NGO LOOBの活動をフィリピン現地スタッフがお届けします!
by loobinc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ&募集!
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

SHU5/5 「LOOBスタッフを経験して今後に繋げていきたいこと」

こんにちは!SHUSUKEです!!いよいよ2週間後に帰国となりました!


まず、振り返ってみて率直に言えることは、loobボランティアスタッフとしてフィリピンに来て、あっという間の3ヶ月間でした!!ワークキャンプや日々の活動が非常に充実していたからこそ、そう感じるのかなと思います。ようやく活動面で慣れ始めたところでもあったのでフィリピンを離れるのがすごく寂しいです(泣)

さて、いよいよ今日は最終回となったので、私がLOOBスタッフとして経験して学んだことから今後に生かして繋げていきたいことをお話したいと思います。


私がloobスタッフとして学んだことは、失敗を恐れず積極的にチェレンジしてみることです。私の経験上特に、自分が苦手だなと思っていることに対してチャレンジすることが重要だと思いました。私の場合、物を作ったり手先を使う作業が嫌いですごく苦手意識がありました。第2回のブログでも紹介しましたloobの活動の1つであるチャイルドマインディングという活動は覚えているでしょうか?各曜日ごとにプログラムが分かれていて、その1つのカリキュラムの中に簡単な工作を通じて物を作る楽しさを伝える教育サポートを行っています。私は、そこから子供に興味を持ってもらえる内容を考え、それを子供たちに伝える楽しさを学ぶことが出来ました。苦手意識という先入観を捨てること!!loobスタッフとしてこのような貴重な経験をさせてもらったことに感謝すると共に1人でも多くの人にloobの活動に参加して欲しいと思っています。

16683442_10206219363563369_1109248197_n


さて、3ヶ月間スタッフとして活動を終えた今、私はloobで培った経験をまずは、日本の子供たちに伝えていきたいと思っています。食の大切さや教育の現状など日本と異なった世界を知ってもらい、日頃から感謝の気持ちを忘れないよう1日1日大切に過ごして欲しいということを多くの子供たちに発信していこうと思います。

また個人的には、この経験を別の国で活かしていきたいと考えています。具体的にはっきりとまだ自分の将来の方向性は見つかっていないですが、海外でこの経験を活かせる仕事を見つけまた新たにチャレンジしていこうと思っています。

1489998890682

今日でブログを書くのも最後になります。読んで頂いて本当にありがとうございました。

私のブログを読んで少しでも1歩踏み出せるきっかけとなれば幸いです。

最後になりましたが、loobの活動は、あなたにとってプラスなことしかありません!!

是非チャレンジしてみてください!!

1489999416408


[PR]

by loobinc | 2017-03-28 11:42 | 現地スタッフ活動記
メリーキャンプ7th

こんにちは!

今回はISAPに続いて行われた、MERRY CAMPについて紹介したいと思います045.gif045.gif

MERRYさんは大阪教育大学の団体で、LOOBにとってMERRYさんとワークキャンプを行うのは今回で7回目です。キャンプを行った場所はNamocon(ナモコン)といって、イロイロから2030分にあり、ビーチがとても近く穏やかな場所です058.gif058.gif

去年、このキャンプに参加してくれた4人は、今回はキャンパーではなくスタッフ072.gifとして参加していただき、他のキャンパーをリードしてくれました。

MERRY CAMPでの約2週間、いろいろなことを経験しましたが、今回はアクティビティワークホームステイをピックアップして書きたいと思います

アクティビティ編

・ウェルカムパーティー

まずはフィリピン人キャンパーと日本人キャンパーの仲を深める!

ということでウェルカムアクティビティーチームビルディングを行いました。

d0146933_20295339.jpg


たくさんのゲームを通してお互いを知ることができ、初日からいいスタートを切ることができました!!072.gif072.gif

d0146933_21213737.jpg

・ダンプサイトツアー(ゴミ山訪問)

この日はイロイロにあるゴミ山(イロイロ市の90%のゴミが運ばれてくる)を訪れました。

d0146933_22054616.jpg

ゴミ山の近くに住む家族に質問する時間では、実際に見て、話を聞くことによってその現状を間近に感じることができました。

日本にいては絶対にできない貴重な経験ですね。


d0146933_22074755.jpg



・ペーパービーズ体験

LOOBの生計支援のプロジェクトの一つでもある、ペーパービーズ製品作りを実際に経験してみよう!ということで、実際にペーパービーズ製品を作っている家族に教わりながら、作ってみました!!


d0146933_22100363.jpg

・週末アクティビティ

週末アクティビティではナモコンの子どもたちと一緒に思いっきり遊んで楽しみました。だるまさんが転んだ、サバイバルゲーム(水鉄砲を使ったゲーム)、けん玉作りと盛りだくさん!!子どもたちも大盛り上がりでした。日本人キャンパー、フィリピン人キャンパーみんなで協力して作り上げた結果ですね!!019.gif019.gif

d0146933_22122152.jpg

d0146933_22163482.jpg

・スクールアクティビティ

今回は、小学校高校大学特別支援でアクティビティを行いました。


<小学校>

小学校では2回アクティビティを行いました。

~ソーラン節~

日本の伝統の踊りである、ソーラン節をフィリピンの小学生(4,5年生)に教えました。

d0146933_22175000.jpg

その後、グループに分かれ練習し、最後にはグループごとに発表する時間もあり、みんなで楽しむことができました!!
大成功!!


d0146933_22191356.jpg

~スポーツアクティビティ~

スポーツを通して日本の文化を知ってもらいたいということで、大縄大会と二人三脚リレーを行いました。

d0146933_22222929.jpg
d0146933_22210995.jpg

<高校>

高校生に習字を教えました。自分の名前をひらがなで書いたり、実際に漢字に挑戦してみたり・・・

d0146933_22202828.jpg
最後には作品の一部をキャンパー達がお土産としてもらい、そのお返しに墨や筆を高校生にプレゼント!!貴重な宝物ですね060.gif060.gif
d0146933_22283122.jpg
d0146933_22274786.jpg



<大学>

教育学を専攻にとっている大学生(18歳から19歳)との交流でした。実際に班に分かれ、フィリピンの家庭料理、フィリピンのおすすめの場所、フィリピンの魅力、フィリピンの文化と習慣、そしてフィリピンでよりよい街作りをするには、、、というテーマに分かれて手書きでパンフレットを作ってもらいました。

d0146933_22301872.jpg

d0146933_22310645.jpg
d0146933_22314879.jpg
最後には班ごとにパンフレットを紹介してもらい、フィリピンについて深く知るいい経験になりました。日本人にとっては知らないことも多く、またフィリピン人大学生の英語の堪能さ・知性の高さに驚かされました。
お互いに年が近く専攻が教育学(同じ)ということもあるのか、キャンパーと大学生がすごく仲良くなる053.gifことができ、国境を超えた友情っていいなあと改めて思いました012.gif012.gif

d0146933_22325723.jpg
<特別支援>

特別支援学校では知能に障がいをもった子どもたちと交流しました。

二つのグループに分かれ、習字や折り紙を教えました。

d0146933_22494125.jpg
d0146933_22560352.jpg

メリーキャンプのメインの一つでもあるスクールアクティビティ!!
さすがみなさん教育学部ということもありフィリピンの子どもたちと行うアクティビティは他のアクティビティと比べ、熱量が違ってみえました!019.gif056.gif

d0146933_23154148.jpg
ワーク編

今回のワークではナモコン小学校の生徒が、雨天時にジプニー(公共交通機関の一つ)を待つ際、門の前に屋根がないため濡れてしまう!ということで門の前に屋根を作りました。

d0146933_23223014.jpg
d0146933_23453496.jpg

d0146933_23385339.jpg



d0146933_23434381.jpg

穴を掘り、セメントを流し、柱を作り、屋根を完成させました。

みんなで協力して作り上げた結果がこちら!!

d0146933_23492970.jpg


ワーク作業を通し、結束力が生まれ、大きな達成感を得ることができました!!066.gif066.gif

d0146933_10513992.jpg
ホームステイ編

・フレンドシップナイト

ワークキャンプ最終日の夜は、ホームステイの家族に感謝の気持ちを伝えるため、フレンドシップナイトというものをやりました。フィリピンの祭り行事には恒例のレチョン(豚の丸焼き)やフィリピン料理、日本料理などおいしい料理を楽しみました!011.gif011.gif

d0146933_11065710.jpg



また、それぞれのホームステイした家庭からのダンスや歌などの出し物やキャンパーやスタッフ、子ども達も参加したおかまコンテスト(クオリティの高さに驚きます)など、最高の思い出に残るものがたくさんありました。

d0146933_11095087.jpg
d0146933_11125295.jpg
d0146933_11323937.jpg


キャンパーは豚をおとすという、日本ではできないようなことも体験することができました。
命をいただく事について改めて考えさせられた日でした。

d0146933_10583206.jpg

・ホームステイの家族とのお別れ会

9日間お世話になった家族との最後の時間でした。自分の家族のように暖かく接してくれた家族とも今日でお別れです。

感謝の気持ちを込めて手紙をよんだり写真をとったり、、、、

みんなの涙がいかに素敵なホームステイの9日間だったかを物語っていますね。



d0146933_11425513.jpg
d0146933_11470489.jpg

最後に、個人的に思うことは、このメリーキャンプで得られたものは決して1つも無駄にならないということ!058.gif058.gif

どんなにささいな経験でもみんなの今後の人生に絶対につながっているはず!!072.gif

このフィリピンでの経験が、みんなの人生になにかいい影響を与えられるはず!!072.gif072.gif

わたしはそう信じています!053.gif

みなさんおつかれさまでした。

d0146933_11275476.jpg


[PR]

by loobinc | 2017-03-23 11:55 | ワークキャンプ&ツアー
SHU 4/5 「私に影響を与えた人物」

こんにちは!SHUSHUKEです!!4回のブログを読んで頂いてありがとうございます!さて今日は、予告通り私に影響を与えた人についてお話したいと思います。loobスタッフは、1人1人個性に溢れ自分にないものを持っていて、彼らから多くのプラスな影響を受けています!その中でも特に、私が1番影響を受けた人は、女性フィリピン人スタッフのAdenです!少し彼女についてのプロフィールを紹介しますと、彼女は現在22歳で、かつてloobキッズとして支援を受けていました。2014年1月にloobのボランティアに参加して今はスタッフとして活動をしています。

17361323_1369765549729377_189293970_n

彼女は、陽気で優しくとても面倒見が良く、お手本となる存在です。来た当初、仕事や生活面などで右も左も分からない私に対して彼女は、「恥ずかしがらないで!分からないことがあったら何度でも私に聞いて」と笑顔で言ってくれました。その一言に救われ、コミュニケーションで困ることは少なかったように思います。

また、自分が困っているときは、必ず「大丈夫?」と声を掛けてくれて相談に乗ってくれました。周りが見えているからこそ出来ることで、本当に彼女の人間性は素晴らしいと感じています。普段の彼女の仕事に対する姿勢や人に対する接し方は、見習うべきところが多いので残り1ヶ月多くのことを吸収したいと思っています。

DSC_0422

2ヶ月共に活動をしてきて、彼女が1番私に影響を与えた言葉があります。それは、「ネガティブな言葉を使うのではなくポジティブな言葉を使うように気をつけること!!」

例えば、話し合いなどでうまく理解が出来ず再度聞き直して確認しないといけない場面がありました。私は、申し訳ないという気持ちから、迷惑をかけてごめんねと彼女からしたらネガティブな言葉をよく使っていました。しかし、受け手にとっては教えてくれてありがとうとポジティブな感謝の気持ちを言ってくれた方が嬉しいと私に教えてくれました。

そのおかげで、考え方も大きく変わり自分の成長を実感しているところです!!

今日のブログを読んで、Adenに会ってみたいと思いませんか??

彼女だけでなくみんながあなたの参加を待っています!!

1489740512210.jpg


最終回は、loobスタッフを経験して今後に繋げていきたいことについてお話します。

お見逃しなく!!



[PR]

by loobinc | 2017-03-20 11:49 | 現地スタッフ活動記
SHU 3/5 「自分の変化について」

こんにちは!!SHUSUKEです!3月中旬に入り帰国まで残り1ヶ月となりました。フィリピンに来て1ヶ月半が過ぎちょうど中間点に当たるので今日は、自分自身の変化についてお話したいと思います。

まず自分自身が変わったなと思うところは2つあります。1つ目は、自信を持って発言できるようになったことです。フィリピンに来る前は、過去の様々な経験から自分に自信が持てず、特に人前で話をしたりすることがすごく苦手でした。フィリピンに来て、loobの活動にボランティアスタッフとして参加してから苦手なことにチャレンジする機会が多くありました。

1488453299229

私が初めてスタッフとして担当したESAPでは、アクティビティの内容を考えたり参加者の方の前でレクチャーをしたりと多岐に渡って仕事がありました。初めてやることもありとても不安でしたが、自分が不安に思っているとそれが参加者にも伝わってしまうと思い、前もって出来る準備は早めに取組みました。また、いきなり100%全部の仕事をしようと思うのではなく、自分が出来る事を見つけそれを1つずつ成し遂げることで少しずつ自信がつき堂々と発言が出来るようになりました。

1488424036177

2つ目は、問題解決に向けて柔軟に対応する力を身に付けることが出来たことです。

私は、loobのボランティアスタッフに参加すると決める前から、英語を勉強し英会話も半年程取り組んでいました。日本で勉強したことで少しは英語を聞き取れ、話せると思っていましたが、実際現地に来てみると全然通用しないことに少し絶望感を受けました。(笑)

日々のミーティングやコミュニケーションは英語が共通語になるので来た当初は半分以下の理解しか出来ませんでした。当初はコミュニケーションをとる事にとても苦労し会話をすることが辛いなと思う時もありました。そこで私は、理解出来なかったところは必ず理解出来るまでフィリピン人スタッフに聞くように努めました。また、英語で日記を書く習慣をつけて添削をしてもらったりすることで語彙力や文法の向上にも繋げることが出来ました。中間点を過ぎた今、来た当初よりは、英語力が伸びたと実感しています。そして私は、困難にぶつかった時、自分で考えて切り開く力が大切だということを学びました。

1489658415891

自らの実体験から感じたことは、loobの活動は自分を大きく変えるチャンスの場でもあるということです!!

1488423798124

3回の記事を読んだそこのあなた!今度はあなたが自分を大きく変える番ですよ!!

次回は、私に影響を与えた人についてお話したいと思います!お楽しみに!!



[PR]

by loobinc | 2017-03-16 11:55 | 現地スタッフ活動記
[2017 ISAPワークキャンプ]

2017年、一発目のワークキャンプはISAPのワークキャンプでした。
ISAPISAという日本の学生団体のプログラムの一つでLOOBにとっては今回で7回目ISAPワークキャンプになります。

d0146933_20411089.jpg


今回のキャンプ地はナバイスという地域で、主な産業が農業と魚の養殖などで生計を立てている方が多く、
ひらけた地形などで風がずっと吹いていて涼しく過ごしやすい地域でした。

お陰でキャンパーもスタッフもワークキャンプの期間を快適に過ごせました。

今回の主なワークキャンプの内容は….

・週末英語アクティビティ

・スクールアクティビティ

・教室のかさ上げのワーク

でした!


まずは週末英語アクティビティから!

テーマはMUSIC&DANCE

という事でメインテーマやアイスブレーク、ゲームなどそれぞれのパートを分担して
フィリピン人ボランティアと一緒になって試行錯誤しながら準備をしていました。

d0146933_20510888.jpgd0146933_20492892.jpg
























みんなで一生懸命ダンスを練習したり、細かいところまで念入りに相談したりと
合間を縫って準備に励んでいました。

本番ではアイスブレークもゲームもうまく進み、テーマがダンスということもあって、
何か複雑な説明などはそれほど多くなく、子ども達の反応も良く、スムーズに進められていました049.gif

d0146933_22594899.jpg

d0146933_23020278.jpg






d0146933_23034321.jpg

d0146933_23063178.jpg















d0146933_23085149.jpg



































スクールアクティビティ

スクールアクティビティでは
3
日間に渡って、
8つのトピックのアクティビティを行いました。

1つはエニアグラムといって個人の特性を9つに分けて自己分析ができる方法を使い、
小学生向けに彼ら自身の職業の選択肢を広げ、
彼ら自身の可能性に気付いてほしいという想いから、行いました。

今まで、“将来何になりたい”という質問は様々なアクティビティで行ってきましたが、
先生とか船員などお給料が高い順で選ばれる職がほとんどでしたが、
そのアクティビティを行ってから、彼らの本当にやりたいこと、
目指したいものを考え直す機会となりました


d0146933_23113577.jpg

d0146933_23130414.jpg
d0146933_23152993.jpg




2つ目は健康です。
砂糖に焦点をあて、フィリピンでよく飲まれている清涼飲料水やジュースに含まれている砂糖の量を示し、どれだけの砂糖を毎日とっていて、どのくらいが適切なのかということや、砂糖の良いところ、悪いところも含め伝え、考えてもらいました。

d0146933_23203190.jpg


残りの6つは全て日本文化のアクティビティでした


茶道

正座に挑戦したり、抹茶の飲み方の一連の流れとその意味を伝えたり、茶道に関わる格言の一期一会について教えたりもしました


d0146933_23254819.jpg

d0146933_23275974.jpg


























大繩

日本の小学校でもよく遊んでいる大繩、八の字に1人ずつとんでいくスタイルと何人かで何回とべたか競う2種類で大繩を楽しみました019.gif

d0146933_23304020.jpg
d0146933_23334601.jpg

























やはり箸は難しいようで、必死に使い方を覚えようと頑張っていました。
また、フィリピン人ボランティアやフィリピン人スタッフが箸の使い方を教えている姿は
日本人以外の人が日本文化を広めようと尽力しているような姿にも見えてなんだか嬉しくなっちゃいました。

d0146933_23365398.jpg

d0146933_23423277.jpg


























寿司

寿司では日本には様々な種類の寿司があると説明したうえで、
巻きずしを実際に食べてもらいました。
しっかり酢飯にもこだわって作った甲斐もあり、おいしそうに食べてくれました011.gif



d0146933_23530431.jpg
d0146933_23480551.jpg





相撲

相撲では学校の敷地内が工事中だったという事もあり、教室で押し相撲をしました。

まるで代表選をみているかのような盛り上がりを見せてくれました。
また、相撲クイズもあり、すき焼きとちゃんこを比べてちゃんこはどっちでしょうとか、
相撲のまわしは洗ってもいいか?など面白いクイズがたくさんあり、楽しみながら学んでいました。

d0146933_00073766.jpg


d0146933_23575234.jpg



折り紙

折り紙といったら鶴ですが、難しすぎて断念…

かぶとを作って、手裏剣の折り紙をあげました!

d0146933_00113191.jpg

d0146933_00162913.jpg
























準備期間も少ない中での準備だったこともあり、
お互いに誤解があったり、うまく伝わらなかったりと
中々思うようにいかない場面はたくさんありましたが、
最終的にはお互いが納得いく形を作り出せました。

それぞれの位置づけを理解し
試行錯誤して良いものを作ろうとするプロセスは
日本人キャンパーやフィリピン人ボランティアだけでなく、
スタッフにとっても良い経験となりました!!






ワーク

今回のメインになったワークは

台風の時などの大雨が続いたりする時などに浸水することが多いことから、
水の侵入を防ぐために教室のかさ上げが必要ということで、
今回はその教室にセメントを混ぜて流し込み、教室のかさ上げをしました。


d0146933_00580288.jpg

d0146933_01004305.jpgd0146933_01032019.jpgd0146933_01051000.jpg













































みんなで協力しながら土を運んだり、セメントを自分たちで作ったりと体力が奪われるワークが中心でしたが、
弱音も吐かずにいつも笑顔で積極的に動いてくれたおかげで無事に完成することができました066.gif


d0146933_01072045.jpg
おつかれさま。




フレンドシップナイト

それぞれのホームステイ先の家族と一緒にダンスのプレゼンテーション。
そして男子スタッフがばっちりメイクアップして、
色気たっぷりなダンスを披露してくれました010.gif

予想通りの大盛り上がり!!


d0146933_00234418.jpg

d0146933_00260541.jpg
d0146933_00280035.jpg


ディナーは日本人キャンパーとフィリピン人ボランティアが協力して作りました。

日本料理にはハヤシライス焼きそばが並びました。


d0146933_00365982.jpg
フィリピン料理にはワークキャンプの時には恒例なLechon(豚の丸焼き)をはじめ様々な料理が並びました。 
この豚は日本人キャンパーも協力しておとしました。

彼らにとって命をいただく事の大切さを改めて考える貴重な経験となりました072.gif

d0146933_15253641.jpg



d0146933_00391214.jpg




また、このワークキャンプ期間中にはバースデーサプライズ3つもありました!

そのうちの1つは暗い中で、何本かのろうそくの光だけで誕生日の人と代わる代わる踊って
最後に一人ひとりから花を渡すというロマンチックな誕生日を迎えました012.gif

d0146933_00413276.jpg

d0146933_00433928.jpg
d0146933_00450835.jpg
でっかいチョコレートケーキ..!!
d0146933_00462966.jpg















ホストファミリーと過ごす最後の時間は号泣しながら、話していたり手紙を読んで渡したりと、
最後の時間を大切にしながら過ごしていました007.gif

d0146933_00481715.jpg

d0146933_00502923.jpg
d0146933_00523020.jpg


ホームステイをしなかったISAPのリーダーさえも泣きながら最後のお礼の言葉を言っていました
d0146933_00561751.jpg

プログラムの最後にはギマラス島での観光!

1日中泳いだり、たくさん写真をとったり、
おいしいものを食べたりして最高の思い出を作りました058.gif

d0146933_01132020.jpg

d0146933_01110098.jpg
d0146933_01151351.jpg




2017年一発目のワークキャンプは日本人キャンパーもフィリピン人ボランティアも、
もちろんスタッフも満足のいくものになり、いいスタートをきることができました。

彼らがイロイロを離れるまえにもう既に自主的に次のISAPワークキャンプの予定を決めていました。

それは少なくとも今回のワークキャンプが次も参加したいと思えるほどのものになったという事です。

みなさんもワークキャンプで
1つ上の自分になってみませんか?

みなさんの参加を
心よりお待ちしています!



[PR]

by loobinc | 2017-03-11 01:39 | ワークキャンプ&ツアー