


日本からは七夕にまつわるストーリーを簡単に紙芝居で紹介して、その後にみんなで短冊を作って竹に飾りました。
みんなのお願い事をちらみしてみましたが、「バスケット選手になりたい」や、「家族が幸せでありますように」や、日本にの子どもと同じようなお願い事でした☆
七夕の7月7日は過ぎてしまいましたが、みんなの願いが空に届くといいです。
d0146933_18433167.jpg


韓国からは、まずは韓国に関係するさまざまなワードと写真を子どもたちに見せていきます。
違う国の文化に聞き入る子どもたち。
わたしたちも日本文化の写真があればベターだったなぁと思いました。

お次は韓国の伝統的遊び、チェギチャギ。
日本でいう蹴鞠のようなもので、連続してリフティングできた回数をチームごとにトーナメントしました!
意外に難しいけれど生徒たちは大盛り上がり!
優勝チームはチェギチャギをもらうことができました☆
d0146933_18442249.jpg


最後にジェスチャーゲームをやって授業をしめくくりました!

緊張したけれど、本当に楽しかった!
子どもたちが素直に楽しんでくれる姿に緊張がほぐれました。

授業の後はステージに移動して、日本、韓国、小学校からそれぞれ出し物をしました。
日本からは…盆踊りとDJ OZMAのアゲアゲEVERY騎士。
盆踊りは小学校のみんなにも教えました。
単調な動きですが、みんな楽しそうに一緒にやってくれます。

フィリピン人キャンパーにも参加してもらいたい、ということで、
教えてもいないのに急遽アゲアゲを一緒に踊ってもらうことに!
しかし!
かなりフィリピン人すごいです。
見よう見まねで、すぐに応用してばっちり踊ってくれました!
d0146933_18451967.jpg


韓国からのダンス。
フィリピンでも有名な韓国人女性4人組アイドルグループ2ne1。
…をソロで1曲踊りきるイケメン、ショービー。
d0146933_18461182.jpg

みんなめっちゃ盛り上がる!
けどフィリピンで男の人がこういう踊りをするとゲイと思われるらしいです…。
ショービー・・・。

韓国からもう1曲。
ワールドカップで使われた韓国の曲らしいです!
耳に残っていいです♪
これにもフィリピン人キャンパーは無茶ぶり参加ですが、ふつうに踊れています!
d0146933_18471628.jpg


次は小学校側からの出し物。

合唱と(たぶん)歌の内容に合わせた寸劇。
d0146933_1849890.jpg


先生方のセクシーダンス。
d0146933_18553440.jpg


思わず一緒に踊るフィリピン人キャンパー。
d0146933_1856976.jpg


子どもたちのセクシーダンス。
d0146933_18565663.jpg


先生方の伝統ダンス。衣装かわいい!!
d0146933_18573479.jpg


小学校のみんなの歓迎してくれる気持ちがとても伝わってきて、
最初から最後までとても楽しくて、
子どもたちの笑顔に見送られながら小学校を後にしました!

大成功な小学校アクティビティだったと思います☆
[PR]

by loobinc | 2009-07-29 16:19 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ3日目(7月28日)~マングローブ植樹+料理対決~
こんにちは。じょえです。PJKワークキャンプ3日目です!

今日は昨日の反省を活かし
きちんと最初からグループを作り
パルパル担当(後でマングローブとパルパルつなぐひもも結ぶ)
掘る担当
植える担当で一緒に行動してもらうように。
d0146933_22115523.jpg


そして村の人には足りないものがあった際に
浜からパルパルやマングローブの苗などを
運んでもらうという形にしました。
頑張るみんなの笑顔はステキです☆
d0146933_2213562.jpg


私はスタッフやったため,
運ぶ担当を村の人たちとやっていたのですが,
この拙いイロンゴ語能力で
コミュニケーションをとることにトライ!!

簡単な単語しかいえないけど,
すごく笑ってくれて
私が全然理解できない文章とかを言われた場合に
「インディコ カバロ イロンゴ」(イロンゴ語わからない)
というと喜んでくれました。笑

ワークを通してたくさんの人とコミュニケーションをとる。
私の大好きな国際交流。
やっぱり楽しいです♪

またまた泥だらけになりながら
2日目のワークは終了!
d0146933_22135158.jpg


今日は昨日よりも時間も長かったし
システム化されていたため
合計で3000本以上の植林達成!!
成長してる!すごい!!

昼食の後に
小学校訪問交流の話し合いの続きをして
d0146933_22163213.jpg

ソーシャルアクティビティタイム☆

3カ国の料理を
作る過程で体験、または教えながら
最後に食すことによって文化交流をねらいます。

日本料理はお雑煮、韓国料理は
フィリピン料理は我らがコック,
カルロさんが用意してくれます。

最初は韓国料理に使う蒸し器が無い,
皆がみんなコンロを使うため
足りなくて料理が進まない
などの問題がありましたが,

日本人も自分達の食文化をもう一度見直せ、
フィリピンの材料で作るため
フィリピン人キャンパーに手を借りながら
お互いに協力しながら作ったりと
みんなとても楽しんで作ってくれました。
肉を男らしく切るフィリピン人キャンパーのロン。
d0146933_22152041.jpg


時間が押しまくる中
何とか完成!!
日本のお雑煮とはかなりかけ離れた
フィリピン風お雑煮が出来上がりました。笑

またもちが余りすぎたため
砂糖じょうゆも作りそのまま食べてもらいました。

ジャックさん曰く
韓国の料理も非常に違うということだったのですが,
みんなとてもおいしくいただきました!
甘いものが好きなフィリピン人には
砂糖じょうゆがヒット。

皆おなか一杯になったところで,
ホームステイ先に帰る時間です。

スタッフはその後見回りをするのですが,
どこのホームステイ先も昨日と比べると
家族みんなとても仲良くなっていました☆
d0146933_22172230.jpg


料理がかなり大変でしたが,
とりあえず成功してよかったぁ
としみじみ感じたそんな3日目。

のどかなシリアヌエバの空。
d0146933_2218393.jpg

[PR]

by loobinc | 2009-07-28 22:08 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ2日目(7月27日)~マングローブ植樹~
こんにちは。じょえです。
PJKワークキャンプ2日目!
ついにワーク開始です。

朝早く起きて朝食を食べ,
バスに乗ってシリアヌエバへ出発!!
d0146933_2204399.jpg


今回はマングローブ植林。
マングローブ植林のワークは何回もしていますが,
新しい土地で新しい種のマングローブを植えるという
LOOBにとっても初めての経験。

マングローブ植林では
泥に脚をとられる,泥の中の虫
またうにを踏んでしまうということがあります。
なので皆見た目はちょっとかっこ悪い丈夫な靴を準備。
その中でフィリピン人キャンパーは
堂々とサンダルで海の中へ・・・
お~い,大丈夫かぁ・・・
d0146933_2215379.jpg


ワークのシステムは,
まず支えとなる竹の棒(パルパル)を刺す人,
スコップで泥を掘る人,
マングローブを植える人,
の3人に分かれるという方法でした。

私は最初フィリピン人キャンパーのミッキーとペア?になり
「ダシガッ」(=はやく!),「アモ」(=猿)
とイロンゴ語の冗談を言いながら(ミッキーが猿っぽかったため笑)
楽しみながら頑張っていました。

しかし皆マングローブ植林は初めての経験。
3人1組になって
このラインに沿って,この順番に従って植える
と説明を聞いたものの・・・

パルパル担当の子は先々に刺していって
いつの間にかチームは2人に。(だからペアになってしまった・・)
あまり皆が気にしてなかったせいか
ラインはぐねぐね・・・

村の人も黙っていられなくなったのか
キャンパーからスコップを奪い
ワークに参加。

もちろんとっても嬉しかった!のですが,
グループが完全にバラバラになり
まったくシステム化されず。
う~ん,ちょっと反省。

それでも皆泥だらけで頑張りながら、
1日目のワーク終了☆
d0146933_2261454.jpg

初日は700本以上の植林ができました!
d0146933_2224964.jpg


ご飯のあとは小学校訪問交流の話し合い。
いつもはミクシー上である程度話し合うのですが,
今回はほとんど何も決めておらず
ここにてほぼ初といっていいミーティング。
d0146933_2242157.jpg


アイディアがある程度出たところで,
班に分かれて最終的なテーマを決めてもらいます。
なんとそこで奇跡が!!

みんなバラバラで話し合ったはずなのに,
すべての班のテーマが
‟七夕”に!
すでに日本人キャンパーの心は1つでした・・・

ステージでの出し物も決まり,
夕食を食べ,
ついに待ちに待ったホストファミリーの紹介!

韓国人キャンパー,日本人キャンパー,
フィリピン人キャンパーを先に発表し
その後にファミリーの紹介。

みんなまだちょっと緊張気味だったけど
家族の方も皆優しそうで安心した様子。
d0146933_225322.jpg

私の場合ホームステイは無しなので
見ていてちょっとうらやましかったです。笑

皆帰路に着き2日目終了!
ミナサンイッショニガンバリマショウ!
(LOOBスタッフ,ロイさんの私が大好きな言葉)
[PR]

by loobinc | 2009-07-27 21:58 | ワークキャンプ&ツアー
日韓比ワークキャンプ1日目(7月26日)~買い物ゲーム~
えるです。

ついに日韓比ワークキャンプです!
今回わたしにとっては初めてのLOOBのワークキャンプとなるので、キャンパーとして参加させて頂きました!

このワークキャンプのメインのワーク内容はマングローブ植林です!

マングローブは海水で生育できる樹木です。
マングローブの密生する場所では、土壌が蓄積され、またマングローブ自身が生物の住処となることもできるため、多種多様な生物が生育できます。

かつてフィリピン政府はマングローブ林を伐採して、魚の養殖場を作ることにしました。
このことによっておよそ35パーセントのマングローブ林がフィリピンから失われました。
しかし、この養殖場計画はうまくいかず、逆に生物の生息地や多様性を失わせる結果となりました。
この事態を解決するためにフィリピン政府は再びマングローブ林を作ることを推進しているのです。

生態系の回復維持と、それに繋がる漁業の発展が、このマングローブ植林の最終目標です。

日本人キャンパーのほとんどと韓国人キャンパーは25日にマニラに泊まっていて、多くのスタッフやフィリピン人キャンパーとは今日顔合わせとなります。

d0146933_13105417.jpg


イロイロ空港で顔合わせをした後、ワーク地であるBarotac Viejoの近くのバナテという場所のペンションに移動しました。

移動のバスの中では、違う国のキャンパー同士が隣に座りました。
ぜんちゃんやじょえが用意してくれたアイスブレーカーゲームで大盛り上がり☆
2時間の道のりがあっという間でした。

バナテに着いたら、さらにまたお互いを知るゲームをして、昼食食べて…
午後は本日のメインアクティビティ…

マーケティングゲーム!!

これは日韓比まぜまぜで5チームに分かれ、チームごとに明日からするホームステイのホストファミリーへのお礼として差し上げる食料品を近くのマーケットで買うというもの。
これがマーケット!
d0146933_142137.jpg


ルールは…

①予算は交通費含め1100ペソ。
②買うものリストはすでに決まっていて、各チーム買うものは一緒。
③チームの全員は一緒に行動しなくてはいけない。
④フィリピン人はお店の人と話してはいけない。日本人と韓国人はフィリピン人から買い方やヒリガイノンの話し方を聞いて、買い物しなくてはいけない。
⑤制限時間は1時間。これを1分過ぎるごとに1ペソひかれていく。各チームにはスタッフがついていて、③、④のルールを破ってもペナルティーとしてお金をひかれる。
⑥買い物した後のおつりからペナルティー分のお金をひいて、1番残ったお金が多かったチームが勝ち!

という感じです!!

d0146933_14101064.jpg


わたしのチームは日本人のユキと、韓国人のユーチュン、フィリピン人のジョイとミッキー。
マーケットに入ると名札をつけているから、お店の人にやたら名前を呼ばれる(笑)

まずは野菜だー!
買えるものなら同じお店でいっぱい買った方があとで「まけて!」と言ったときにいっぱい割り引いてくれそうなので、買い物リストによく目を通して店員さんにあるものを確認していきます。

「まけてー!」と言ってもほとんど
「Indi」(=NO)でしたが…。

最初は時間に余裕あると思っていたものの、野菜とコーヒー類とお米を買ったあとに結構時間がないことに気づきました…。

肉屋はこのマーケットに2~3個しかなく、そのうち買わなくてはいけない豚肉を売っているのは1軒だけ…。
敵(違うチーム)で込み合っている!!
じゃぁパン屋だ!あーでもパン屋ちょっと遠い!
でもそんな中、パンも肉もゲットして、「あと5分で集合場所に戻らなくてはー!!」と焦りまくるわたしのチーム。

d0146933_14174533.jpg

トライシクルを3台捕まえて、2人ずつ乗ります。
わたしはミッキーと…

…っておっちゃん遅っ!!!
他の2台が視界から消えるのにうちのトライシクルはめっちゃゆっくり…。
「ダスィーガ パリホッグ」(急いでください)と言ってもニコニコしながら急ぐ気配なし…。
気持ち的には「ああぁーもっと早くー!!」って思うのですが、
「これでもおっちゃん頑張ってるのかも…」とか
「てかわたしが重いから?!」とか
色々考えてしまって結局それ以上「急いでー!」と頼めませんでした…。

結果チームが揃わないとゴールにならないので、わたしのチームは時間オーバー。
さらに値切りも下手で他のチームより余ったお金も少なく、
さらにさらに、ゲームに夢中だった(?)ミッキーが店員さんに話しかけるなどのハプニングのため、
うちのチームはビリでした(笑)!!

でも、現地のマーケットに行けるとか、ヒリガイノンの日常会話を学べたなど、とても楽しかったです!

夜もみんなで踊って、今日会ったばかりとは思えないほど打ち解けられました!
明日からのワークもがんばります!
[PR]

by loobinc | 2009-07-26 00:38 | ワークキャンプ&ツアー
7月25日 ナムコン週末アクティビティ
ぜんちゃんです。

今日はナムコンアクティビティの日!


朝からみんなで準備して,ジプニーでナムコンへ☆

今回のテーマは,『ティグバウワン』

ティグバウワン。
ナムコンがある町。


◆アイスブレークゲーム◆
3人グループになって,
♪Please show us…♪ 
のあとに言われたポーズをとるゲーム。
「モンキー!」と言われたら,
両端の子がまん中の子の耳をひっぱって,まん中の子は猿の顔。
「エレファント!」と言われたら,
両端の子が耳になって,まん中の子はぞうの鼻をつくる。
「チャーリーズエンジェル」と言われたら,3人でチャーリーズエンジェルのマネをする。

モンキーのときに耳をひっぱられてる真ん中の子が,
ほんとに猿みたいで笑ってしまいました。

◆プレゼンテーション◆
ナムコンキッズが住んでるティグバウワンで有名なお祭りや,教会について,写真などを使って説明します。みんな知ってる場所なので,小さい子も写真を見て反応してくれました。
d0146933_126475.jpg


昔ナムコンの浜に,体長5メートル以上,体重1トンのメガシャークが来たらしいのです。

怖い!

当時の写真。
d0146933_1333998.jpg


◆フィリピンのお話,ドラマ◆
ナムコンというバランガイの名前は,
ヒリガイノン語のラモック(蚊)が語源なのだそうです。

蚊がいっぱいだと有名なナムコン。

ナムコンのバスケットボールチームの名前もモスキートーズだったりします。

“チーム蚊!”

んー。
名前が弱そう。笑

ナムコンがあるティグバウワンという町は,ティグバウという草が語源なのだそうです。
とげがいっぱいあるティグバウという草。
そんな,ティグバウワンとナムコンの名前の由来のお話。

セリフをれんしゅうする子どもたち。
d0146933_128415.jpg


◆ゲーム◆
問題を出して,答えがわかったチームから,大きい子が小さい子をおんぶして走ります!
意外ときつい!

みんな,くたくたになりながら,走るはしる!

終ったらみんなでスナックを食べて,解散です♪

ドラマをする子どもたちの堂々とした姿が頼もしく見えてうれしい今日このごろです◎



さて,あしたからは日韓比キャンプ!
アクティビティが終った後は,キャンプの準備でてんやわんや。

どんな1週間になるのか,わくわく想像しながら,明日からに備えて寝ます☆
[PR]

by loobinc | 2009-07-25 01:17 | 英語研修&週末ボランティア
ジュースパックキャンペーン in マンドリアオ小学校
ぜんちゃんです。

マンドリアオ小学校で,ジュースパックを集めるプロジェクト進んでおります☆


カンティーン(購買)にジュースパック用のゴミ箱を設置させてもらうことができました!

はじめの1ヶ月は,キャンペーン期間。
ジュースパックを一定個数集めた子は,
えんぴつ,消しゴムなどの文房具と交換できます☆

このキャンペーンの景品もすべて,日本からのドネーション(寄付)。
ありがとうございます!


ジュースパック商品を作る材料,ジュースパックを集めること,
子どもたちに,ごみはゴミ箱に捨てる習慣をつけてもらうこと,
リサイクルの大切さを知ってもらうことが目的です。


★7月6日(月)★
フラッグセレモニーに参加しました!
日本で言う朝礼です。

朝7時半から!
フィリピンの朝は早い。
学校がはじまるのも早い。
みんな早起きです。

フラッグセレモニーの様子。


生徒2000人のマンモス校マンドリアオ小学校です。
写真の屋根の下に,子どもたちがぎゅーぎゅーに並んでいます。
d0146933_13583843.jpg


ジュースパックを回収するゴミ箱を置かせてもらう
カンティーン(購買)を見に行くと,
カラフナン(ごみ山)の子どもたちが来てくれました!

ピシッとした制服を着ていると,
みんな,なんだかいつもとちがった雰囲気。

アクティビティに参加してくれる,マリとミコ。
写真が大好きで人なつっこいクリス。
d0146933_13595428.jpg



★7月14日(火)★

マンドリアオ小学校にある,エコセイバーズクラブのみんなに,一緒にジュースパック集めよう!と,お願いしてきました。

エコセイバーズクラブの子どもたちは,
エコポリスになって,校内の美化につとめます。

ごみをポイ捨てしている子を見たら,エコポリスが名前をブラックリストに書いて,警告。
2回目見つかったら,『教室15分ごみ拾いの刑』に処されるそうです。

おもしろい!

担当の先生は,3回目は罰金だよ,と言ってました。

厳しい!w

「エコポリスのみんな,ジュースパック集めるの助けてね~!」

と,宣伝をする私たち。
d0146933_1405497.jpg


ジュースパックキャンペーンのポスター。
d0146933_141264.jpg




★7月20日(月)★

今朝!
フラッグセレモニーで,全校生徒に
キャンペーンの宣伝をすることができました!


2000人の子どもたち!
おーーー!
顔がいっぱい!

ちょっと緊張,
でもめっちゃうきうきします!


はっぴを着て,チョコレートディスコを踊って,キャンペーンの宣伝♪


子どもたちみんな,
「Hello~♪」と手をふってくれます。
手をふりかえすと,キャーキャー言う子どもたち。

かわいい♪

人生初のアイドル気分でした。
d0146933_142025.jpg




みんなの頭に残ったかなぁ♪

たくさん集まったらいいなぁ。
子どもたちがごみのこと考えるきっかけになったらいいなぁ。

あ~楽しかった♪


ずーっとやりたかった,マンドリアオ小学校でのアクティビティ。

動き出してうれしい!!
[PR]

by loobinc | 2009-07-20 14:02 | フェアトレード&ライブリフッド
7月18日 カラフナン週末アクティビティ
こんにちは。じょえです。
カラフナンでの家庭訪問の後、週末アクティビティを行いました。

今回は新しいフィリピン人ボランティア、ポールと
イロイロ市の語学学校に通っていてワンディツアーで来てくれたコバとヒラ,
そして英語研修&週末ボランティアに参加中のトムの
4人のニューカマーとのアクティビティ。

連日の雨のためいつもと場所を変え、
カラフナンダンプサイトの中でスタートです。

最初におなじみのフルーツソングでニューカマーの皆が自己紹介。
少し恥ずかしがりながらの自己紹介やったため、
むしろキッズがニューカマーの皆をリード。笑

その後にアイスブレーカーゲーム。
ペアを作った後向かい合い、アント(あり)とアップルに分けます。
ゲームマスターが「アント」と言ったら
アントがアップルの子の手をはさみ、
アップルは挟まれないように逃げるというゲーム。

単純なゲームだけど、皆大声で
「あ~!」ってはしゃぎながらプレイ☆
ボランティアも子どもと真剣に戦っていました。笑

次にストーリー紹介。
今回は「Giving tree」という話。
d0146933_17593992.jpg

この話私は知らなかったのですが、(有名らしい・・・)
えるとぜんちゃんの提案により実現。
素晴らしい完成度の絵と、
表現力豊かなボランティア達のアフレコで読み聞かせます。

途中でダンプカーや大型機械の音により、
聞こえなくなるというハプニングもありましたが,
皆ちゃんと集中して聞いていました。
d0146933_1801422.jpg


その後にゲーム。
d0146933_1811543.jpg

ストーリーに関連した質問をし、答える前に
グループの中のペアで風船をおなかで挟みながら走り
一番に帰って来たグループが答えられるというゲーム。

子ども達がめちゃめちゃ真剣に走る姿がかわいかった~☆
でもクイズがメインなのに
走ることに全力投球して答えられないグループ続出。苦笑
やっぱりカラフナンキッズは走ることが大好きやと実感。

次に2個目のゲーム。
グループの中で回答ペアを選び
そのペアに見せないように動物などが書いてあるカードを他の子に見せます。
ペアはいくつかの質問をしながらそのカードが何か当てるゲームです。

皆めっちゃ白熱しているので
まだそのペアが質問していないのに
「白!」「大きい」など先にヒントを言うというフライング。笑
答えが分からないことに焦りを感じたのか
つい答えを見ちゃう子。
全然分かりそうになくて、こっちから
「パスする?」って聞いても、
「イヤ!」っていう子。
「どんな動きする?」っていう質問に
どう見てもゾウとは思えないジェスチャーをする子。笑

頑張る姿に影響され
私たちも本当に楽しめました。
そしてマスフィーディング。
d0146933_1821083.jpg

d0146933_1823841.jpg

最後にカラフナ~ンと言い、写真撮影。
d0146933_183869.jpg

最後にビジターの方から、子ども達もだけど、
それよりもボランティアの皆さんの輝いていた笑顔が印象的やった、と言われました。
子ども達を楽しませるには、まず自分が楽しむ。
これはボラスタ先輩のタカからの言葉で、
私も大切にしていたことやけど、
達成しているということでしょうか、きっとそうなんでしょう。笑

さぁ来週はナムコンでの最後のアクティビティ。
思いっきり楽しませます、楽しみます!!
[PR]

by loobinc | 2009-07-19 17:56 | 英語研修&週末ボランティア