NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世界一大きな授業@Nomocon!!
どーもー!
フィリピンに滞在して早10日、肌の色がフィリピン人と同じになり、
現地の言葉で話しかけられるようになった”しゅうへい”です!
まだ、正式なボランティアスタッフではないのですが、
見習い兼カメラマンとしてブログを書かせていただいています。笑
どうぞ、お見知りおきを...

ではでは、本題のブログの内容へ!
今回のブログの内容は、”世界一大きな授業 2014”について!
今回で2回目の参加となったこのアクティビティ。今年は、Namoconで行いました。
名前からして何かすごそうですよね。笑
この”世界一大きな授業 2014”というのはJNNE(教育協力NGOネットワーク)さんが
主催で提供してくださる教材を使い、同じ時期に学び、考える一大イベントです!
2008年には800万人が参加してギネスに登録されたり、
日本でも2013年に684校/グループ、5万9116人が参加しているのです。
規模が大きいですよね!今年も100カ国で実施するとか!
そして、私達はただ使うだけではなく、もちろんフィリピンバージョンにアレンジして、
フィリピーノチルドレンに合わせて作り直し、実施しましたー!
しかも、しかも、今回は今までLOOBの活動に関わりのない子どもにも是非是非参加してもらおうと、
2日前に宣伝しに一軒一軒お家をまわりましたー
それだけ、気合入っていましたからね!笑

その結果は...
新しく参加してくれた子も含め、全員で17人の子どもが参加してくれましたー!!
今回は、ナムコンのお母さん方も来て下さり、お母さん・小さい子どもたちも合わせると、総勢30人以上が参加してくれました!!!
これからも来てくれると嬉しいなー笑

というわけで、内容をちらほらとご紹介!
最初にアイスブレイクをして心と身体をほぐします!!
これは”世界一大きな授業”にはない、LOOBらしさですかね。
今回はみんなでスタッフの踊りの真似をして楽しみましたー!
d0146933_2142390.jpg

みんな良い笑顔してるなー笑

次からはクイズをしながら世界、フィリピンの教育事情を知ろうという企画!
四隅にスタッフがA,B,C,Dと書かれた紙を持っていて、
正解だと思う場所に移動する4択クイズ!
例えば、世界ではどのくらいの子どもが小学校に途中で通うのをやめてしまうのか?
...正解は5人に1人。かなり多いですよね...
では、フィリピンの場合はどのくらいだと思いますか?
フィリピンでも3人に1人と世界の中でもドロップアウトしてしまう生徒が多いのです...
d0146933_21484976.jpg

このように本人たちの周りで起きていることを体を動かしながら学んでもらいました!

次のパートは自分の担当でした!どーでもいいですね、はい。笑
このパートは識字、教育資金について学んでもらいました。
やはり楽しんでもらおうと体験型のアクティビティを多めにしました!
もし、みなさんが字が読めなかったらどんなことが起こると思いますか?
今回は毒、薬、栄養素とヒンディー語で書かれたボトルから、
子どもたちに実際に薬を選び、病気の母親を助けるというアクティビティをしました。
d0146933_2152372.jpg

この結果、残念ながら3グループ中2グループが母親を毒で殺してしまいました...笑
しかしながら、これによって子どもたちが字を読むことができるということの重要性に気づいてもらえたみたいです!
その後の識字についての説明や識字率の説明についてもレクチャー!!

その次に教育資金の話をしました!
実際に全世界の子どもと大人の全てが読み書きできる状態になるために必要なお金を考えてもらい、
その後、そのお金の量と世界のゲームソフト市場の大きさと世界の軍事費を比べました。
比べ方は1兆円を10cmとしてひもを使って比べました!
みなさんはそれぞれどのくらいの長さだと思いますか?笑
世界の子どもと大人が読み書きできるようになるためには5兆円が必要なのでひもの長さは50cm。
世界のゲーム市場の大きさは5兆5085億円なので55cm。
世界の軍事費は175兆円なので17m50cm!
世界中の人が読み書きできるようになるために5兆円しかかからないのに
軍事費がこれだけ大きいというのは本当に残念ですよね。
d0146933_21584232.jpg

これを知った子どもの中から少しでも行動しようと思ってくれたら嬉しい!

最後は実際に行動を起こした同年代の子どものストーリーを読むこと、
世界の子どもたちが学校に通うために大切だと思うことをダイヤモンドランキングにしてプレゼンしてもらいました!
ダイヤモンドランキングについては置いといて、先にストーリーについて!
今回読んでもらったストーリーは日本の子どもたちのストーリー。
日本の子どもは”国会議員のための世界一大きな授業”に挑戦したという話です。
つまり、子どもが先生役(プレゼンター)、国会議員が生徒役となる一風変わったものです。
これに参加した子どものコメントを引用すると
”子どもだからといって何もできないわけではない。子どもだからこそ伝えられることがあると思った”
”僕らのメッセージが国会議員に伝わり、政策に反映され、教育の支援が増え、世界中の子どもが学校に行けるようになったらいい”
などといきいきと語っていたそうです!
これを読んですぐに変わってほしいわけではなく、自分たちでも頑張れなできると思ってくれたかなー?笑
そして、具体的に考えるとしたらどんなことが必要かということでダイヤモンドランキング!
これはダイヤモンドの形をした枠に優先度の高いものから上に埋めていくというものです。
枠の中は6つはこちらで用意した選択肢、残りの3つは子どもたちに考えてもらいました!
みんな一生懸命考えてくれました...!

そして、最後にボランティアで1つのグループがプレゼン!
d0146933_2244564.jpg

このグループでは教育に関係するNGOに寄付をすることが
世界の子どもたちが学校に行けるようになる最善策という風に考えてくれました!
全ての優先順位に理由があり堂々としたプレゼンであり内容もしっかりしていて拍手喝采でした!
自分たちで考える部分においては自分たちでフィリピンの教育を支援するような組織を
作ることが必要であると考えてくれたりこれからの彼らが非常に楽しみになりました!

今回のアクティビティによって少しでも多くの子どもたちが行動をするきっかけになってくれたらなと...
切実に願うばかりです...笑
裕福な国に生まれた自分たちも世界の子どもたちが学校に通えるように小さくても
行動をしていきたいですね!

d0146933_2212407.jpg


以上で終わりまーす!長々すみませんでした!笑 しゅうへいでしたー!!
[PR]

by loobinc | 2014-05-11 23:07 | 英語研修&週末ボランティア
2014漁村ホームステイ&無人島キッズキャンプ 前半
こんにちはー!4月からボラスタをさせて頂いているYUINOです☆
まるくて白いので食べ物に例えると白玉と呼ばれます。
…なんて私のどうでもいい自己紹介はさておき(笑)
d0146933_22215723.jpg

今回は4月30日~5月4日に行われたKids campについて!
参加しなかったのを後悔しちゃうようなご報告をしたいと思います☆いぇーい!
舞台はイロイロ市から船で20分ほどのギマラス島!
燦々と降りぞぞぐ太陽、白妙の砂浜、透き通る海、見渡す限りの緑、食べだすと止まらないほっぺがとろけるような世界一甘いと有名なマンゴー…
とにかくフィリピンの魅力がいっぱいいっぱい詰まった島で開催しました^^

今回のキッズキャンプでは、”Children are the key for the balance of mother nature for the future generation. ”を目的として開催し、みんなで一丸となって声に出せるように”Let’s save mother earth through our clean & green nature drive!”というスローガンも設定してリーダー、キッズともにみんなで共有しました☆(キッズキャンプでは日本人&フィリピン人キャンパーが子供たちのリーダーとなって子供たちを引っ張っていきます^^)
そんなキッズキャンプの序盤は、フィリピン人・日本人キャンパーのチームビルディンから始まります…☆

1日目(April 30)
日本人キャンパー、フィリピン人キャンパー初対面の日!
この日はgetting to know!!ということでイロイロでアクティビティをしました^^
LOOB share house でオリエンテーションをした後、アイスブレイカ―から始まり、ゲームを通してお互いのことを知ることができました!なんと手の長さや、足の大きさまでも。笑

午後にはamazing tourという名のイロイロ市観光☆
グループごとにキーワードを手掛かりに場所を把握し目的地に向かうツアーなので、みんなの協力的に取り組み、且つ楽しんでいる姿勢がとっても印象的でした\(゜ロ\)(/ロ゜)/出会って一日も経っていないのに、フィリピン人日本人キャンパー問わず、とっても仲良しになっていましたネ^^
d0146933_21431642.jpg

2日目(May 1)
いよいよKids campの舞台、ギマラス島へ★
今の期間のギマラスではなんとマンゴーフェスティバル(^0_0^)
d0146933_2274061.jpg

このチャンスを逃してはならない!ということで旅路の途中、みんなで美味しいマンゴーシェイクに舌鼓!(^^)!やっぱりギマラスマンゴーはサイコ―!!

そんなこんなの船とジープニーの長旅を経て、二日間ホームステイでお世話になるタラバハンに到着!Village tourをし、この日はチームビルディングをメインにしたアクティビティをしました^^バナナの木やパイナップルの木、カシューナッツの木など日本人リーダーにとっては目新しい光景がいっぱいでとっても目が輝いてました!笑
d0146933_22231095.jpg

アクティビティタイムでは、ペンに6本のひもを括り付けて、そのひもを6人でうまくバランスを取りながら船の絵を描き、うまさを競うstring pen game。チームごとに円になって手のひらを使わず腕だけを使いボールをどれだけ多く回すことができるかを競うpassing ballなどなどチームビルディングのためのゲームをしました!
夜は日本人2人、フィリピン人1人の組み合わせでお待ちかねのホームステイ*
d0146933_21155442.jpg

各々で素敵な夜をホームステイファミリーと過ごせたと思います)^o^(

3日目(May 2)
この日は一日を通してチームビルディングに向けたアクティビティの日!
そしてついに明日、子供たちを迎える日!ということで暑さと闘いながらも、皆さんはりきってアクティビティを楽しんでくれました★
Blind tourといって目を隠す人・声が出せない人を交互に配列して列を作り、その状態で道を歩き、そのハンディキャップをどうお互いに補い、うまくコミュニケーションを取り合い安全に前に進んでいくかを考えさせられるアクティビティをしたり、
d0146933_2294845.jpg

個人的に印象的だったのがLife lineというアクティビティ。生まれてから今までを折れ線グラフで表して、ポイントごとに何故このときは幸せに感じていたのか、または落ち込んでいたのかを発表しました。このアクティビティを通してお互いを背景から知ることができ、信頼感というのもより強く感じることができました!
アクティビティを重ねるごとにリーダー間での結束力が高くなっていくのを肌で感じました★★
[PR]

by loobinc | 2014-05-06 21:17 | ワークキャンプ&ツアー
2014漁村ホームステイ&無人島キッズキャンプ 後半
4日目(May 3)
ついにKidsがタラバハンへ到着ヽ(^o^)丿
リーダーたちのCheer leadingでお出迎えし、船に乗ってキャンプをする離島へ移動!

チームごとに海岸に落ちているゴミを拾い分別し、
ランチはチームごとに与えられた食材でご飯を作りました!
d0146933_22461683.jpg

アクティビティではロールプレイをおこないました★テーマは環境問題について。ごみの問題や森林伐採などの環境問題のトピックをチームごとに割り当てその問題をどうやって解決していくかまでチームで協力し演じてくれました!
d0146933_2232155.jpg

少し難しいかなぁと懸念もあったのですが、さすがエネルギッシュなkidsとしっかりしたリーダーのみんな!とっても上手にこなしてくれました*

さてさてさて、そのあとはkidsたち一番のお待ちかね…
Swimming time☆☆☆☆
d0146933_22335687.jpg

Kidsたちの顔が本当にキラキラして眩しかったし、リーダーも同じようにキラキラして一緒に楽しんでいました^^

そしてそして、キャンプの夜と言えば、キャンプファイヤ――――――!!うおーー!!
皆で火を囲み、様々なゲームをしました!!
日本人リーダーがトーチを持ち、キャンプファイヤーに点火した後は、いよいよゲームの始まりです!
初めのゲームは、われらがVANVAN!!体を張って、VANVANが掛け声とともにポーズをし、みんなで真似するゲームをしました!!みんなのテンションも最高潮に!!

みんなで歌を歌った後に、ウガブガ!!!
ウガブガというゲームは、ウガブガという自然の番人が、自然を汚したり、破壊したりする人間に対し、罰を与えるというアクティビティーでした!!
リーダーの中から、罰を受ける人を選び、その人は目隠しをされ、いざウガブガの前に!!(今回のウガブガ役はLemuelでした?☆)
d0146933_22354684.jpg

ウガブガの怒りの声とともに、目隠しをされたまま顔に炭を塗られ、見てる子供たちはテンション最高潮に!!最後は、ウッガブッッゥガ!!!とみんなで合唱しました!!

そして、興奮冷めやらないまま、この日は終了しました!!

5日目(May 4)
10回してきたkids campなんですが、今回初めてマングローブ植林をしました!!!!
キッズにとっても初めての経験となった、このマングローブ植林!!!
d0146933_22335687.jpg

干潮の時を見計らい、早朝から開始!!
Lemuel と Johnさんの指示に従い、みんなで協力し合計1000本のマングローブを植林することが出来ました!!
植林後は浅瀬でFilling waterというゲーム!!!
このゲームは本当に大盛り上がり!
d0146933_2237639.jpg

とうとうキャンプも終盤。。
クロージンタイムでは何人かのキッズとリーダーがみんなの前でキャンプの感想を共有し、その後は各チームに分かれて最後のお別れのことば、感謝の言葉を交わしました。

イロイロに到着後、フィリピン人・日本人リーダーはLOOB share houseでparty night!
なんとなんと、この日はLOOBボラスタのぶちゃんのバースデイヽ(^o^)丿
祝わずして終わるキャンプはない!!!!ということでみんなでお祝いしました^^
d0146933_22404487.jpg

いっぱい体を使ったあとの美味しいご飯やビール、ジュースやケーキはもう格別!
お話も弾んでいたのは言うまでもありませんね☆


【参加者の生の声―実際に参加してどうでしたか?−】
・ポイ捨てが当たり前のフィリピンで自然保護とか言ってもまだ早くない?って思っていました。環境保護とか考えにある気がしてなかったので。でもギマラスの自然を体験してこれは守りたい、ここで子供たちが育つってめっちゃいいなぁって思いました。自然には無関心だったのですが、本当にこれをきっかけに自然に対して考えが変わりそうです。また子供の一人がこのキャンプで前回良い経験をしたからまた来たと言っていました。そういう経験に関われたなら私にとっては本当に喜ばしいことです。

・フィリピン人のホスピタリティに涙がでてくる。

・LOOBプログラムを参加して、初めて日本の暮らしはすごく贅沢な事だと思いました。
でも物の豊かさが重要ではなくて心の豊かさが最も大切だと気付かせてくれました。環境のせいとか人のせいとかじゃなくてありのままをすべて受け止め、考えをプラスに変えることでハッピーな気持ちになれると学びました。


最後に、このキャンプがキッズはもちろんのこと、参加したすべての人にとって、多くのことを学ぶことができ、環境問題に対してプラスに働きかけるきっかけになればいいなぁと。なによりも最高の思い出になってくれていたら嬉しいです!!!
SALAMAT!!
[PR]

by loobinc | 2014-05-06 20:55 | ワークキャンプ&ツアー